• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

利己的になってはいませんか?彼との関係を壊したくない貴方へ…

Date:2013.09.29

最近、貴方のパートナーのことを利己的だと思ったことはありませんか?相手のことが利己的になっていると見えるような時は、貴方自身が利己的になっている可能性があります。

パートナーと議論をしている最中に、どうしても自分の意見を通したいと思ったことありますよね。

例えば、それが相手に『負けたくない!』という感情からくる時、相手も同じような感情に支配されているというようなことが多々あります。

議論の内容がたいしたことでもないのに、お互いに何故か引けない…そして、感情がエスカレートしたあげく、議論の結末はそっちのけで、普段から気に入らない愚痴をお互いに投げ合って収集がつかなくなってしまう…。

そんなことが続けば、いくら愛し合っている二人だとしても、亀裂が入るのは時間の問題です。

人は何かが欲しいと思う時、利己的になってしまうものです。時によっては、それが全て『悪』ということでもありません。しかし、それが二人の関係において、時折ではなく、度々ということになるのであれば要注意だと考えた方がいいでしょう。

力のバランスというのは、全ての人間関係の中に存在します。そして、『幸せな関係』というのは、お互いの完全なバランスで決まってきます。

わずかなバランスの変化を、パートナーのどちらかが、又はお互いが感じ取ってしまった場合、『幸せな関係』は崩壊へ向かってしまうこともあるのです。

意外な利己的状況

とかく、女性は幸福感に満ちている間はより多くの幸福感を恋人に与えたいと思い、与えることができます。

『二人の関係』において、献身的であるということは無条件の愛の徴候であるとも言えます。ところが、相手が望んでいないようなことを、『してあげたい』と思い行動することが、『利己的』だということもある訳です。

相手の事を考えずに自分の『したいこと』を優先してしまったということです。また、相手が貴方からの献身を当たり前の日常だと、勘違いさせてしまったが為に起こるバランスの変化もあります。

『二人の関係』に慣れてしまった二人は、最初の頃に較べて、『面倒くさくなった』女性側と、『してもらえなくなった』男性側の倍の振り幅で大きく変化を感じます。これは『利己的』に献身をし、『利己的』に面倒になった、ひとつの例です。

そうなると、相手は貴方に対して、不満や愚痴など、貴方からみれば『利己的』とも言える態度に出てくるわけです。

自分が利己的になっているかどうかを知りたい貴方へ

  • 自分がしたい事だけを楽しんでいませんか?
  • 彼がして欲しいと思うことから逃げていませんか?
  • 貴方の意見がいつも通っていませんか?
  • 貴方はいつも自分が正しいと思っていませんか?
  • 彼はいつも同じ小言を言っていませんか?
  • 自分がやれない事を彼にだけ求めていませんか?
  • 自分の意見が通らないと、拗ねたり、ふくれたりしていませんか?
  • 議論で負けるのがイヤだと思っていませんか?
  • 彼を信用していますか?
  • 彼を利用することはありませんか?
  • 彼の仕事を中断させたことがありますか?
  • 彼に素直に『ごめんなさい』と言えますか?
  • あやまらない彼に、怒り続けますか?
  • 彼に不満があると、すぐに文句を言ったり無言の抗議をしますか?

どうでしょう?『二人の関係』をうまく続けるための正常な行為だと考えることは簡単にできます。でも、もし貴方の中にこれらのサインが自覚できるならば『利己的』である可能性はかなりあります。

そして、彼から指摘をされるようなことがあれば、相手はそれを不愉快に思っている証拠です。『二人の関係』を幸福感と共に続けたいと思っているのであれば、ぜひ上記のサインを見直すべきではないでしょうか?

もちろんこれは、貴方だけの問題ではありません。貴方の彼の中にも存在する問題もあるでしょう。でも、まず貴方自身が意識をして見直すことで、『二人の関係』はより幸福感に包まれた円滑なものになるはずです。

この記事をシェアする

関連記事