• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

離婚率が高いからこそ気になる。女性が離婚を決意する理由って?

Date:2014.08.14

離婚したい。結婚している方なら、誰もが一度はそう考えたことがあるはず。そして周りを見渡せば離婚している友人、知人も少なくはありません。

日本も以前と比べたら、離婚率が急上昇しています。計算すると、約2分以内に1組が離婚しているという割合になります。これだけ聞くと、多いと感じますよね。一度は離婚を考えたことがあるなら、他人の理由も気になりませんか。同じ女性という立場で、どういった理由で離婚を考えるのか、調べてみました。

性格の不一致

芸能人の離婚会見で、その理由が性格の不一致だと聞いた時、なんで?と思った事はありませんか。お互いのいいところ、悪いところも知った上で、結婚したはずなのに今更それが原因?と不思議に感じるはずです。

これは一般人にも当てはまることで、女性だけでなく男性も、それを離婚理由のトップにあげています。相手の悪いところも含めて、結婚したはずなのに、それが許せなくなってしまった原因とは何でしょうか。

結婚してからわかる相手の悪いところも、あります。お付き合いをしているときは、まだ相手に対して気を使って素の自分を出せていないのです。それが結婚してお互いに気心が知れると、だんだんとそれが出てきてしまうのです。結婚前はこんなではなかったのに、という不満が芽生え、それが蓄積されていくのです。

悪いところばかりが、目立つようになったことも原因です。結婚を決めた時は、相手にずっと一緒にいたいと思わせるよう魅力があったからです。それがルックスの良さ、優しいところ、気遣いができるところだったかもしれません。

それが結婚生活を続けるうちに、次第に見られなくなってしまうのです。そして悪いところばかりが目立つようになり、一緒にいること自体が苦痛になってくるのです。

相手の暴力

力や立場の弱い妻に対して暴力をふるう夫。いまだにそんなDV夫が、存在します。それが自分だけではなく、二人の間に生まれてきた子供にまで及んだとき、もしくは自分に命の危険性を感じた時、女は離婚を決意します。

肉体的に与えるだけが、暴力ではありません。言葉の暴力も同じ。言葉で自分のことや、自分の家族や友人のことをひどくののしられたとき、何かにつけて怒鳴られるようになったとき、自分のやること、言うことを否定ばかりするようになったとき、相手にとって自分の存在価値がなんなのか、疑いたくなるのです。

イマドキ亭主関白

共働き家庭が増えています。その理由は女性が働くことに、生きがいを感じているからだけではありません。旦那さん一人の収入だけでは、生活していくことが難しいので、働かざるを得ないのです。それなのに、昔と変わらず家の事は女性がやるものだと決めつけている男性が、まだまだ多いのです。

家事や育児は全て妻任せ。そしてお金の使い道に関しては、自分の好き放題。家庭での決定権は全て自分にあると妻に対して高圧的な態度を取る男性が、います。そのような人は、一生涯そのスタイルを貫きとおすでしょう。そんな旦那に対し、愛想が尽きてくるのです。

浮気

女性よりも男性の浮気が原因で、離婚に至るパターンが多いです。妻としては、自分以外の女性と関係を持ってしまった男性を、許せません。場合によっては、男性のほうから、その女性と結婚したいという理由で離婚を切り出してくることも。いずれにせよ、浮気したことで相手に対して信頼や愛情がなくなってしまいますので、それが離婚の引き金となります。

離婚を考える原因、瞬間は人それぞれです。せっかく縁あって結婚したのですから、むやみに別れることは避けたいはずです。しかし我慢して結婚生活を続けるのも、また苦痛です。どちらを取るかはその人次第ですが、後悔のない選択をしてほしいと思います。

この記事をシェアする

関連記事