• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

リケジョはモテる?モテない?今アツい理系女子の魅力を徹底解剖

Date:2017.03.28

この記事のタイトルとURLをコピーする
リケジョはモテる?モテない?今アツい理系女子の魅力を徹底解剖|女性の美学
http://josei-bigaku.jp/rikejomoteru5460/

少し前から、「リケジョ」という言葉がブームになっていますがご存知ですか?

リケジョとは、化学や物理、生物や医学、数学といった理系分野を専攻する女性のこと。白衣や眼鏡が似合う、理知的なイメージがありますね。

しかし、その知性が災いし、今まで恋愛では扱いづらいイメージを持たれていたリケジョ。化粧っ気がなく、お洒落に関心がなさそうなところも、恋愛対象になりにくい要因かもしれません。

しかし時代とともに理想の女性像が変わり、恋愛でもリケジョが脚光を浴び始めています。テレビを見ても、最近リケジョを主人公にした恋愛ドラマが増加中。

今、なぜリケジョがモテるのか、その理由を徹底解剖したいと思います。


日本のリケジョは希少?海外の理系女子との比較

文部科学省の「学校基本調査」によると、理学・工学分野の学部学生・院生の割合は平均10パーセント台。1ゼミ50人だとしたら、たった5人しかいない計算になります。

原因としては、日本ではまだ「女性は理系に向かない」という認識が根強く残るためというのも考えられますが、もともと日本の女性が進学先として文系を好むというのも挙げられるでしょう。

ちなみに、欧米での理系研究者の割合は日本の2倍以上。まだまだ諸外国に比べ、研究分野で女性が活躍する場は少ないと言えます。

ただし、数の少なさが希少性に繋がっているのも確か。大学でも職場でも目立つ存在で、ライバルが少ないことが、モテに繋がっているという意見もあります。

論理的思考で現実派!リケジョの特徴を文系女子と比較

一言に理系女子、文系女子と言っても、それぞれ個性が違うので一括りでまとめるのは難しいですが、イメージだけで言うとかなりの違いがあります。ここでは、理系女子と文系女子の一般的な印象の違いを比較してみましょう。

理系女子

思考パターン
理屈重視傾向。論理的に物を考え、感情はあまり表に出さない。理屈が通らないと納得できない頑固なところも。
性格

サバサバして男性っぽい人が多い。女性特有のマウンティングなどに興味はなく、ベタベタした関係を好まない。ちょっとマニアックなところも。

ファッション
実験の邪魔になるので、余計な装飾品はできるだけ付けず、シンプル。髪型も手入れのしやすいボブスタイルやショート、ロングならストレートを後ろで束ねている人が多く、顔も研究している時はほとんどノーメーク。
恋愛
男性に囲まれている環境が多いからか、対等の関係を好む人が多い。一目惚れなどはあまりなく、相手のことをしっかり見極めてから距離を縮めていく。
結婚
何となく進学した人が少ないため、結婚後も共働きで働き続けたい人が多い。

文系女子

思考パターン
感情優先傾向。物事を客観的に見るより、好き嫌いで判断する人も多い。言い方など微妙なニュアンスで怒ったりすることも多いので、彼氏が困惑する場合も。
性格
周囲に同性が多いので、女性同士の人間関係に敏感。理系女子と比べて人と接する機会が多いので、コミュニケーション能力が高く、異性を意識した振る舞いも上手い。理屈で考えることが苦手で、感情表現が豊か。のんびり、おっとりした人も多い。
ファッション
流行に敏感で、同性や異性の目を意識した服を好む。アクセサリーなど装飾品が好きでお洒落だが、周りから浮く服装は好まない。髪型は巻紙やパーマなどニュアンス重視。基本的に毎日しっかりメイク。
恋愛
ロマンチックなムード重視。デートも男性がリードしたり、会計も男性持ちが基本と考える傾向あり。生活の中で恋愛の割合が重きをなす人も多く、彼氏との関係の変化により、その日の気分が左右されたりする。
結婚
キャリア志向と家庭志向に分かれる。理系女子のように明確な目的意識なく進学・就職している人も多いので、結婚までの腰かけ的に仕事をする場合も。家庭志向の人は結婚や出産をきっかけに専業主婦になることも。

モテる理由は何?男性が考えるリケジョのここが好き

見た目が華やかな文系女子と違い、初対面で目を引くことはあまりありませんが、付き合っていくうちにじわじわと分かるのがリケジョの良さ。男性が考える、リケジョの魅力をまとめました。

