• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

肌とホルモンの相互関係。生理後に肌が綺麗になるのはなぜ?

Date:2012.04.10

多くの女性にとって、生理はとても憂鬱なものかと思います。でも、女性である限り生理は決して避けて通れません。それだったら、生理をうまく利用して綺麗になりませんか?

まずは、生理周期には4つの周期があることを知りましょう!

ますは、生理について正しく学ぶことが必要です。生理周期には約1週間ずつ4つの周期があることを知りましょう。

このように周期的に変化するのは卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲスチロン)という女性ホルモンの分泌のバランスが変化するからです。

生理周期の4種類

  1. 生理が始まってから1週間は「リセット期」です。下腹部に違和感を覚えたり、何となく憂鬱になったり、イライラしたりするあの時期です。気分はパッしませんが、新しい身体を得るためだと思い、前向きに受け入れましょう。
  2. 生理が終わったあとの1週間が「アクティブ期」です。文字通り、身体も気分も晴々しく行動的になる時です。
  3. その後、排卵を迎え、「リラックス期」に入ります。身体も気分もリラックスしていて落ち着いているときです。
  4. そして最後に訪れるのが「デリケート期」です。この時期は、身体も気分の面でも要注意です。肌トラブルや精神のイライラはこの時期をピークにやってきます。落ち着いて対処しましょう。

リセット期とデリケート期のスキンケアは要注意!

リセット期とデリケート期は、脂分や水分のバランスが不安定になり、ナイーブな肌の状態が続きます。だからと言って焦ってはいけません。

デリケートな肌に通常以外のスキンケアは禁物です。余計に肌に負担をかけてしまうことになります。

アクティブ期こそ特別リッチスキンケアを!!

アクティブ期は肌の調子が良い時期です。このときに油断しないで、迷わずいつもとは違う特別リッチスキンケアを行ってみましょう。肌が元気ということは、いつもと違うスキンケアに肌が耐えられるということです。

生理後約10日間が勝負です。この時期に美白やアンチエイジングなどのいつもはやらないスキンケアを試してみましょう。

また、この時期に綺麗な肌を保っておくことで、リセット期やデリケート期に少々肌トラブルが起こっても気にならない程度に食い止められます。

デートや合コン、ダイエットも生理周期から考えてみましょう!

肌だけではなく、精神面も生理周期に依存します。そこで、デートや合コン、仕事の大事な約束はアクティブ期に行うとうまくいきやすいです。

アクティブ期は、肌だけではなく髪の調子も良好なので、この時期にカラーリングやパーマをかけることをオススメします。逆にデリケート期は、肌荒れやニキビのもとになる食べ物を避けるなど工夫してみて下さい。

生理は厄介なものですが、自分の身体のシグナルであり、そのシグナルに敏感になることでより美しくなることができます。これは女性の特権かもしれません。

この記事をシェアする

関連記事