• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚前に必ずチェック!離婚経験者の語る結婚して気づいた彼の本性

Date:2014.01.26

今や結婚した人の3人に1人は離婚してしまう時代、一度は一生共にあるいていくことを誓った2人なのに、どうして離婚に至ってしまうのでしょうか。離婚の原因の常に上位に位置する理由が『性格の不一致』。

離婚経験者に話を聞くと、「結婚前には分からなかった彼の本性に気づいてしまった」というような理由が目立つようです。

無理してまで、気の合わない相手と一緒にいる必要はないとは思いますが、それでもできることなら、結婚前に彼の本性についてチェックして、一緒に生活していくことが難しいと判断されるなら、冷静な頭で無意味な結婚を未然に防いでほしい!

ということで、離婚経験者に離婚を決意した彼の本性と、これから結婚する女性に対するアドバイスを聞いてみました。「結婚するのは彼でいい?」と悩んでいる女性の皆様、ぜひチェックしておきましょう。

本性を見抜くには彼の性格全体像の見極めが重要!

本題に入る前に、1つだけご理解頂きたいのは、性格の不一致で離婚した女性みんなが「彼だけにだめだった理由がある」と、責任逃れをしているわけではないということ。

「結婚を焦るあまり、彼の嫌なところは見ないフリをしていた」「スピード結婚だったから、彼の本性にまで考えが及ばなかった」など、断片的な性格にしか、目を向けていなかったことを反省する女性もかなりいます。

今、大好きな彼氏がいる皆様は、心から彼の気持ちや性格を理解しよう、理解したい、という気持ち、忘れずにいてください。それでは、ここから、本チェックしておきたい本性について、聞いてみたいと思います。

マザコン!実家大好き!血のつながった家族ばかりを優先する

「お付き合いしている時には、私のことを大事にしてくれた彼ですが、結婚後はどんな時でも実家を言い訳にする彼に嫌気がさしてしまって。お正月やお盆はもちろんのこと、クリスマスや誕生日、イベントごとは、必ず彼の実家で行っていました。

最初のうちは我慢していたのですが、私だって、自分のお母さん・お父さんは大切だし、時には2人でお出かけしたい気持ちもあります。

堪え兼ねて夫に気持ちを打ち明けた所、「血のつながった家族が大切なん?!」「僕を生んでくれた親はかけがえのない存在」の1点張り。だったら、私は必要ないのか、とどんどん自分が人から必要とされない人間のような気がしてきてしまって。

このままだと、自分がつぶれてしまいそうで、離婚にいたったという運びです」

結婚したということは、彼女も彼の家族になった、ということのはず、それでも自分をないがしろにされてしまっては、確かにつらいと思います。このタイプの男性を、結婚前にチェックするには、彼と一緒に彼の実家に何度か足を運んでみる事。

実家での彼の振る舞いを見ておけば、家族と彼がどのような関係なのか、ある程度見えてくるかと思います。

頼りになる彼ほどご用心!徹底した封建主義が彼の本性

「結婚する前から、デートの行き先・食事の場所は彼が決めてくれるなど、片鱗を見せてはいたのですが、恋は盲目。私のためにいろいろ考えてくれている、など、都合のいい解釈をしていたのが、本音です。

結婚してからは、家事をするのは全部妻である私の役目、子育てに関しても自分の思い通りにならないと、不機嫌になる、など、徹底した封建主義の姿勢が見られるようになりました。

結局、私の方が根負けして、離婚という運びになってしまったのですが、思い返すとお付き合いをしている段階で、彼の短所にも目を向けて、自分がそこを許容できるか、その短所があったとしても彼と一生添い遂げることは可能かどうか、をゆっくり検討していなかったことが反省点だと思います

結婚すると、亭主関白タイプになる男性、未だに結構多いよう。回避策としては、お付き合いをしている段階から、少しづつ自分の考え方・思考について、未来の夫と話をする時間を持つことが重要です。

そこで、あなたの考えに対して聞く耳も持たないようなら、残念ながら結婚した後には、自分の自由が利かない生活が待っていると心得ましょう。

歩み寄りの姿勢がない・・・自分が一番大事な俺様的素顔

「お付き合いしている時には、それなりに私の意志を尊重する姿勢が見られたのですが、結婚してからは歩み寄りの姿勢が皆無に。私が彼に意見しようものなら、むっとして、黙り込んでしまいます。

言っていることが筋が通っていればまだいいのですが、どうも主張は自分の利益ばかりを重視する内容で。結局、彼には自分何より大切、それが彼の自己中心的な本性なんです。

夫婦は、支え合って生きていくもののはずなのに、これでは先がない、と離婚にいたったというわけです」

考え方は、人ぞれぞれことなって当然ですが、相手を尊重する気持ちが見られないのは残念なこと。相手を力で押さえつけようとするのでなく、歩み寄りの姿勢が必要です。

自分のルールにとらわれて、視野が狭くなっているようでは、夫婦仲良く生活していくのは、残念ながら難しいのが実情です。

結婚前の見極めポイントとしては、発言の節々に相手への否定や攻撃的な姿勢がないかどうか、彼女であるあなた以外にも、友達や親族など、周りの人への接し方を観察してみるといいでしょう。

結婚を考えている方へのアドバイス

脅かすような内容ばかりを並べてしまいましたが、本当に相性のいいパートナーと結婚できたら、おだやかに幸せな日々をおくることができるようになるはずです。

結婚後の心のすれ違いを防ぐためには、相手をよく見て、表向きの姿だけでなく、裏の表情も知っておくこと。いよいよ結婚、となるその前に、一度冷静な頭でパートナーの長所・短所に目を向けてみることをおすすめします。

この記事をシェアする

関連記事