• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

お家でできるリップケア。あなたの唇をうるつやにする方法

Date:2014.07.07

潤って柔らかな唇をキープするためには、日々のお手入れが欠かせません。しかしながら、市販のリップクリームやリップバームだけがそのケアのお供になるわけでもありません。

お家にあるものを活用して、唇の角質を落としたり、パックしたり、潤いをキープしたりすることもできるのですよ。この記事では、自然のものやお家にあるものを使ってできる唇のケア方法についてご紹介します。

1.はちみつと砂糖のシュガースクラブ

唇のがさがさを取り除き、表面を柔らかく滑らかにすることで見た目もよく、口紅の持ちもいいリップを手に入れることができます。

材料:

はちみつ大さじ1、ブラウンシュガー大さじ1

方法:

①2つの材料をよく混ぜます。

②できたペーストを唇に塗り、2、3分そのままにしておきます。

③その後、指か使い古しの歯ブラシで優しくマッサージし、ぬるま湯で洗い流しましょう。

2.レモン果汁と砂糖のスクラブ

レモンには穏やかな漂白作用があり、あなたの唇の色を明るくする効果があるそうです。

材料:

レモン果汁、ブラウンシュガー

方法:

①レモンをスライスし、そこにブラウンシュガーを振りかけます。

②①のレモンで唇に円を描くように優しくこすります。

③②を1、2分続けましょう。

3.オイルトリートメント

植物でできた自然のオイルで唇の潤いをキープし、ぷるぷるのリップを作りましょう。オイルに含まれる脂肪酸が唇を柔らかく保つのに効果を発揮してくれます。

材料:

植物オイル(オリーブオイル、キャスターオイル、アーモンドオイルなどなんでも)2、3滴

方法:

①唇にオイルを落とし、リップクリームの要領で唇に伸ばしましょう。

4.ベリーのトリートメント

ブルーベリーやラズベリーなどのベリー類に含まれるビタミンCをはじめとする抗酸化成分が、唇のみずみずしさと若々しさを保ってくれます。

材料:

ベリー(いちご、ブルーベリー、ラズベリーなど)数個、はちみつ少量

方法:

①ベリーをつぶし、そこにはちみつを加えてペースト状にします。

②①を唇の上にのせ、2、3分経ったら洗い流しましょう。

※濃い色味のベリーを使った場合、唇にしばらくその色味が残る場合があります。

5.バラのリップパック

バラの花びらとミルクでできたリップパックは、まさにバラのような唇を作るのにぴったりのトリートメント。

材料:

バラの花びら数枚(ドライでも、生でも)、ミルク大さじ1~2、はちみつ少量

方法:

①バラの花びらをミルクに浸します。

②①をつぶし、はちみつを加えてペーストにします。

③できたものを唇にのせ、10分から15分待って洗い流します。

6.きゅうりのトリートメント

水分たっぷりのきゅうりで、あなたの唇を潤わせて柔らかさをキープしましょう。

材料:

きゅうり

方法;

①きゅうりをスライスし、円を描くようにして唇をマッサージしましょう。

②きゅうりを絞った液を唇につけ、10分から15分待って洗い流すのもおすすめ。

7.ざくろのリップパック

抗酸化成分がたっぷりのざくろと潤い成分のミルクでぷるんと弾むような色味の唇を作りましょう。

材料:

ざくろのつぶ数個、ミルク

方法;

①ザクロの粒をつぶし、ミルクと混ぜてペーストを作ります。

②できたものを唇にのせ、10分待って洗い流しましょう。

8.アロエベラジェルのリップ

水分をキープして傷などを治す効果もあるアロエベラは、昔から医術にも役立ってきました。乾いてささくれだった唇に塗ることで、柔らかさと潤いを取り戻した唇になれます。

材料:

アロエベラジェル

方法:

①アロエベラジェルをリップ代わりに塗りましょう。

9.重曹のスクラブ

重曹はおそうじだけでなく、歯を白くする歯磨き粉としても活躍してくれます。さらにさらに、唇のいらない角質をとり、ワインなどでの色味もとって柔らかく血色のいいリップにもしてくれます。

材料:

重曹少量

方法;

①使い古した歯ブラシを濡らし、重曹をふりかけます。

②歯ブラシで優しく唇をこすり、洗い流しましょう。

あなたの唇をうるつやにする方法、いかがでしたか?ほとんどが簡単に準備ができ、お家に常備してあるものが材料なので、すぐに試せそうですね。唇は、女性の魅力を最大限に発揮してくれる大切なパーツ。丁寧にケアしていつでも出動OK(!)にしておきましょう。

この記事をシェアする

関連記事