• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

忙し主婦必見!おかずリメイク術で時短ディナー

Date:2013.07.27

「晩御飯」。それは1日の締めくくりであり、1番の楽しみ!という方も多いはず。栄養のバランスを考えて、お味はもちろん見た目も美味しく・・・手をかけたいのは山々だけど仕事をしていたり、子育てが忙しかったりと、時間をかけられないのが現実。

たっぷり作り置きをしても、同じおかずを続けて出すのは、ちょっぴり新鮮味にかけてしまいますよね。

そこで!昨日のおかずをベースに作る“リメイク術”に注目です!リメイクのメリットは、なんと言っても「時短」。そして、下地がしっかり出来ているから、「味わい深くなる」「手の込んだ感じに見える」という点。

今回は、食卓の定番料理3品をピックアップしてリメイクのアイデアをご紹介いたします。

肉じゃがのリメイクアイデア

今も昔も変わらぬ「おふくろの味」の大定番と言えば肉じゃが。煮物は多めに作ったほうが美味しく出来るので、大鍋でたっぷり作って、リメイクを楽しみましょう♪

まず、有名なのはカレー。既に火が通って下味もついているので、驚きの早さでコクのあるカレーが出来上がります。にんじん、玉ねぎもたっぷり入れておくと具のバランスが良いかもしれませんね!

続いては、余った肉じゃがをマッシュして作るおかず2品。マッシュした肉じゃがをそのままコロッケの種として、衣をつけてフライ。ソースはもちろん、そのままでもお醤油でもいける和風コロッケに早変わり!

コロッケって、お芋を蒸かして潰して…の作業に時間がかかってしまうので肉じゃがベースは本当に楽ちん♪

もう1品、マッシュした肉じゃが(大きめのお肉は刻みましょう)に、カレー粉を混ぜて餃子の皮に包んで揚げればおつまみやおやつにも最適な「インド風サモサ」の出来上がり。ケチャップやチリソースでいただきます。

唐揚げのリメイクアイデア

子供も大人も大好きな唐揚げ。ここでのリメイクは鶏の唐揚げはもちろん、豚肉や魚の唐揚げでもマッチします。揚げ物はちょっぴり大変ですが、多めに作ってしまえば翌日までメインディッシュ素材になってくれるので是非お試しを♪

余った唐揚げを、ざく切り野菜(玉ねぎやパプリカがおすすめ!)、椎茸などと一緒にケチャップあんで炒めれば、酢豚ならぬ酢鶏の完成。お肉の満足感はそのままに、お野菜も摂れるのでおすすめです。

面倒な“お肉の素揚げ”が終わっているので、野菜炒めを作る感覚で出来てしまいますよ。

唐揚げがほんの2~3個だけ余ってしまった・・・という場合は、刻んで海苔巻きの具にすると良いでしょう。サラダ菜とマヨネーズと一緒に巻けば、ボリューム感のある1品に。

ひじき煮物のリメイクアイデア

鉄分にカルシウム、栄養たっぷりのひじきは毎日でも摂取したい食材。小鉢や付け合せのイメージが強く、煮物だけだとあまりたくさん食べられない気がしますがリメイク術でいろんなおかずに早変わり♪

一番簡単なのは、ひじきご飯。炊き込みご飯にしても良いですが、煮汁も一緒に、あったかい白飯に混ぜ込むだけでもOK。お弁当にもおすすめの超時短リメイク術です。

メインディッシュに加えるなら、ヘルシーなひじき入りつくねはいかがでしょう?ひき肉・擦りおろした生姜・卵と混ぜて、形を整えてこんがり焼くだけ。こってりタレでいただくも良し、ポン酢でさっぱりいただくのも良し。

ちなみにリメイクをする程でもない、ほんの少~し余ったひじきは卵焼きに混ぜるとGOOD。ご飯が進む立派なおかずになります。

リメイクおかずで手早く美味しい晩御飯を楽しみましょう♪

この記事をシェアする

関連記事