感情的にならず、論理的に話し合える

男性は論理的に物事を考える人が多いので、女性脳の思考回路が理解できなかったりします。

女性は話を聞いてほしくて相談しているのに、男性側が解決策ばかり提示して手短に済まそうとするので喧嘩になる、というのはよく聞く話ですよね。

その点、リケジョは男性脳に近い思考回路の人が多いので、思考パターンの違いから生じるすれ違いや軋轢は少なくて済みそう。感情的になることなく、建設的に話し合えるので、男性も楽に付き合えるのです。

打ち込むものがあるので、男性への依存心が薄い

恋愛依存体質の女性と付き合うと、まめに連絡やデートをしないと怒られたり、嫉妬心に振り回されたりと、何かと疲れることも。

しかし、リケジョの多くは打ち込む仕事や研究があるので、男性や恋愛にさほど依存しません。会えば会ったで楽しく過ごせますが、過剰に相手を束縛しないのでさっぱりと付き合うことができます。

根が真面目で、一途

研究の成果というのは、一朝一夕で現れるものではありません。毎日地道な作業をこなして変化を観察し続けなければならず、成果が花開くまで数年、数十年の時間を要します。

そんな研究を続けられる理系女子は、根気強く真面目な性格であることは間違いありません。また、一つの研究に長く打ち込めることから、一途であるとも言えるでしょう。

頭が固そうなイメージもあるかもしれませんが、裏を返せば浮ついていない、地に足がついた性格だとも言えるのです。

プライベートの姿を見て、ギャップに萌える

研究室や職場では、ノーメークで眼鏡に白衣という格好のリケジョも、さすがにデートでは気合を入れます。

綺麗に化粧をして、女性らしいスカートで現れた彼女を見て、ギャップ萌えにやられる男性多し。

また、普段は論理的に話を展開し、キリリとしたイメージのあるリケジョが、ふとした時に見せるおっちょこちょいな一面は可愛いものです。いつもはしっかりしているだけに、自分だけが見られる特別な一面として、男性は余計に愛しく思うのではないでしょうか。

会話に知性が感じられる

優秀な男性は、対等のレベルで話してくれる、知的な女性を好むものです。

その点、リケジョは小さい頃から勉強をしてきて優秀な人が多いので、会話にもどことなく知性が漂います。難しい話をしてもにこにこと頷いているだけではなく、自分の考えをしっかりと述べることができるのです。

そう考えると、リケジョはただモテるだけではなく、優秀な男性を引き寄せる力があると言えそうですね。

オタクな会話をしても引かれない

一般的な女性は、男性がオタク的な趣味を持っていると引いてしまいがち。

しかしリケジョはある意味オタクなので、男性が多少オタク的な趣味を持っていても、理解を示してくれそうです。

たとえ同じ趣味で盛り上がらなくとも、わたしはわたし、あなたはあなたと彼氏の趣味を尊重してくれそうなので、付き合いやすいのです。

現代の夫婦像にフィット!? リケジョは結婚にも向いている!?

昔の時代だと、研究に打ち込んでいる女性は婚期を逃すと思われがちでしたが、最近は理想とする結婚像も変化しています。

共働きが多い現代こそ、リケジョと結婚するメリットは多いかもしれません。リケジョが結婚に向く理由をまとめました。

キャリア志向が強く、共働きに抵抗がない

リケジョは自立心が強く、追い求めたい夢もあるので、結婚・出産をしても仕事を続けたいと望む人がほとんどです。

妻に家庭を守ってほしいと望む男性とは相性がよくないかもしれませんが、最近は共働きが普通の時代。むしろ妻子を一人で養わなければならない重圧から解放され、ありがたいと思う男性の方が多いことでしょう。

堅実志向で、無駄な浪費をしない

女性は元々お金にしっかりした人が多いですが、中には自分の生活を華やかに見せたり、見栄を張りたいがために、浪費をしてしまう人もいます。

しかし、リケジョは仕事や研究など打ち込むものがあるので、身の周りを飾ることには疎くなりがち。

さらに堅実志向で、買い物なども本当に必要なものかどうかきちんと見極めるので、着実に貯蓄を増やすことができそうです。

お互いのテリトリーを尊重する

家族が仲良くすることは大切なことですが、休みのたびにどこかに連れて行ってと要求されると、旦那様も負担になってしまいそう。

その点、リケジョは自分の世界を持っている人が多いので、一人の時間も大切にします。コミュニケーションも大切ですが、互いに一人になれる時間も少しは持った方が、関係が長続きすることでしょう。

