• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これで離婚をしなくてすむ?旦那さんの欠点を長所に替えるコツ

Date:2013.05.08

恋をしてお付き合いを始めた頃は彼のどんなことも許せたし、イヤだとも思わないけれど、月日を重ねていくうちに、いろいろなことが気になり始めるものです。

さらに結婚をして一緒に生活していくと、常に一緒にいるだけに、こちらがイヤだと思うところに目をつぶるわけにもいかなくなりますね。

それが生活に関わることならなおのこと、またはどんなささいなことでも、「もう見るのも嫌だ」と感じ始めたら要注意。ちょっとしたことでケンカしたり、一緒にいて楽しくなくなることも。そうなると目の前に浮かぶのは“離婚”の2文字。

でも、そんな簡単に離婚できない、したくない、と思うのなら旦那さんの短所や気になるところをどれだけ長所としてとらえることができるか、という点にかかっています。物は考えよう、見方を変えて自分が気持ち良く生活できるようにしていきましょう。

家事を手伝わない

これは離婚の原因にもなる大きな旦那さんの短所とも言うべき点。最近では奥さんが稼いでくれるのなら、自分が主夫をしてもいいと思っている男性も増えているようですが。

しかし、自分の旦那さんがそうでなく、これを乗り越えるには、旦那さんは稼いでくれているのだ、家事は女性の仕事だ、と自分に言い聞かせることです。

男性と女性には適任という言葉があります。ご飯を作るのも、掃除や洗濯をするのも、女性の自分がやった方が上手(そうでない場合もありますが)。

一方で旦那さんは車の運転をしてくれる、荷物を持ってくれる、日曜大工をしてくれる、など男性的な仕事をしてくれるのだから、家事は自分がやればいい、と思うことです。

ケチでお金を自由に使えない

ケチな旦那様は浪費家の旦那様よりどんなにいいかしれません。なぜなら、現在の経済状況の中、いつ仕事がなくなるか分からないし、いつまでも今の生活水準を保っていられるか分からないからです。

生活水準を下げるのは難しいもの。ケチで貯金をしている旦那様は偉いです。生活をしていくためにはまずお金が必要ですものね。

優柔不断

何を決めるのも悩んで悩んでなかなか答えを出してくれない。そんな旦那様には相談しても埒が明かない、なんてことも。

でも、それは自分が何でも決められるということにもなりませんか?主導権は自分が握っているというのは生活しやすいものです。旦那様のいいなり、なんてストレスがたまるだけですよ。

時間にルーズ

細かいことを気にしない、おおらかな性格だと思いましょう。時間にルーズな理由が、身だしなみに時間がかかるのであれば、おしゃれだと、仕事で時間に来られないのなら仕事熱心な男性なのだと考えましょう。

でも、どうしても時間を守ってほしいときには、予定時間の30分~1時間前の時間を伝えておきましょうね。

収入が少ない

このご時世、余裕のあるほど給料を取れる男性は多くはないでしょう。ボーナスカットが当たり前になっていたり、昇給がほとんどなかったりするのは仕方のないことです。

そんな中、首にもならずに毎日お仕事をしている旦那様は偉いです。給料が少ないのは自分が一番つらいのです。上を見ればきりがありません。他の家庭と比べても仕方ありません。毎日お仕事をして、最低限の収入を得ていることを幸せと感じましょう。

洋服のセンスがない

ファッションセンスを気にする男性なんて自意識過剰の男性が多いもの。他の女性にモテたい、と思っている旦那様なんてイヤですよね。

オシャレのセンスがないのなら、奥様が服を選んであげて、カッコイイ旦那様に育てればいいのです。それも楽しみになりますし、夫婦円満のコツになるかもしれませんよ。

料理の味付けにうるさい

しょっぱい、甘い、味が薄いなど料理の味付けにうるさい旦那様を持ったら、料理の腕が上がると喜びましょう。何でもおいしいと言ってくれる旦那様はうれしいものですが、自己満足になってしまい、料理の腕が落ちてしまうかもしれません。

自分の料理にあれこれ注文をつけてくれればくれるほど、切磋琢磨しておいしい料理を食べさせよう、と頑張ることができますよ。

ヘアスタイルを変えても褒めてくれない

女性の変化に無頓着なのか、気づいていても言わない性格なのか、褒めるのが苦手だったり、褒めることをしない男性っていますね。それは女性に厳しい美意識を持っていて、もっと上を目指せ、と言葉に出さなくても言っているのかもしれません。

そんな旦那様を持ったら、褒めずにはいられないほどキレイになる努力ができますよ。今のままではきっと旦那様が褒めるほどキレイではないのかもしれない、と思いましょう。旦那様が何か言ってくれるまで、美しさに磨きをかけることができますよ。

この記事をシェアする

関連記事