• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

既婚者に聞く!彼氏と結婚した後の後悔とそれでも離婚しない理由

Date:2014.03.14

まだ結婚していない独身の方は、「結婚は夢と希望に溢れる素敵なこと」と憧れているかもしれませんが、実際には夢と希望をどこにも見つけられず後悔している既婚者も居るようです。今回は、既婚者に結婚してからの後悔とそれでも離婚しない理由を聞いてみましょう。

「旦那が若すぎた」と後悔するTさん

できちゃった結婚して2年になるTさん(27歳)は、3歳年下のご主人との結婚に後悔しているそうです。

「旦那とは合コンで知り合ったのですが、私より年下ということもあってピアスに茶髪でとても派手な印象がありました。結婚願望が強かったのですが、年下と付き合ったことは無かったので頼りない印象がありました。

でも、話してみると意外と真面目で父親が経営する建築会社で頑張っていることがわかって、連絡を取り合ううちに魅かれていったんです。付き合うという言葉を聞けないまま男女の仲になって半年くらい経った頃、妊娠がわかったんです。

私は25歳までに結婚したいと思っていましたが、旦那はまだまだ遊びたい時期だと思ってどうしようかと迷い、旦那に相談したら『産んでよ!一緒に育てよう!』ってあっさり結婚が決まったんです。

夢にまでみた結婚と子供が手に入って天にも昇る気分でしたが、後悔の始まりだったんですよね。子供が産まれてもあまり子育てに参加せず、夜はパチンコや飲み会。酔っぱらって帰宅することも多々

若い旦那だから仕方ないと納得しようとしていますが、友達の旦那が育児や家事に協力的だという話しを聞くと凹みます。それでも離婚しないのは、やっぱり金銭面が大きいです。

収入がないとか、働かないとかなら即離婚ですが、旦那はいくら帰りが遅くても、二日酔いでも早朝から現場で力仕事を頑張っているんです。

旦那が務める会社は、父親の経営する会社で役職もあるのでボーナスや年度末賞与など月々のお給料以外にも収入があるので、お金には不自由しません。

30過ぎれば落ち着くんじゃないかと期待もありますから、それまでは子供と旦那を育てるつもりで頑張ろうと思います」

「旦那がマザコンだった」と後悔するIさん

結婚して3年になるIさん(36歳)は、旦那と義理の母親の関係に悩んでいるそうです。

「実はうちの旦那、マザコンなんです。結婚するまで気付かなかったんですが、風邪を引いただけでも看病に来るんですよ。時々お小遣いもあげているみたいだし、二人で旅行へも行きます。

旦那は嫌がりもせず、むしろかまってもらうと嬉しそうにしていて見ていて気持ち悪いです。でも私は、離婚を考えたことはありません。だって、年齢的にまた新しい恋を探して結婚してというのは難しいと諦めているからです。

義理の母だっていつかは旅立ちますし、これから孫が出来たら旦那への気持ちが薄くなるかもしれませんから。まずは子作りですね。年齢的にはぎりぎりですが諦めずに頑張ります」

「旦那が浮気者だった」と後悔するEさん

1年の付き合いの末に結婚したEさんは、どんな後悔をしているのでしょうか。

「結婚してから旦那に4回も浮気されました。今もまた浮気していると思います。旦那は、身長が高くてルックスもいいので、付き合っている時にも女の影を感じたことがありました。

でもプロポーズされて、当時は自分が選ばれたという優越感に浸りました。結婚してみると付き合っていた時よりも彼は優しくなりましたが、頻繁に携帯電話が鳴って、外出や外泊も普通にするようになったんです。

問い詰めても仕事としか言わないですし、携帯電話はロックがかかっているので見ることができません。だけど私には浮気とわかるんです。

見たことが無いトランクスが洗濯機に放り込まれていたり、無言電話があったり、首のキスマークや顔についたラメを見つけたこともあります。子供も居ないし離婚も考えますが、彼のことを愛しているんです。

かっこいいし、経済力があるし、優しいし、何より妻として私を選んでくれましたから。愛想が尽きるという言葉もありますから、とことん旦那を嫌いになるまでは離婚する気はありません。

その前に旦那が他の女性達との浮気をやめて、私一筋になってくれることを願っています」

後悔のない結婚はない?!

夢と希望を抱いて結婚すれば、思い通りにならないことや予想外の事態に直面した時にがっかりするのは当然のことです。様々な困難を夫婦で乗り越えるからこそ強い絆となって夫婦の結束に繋がると信じれば、離婚を選択せずに済むかもしれません。

後悔することがあってもご紹介した女性たちのように、夢と希望を再び未来へ描いて前向きな気持ちで歩んでみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事