こんなところが厄介!? リケジョと付き合うデメリット

もちろん、リケジョもいいところばかりではありません。付き合っていると、色々厄介な部分も見えてきます。以下にデメリットと思われることをまとめました。

頭が切れすぎて、彼氏を論理的に言い負かしてしまう

リケジョは頭がよく、論理的思考を好みます。そのため口喧嘩になっても、ヒステリックに怒鳴り散らしたりはしません。

その代わり、相手の意見の弱点や矛盾点を探し、極めて論理的に攻撃したり、反論したりします。

彼氏がロジカルなタイプでない場合、ぐうの音も出なくなってしまい、プライドがズタズタになることも。それはヒステリックに切れるよりも、かえって男性にとっては厄介に思われたりします。

相手の気持ちに鈍感な場合がある

他の女性が恋愛をしたり、女性同士の人間関係に神経をすり減らしている時、リケジョは勉強や研究に没頭していた人がほとんど。そのため、他人の気持ちを推し量ることが少し苦手だったりします。

本人の言動が相手を怒らせたとしても、「何で怒っているのだろう?」と理由が分からない場合も。あまり鈍感すぎると相手も耐えられなくなるので、注意が必要です。

忙しいと彼氏を放置

研究などが山場を迎えると、すさまじい集中力を見せるリケジョ。忙しくなると他のことに目を向ける時間もなくなりますが、没頭しすぎて周りが見えなくなるのも考えもの。

研究や仕事のことだけを考えたいのは分かりますが、何日も彼氏と音信不通、メールや電話も無視では、相手も不満を募らせてしまうかも。会う時間がなければ、せめてメールや電話などで時々コンタクトを取るようにしましょう。

話がマニアックすぎて、相手をドン引きさせる

自分の研究や仕事をこよなく愛するリケジョ。誰かに尋ねられたら、つい延々と難しいテーマについて熱弁してしまいがち。

しかし、その分野でいかにすごいことであっても、同業者以外の男性にとっては、興味のない内容だったりします。相手の反応を見て適当に話を切り上げ、彼氏の話に合わせることも大切です。

リケジョと相性がいいのは、草食系リケダン!?

さて、色々と特徴を紹介してきたリケジョですが、どんな男性と相性がよいのでしょうか?

自立心旺盛なリケジョは、「黙って俺について来い」タイプの古風な男性とはあまり相性がよくなさそう。>

むしろ、今流行りの草食系男子の方が、リケジョにはおすすめです。ぐいぐい女性を引っ張る肉食系男子より、押しは弱いけど同じ目線で話を聞いてくれる草食系男子は、互いに尊重しあう関係を好むリケジョには理想的です。

理系男子は文系男子より、草食系の人が多いとも聞きます。意外と身近なところに、運命の相手がいるかもしれませんね。

恋愛だけじゃない!企業でも今、リケジョが求められている!

リケジョがモテているのは、何も恋愛面だけではありません。企業でもリケジョを求める声が高まっています。

研究分野だけでなく、エンジニアやプログラミング、商品開発などでも、リケジョの活躍の場が広がっています。男性目線の商品が多かった車や家電などでも、女性目線を取り入れた新商品が次々と開発され、ヒットを飛ばしています。

女性の理系学部卒というと、就職に苦労していたのも今は昔。リケジョの能力や経験を活かせる場は、これからもどんどん増えていくことでしょう。

純粋リケジョじゃなくても、自立した「理系的女子」を目指そう

いかがでしたか?リケジョがモテるには、色々な理由があったんですね。ご納得いただけたでしょうか?

もちろんリケジョと言っても、性格は人それぞれ違うので、一括りにすることはできません。今回ご紹介した特徴に当てはまらないリケジョもいますし、リケジョ的な個性を持つ文系女子だっています。

ただ言えることは、今の男性が求める女性の理想像は、昔とは確実に変わってきているということ。大人しく男性に従う、いわゆる古風な女性を求める人は、今はさほど多くありません。それより、お互いが自立した対等な関係を望む人が多いように思います。

そして、その理想像がたまたまリケジョと合致したということ。だから理科や数学が嫌いなのに、無理をしてリケジョになることはないのです。

それより、男性に依存しない、自立したリケジョ的女性を目指してみてはいかがでしょうか。きっと素敵なパートナーが見付かると思いますよ。

この記事のタイトルとURLをコピーする
リケジョはモテる?モテない?今アツい理系女子の魅力を徹底解剖|【女性の美学】
http://josei-bigaku.jp/rikejomoteru5460/

この記事をシェアする

関連記事

コメント