• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

唇ぷっくり!色気倍増!みんなのリップメイク秘蔵テクニックを公開!

Date:2013.12.10

かなりメイクが上手な女性でも、お悩みの方が多いのが、リップメイクの方法について。なるべくぷっくり、セクシーな口元に仕上げたいと思うけど、やりすぎは老けてしまう気もするし、適度な加減が難しいところだと思います。

女性の悩みは、女性に聞くのが一番、ということで、20代後半から30代前半の、OLさんたちを対象に、リップメイクについて気をつけている事、秘蔵のテクニックを聞いてみました。

「大人っぽくて艶のある唇に仕上げたい」「色気のある口元に憧れる」という女性の皆様、気になるテクニックをチェックして、毎日のメイクに取り入れてみてはいかがでしょうか。

気は抜けない!男の子の大半が初対面の女の子の口元を見ているという事実

ここまで読んで、「リップメイクを変えるだけで、そんなに顔の印象って変わるの?」と感じた方もいるでしょう。そんな方は、要注意、男の子が初対面の女性と顔をあわせたとき、まず目を向けるのが「口元」であるという説があります。

もちろん顔や胸など、他の部分も見られるのですが、一緒にいる時間のうち約半分は、口元を見ているというのです。メイクをしていない状態よりも、当然リップメイクを施した鮮やかな口元が好まれるよう。

初対面の男の子の心をつかみたいなら、リップメイクはばっちりしておいたほうが良さそうです。それでは早速、みんなのリップメイクのテクニックを聞いてみましょう。

その1 口角をあげてみせるリップラインテクニック

「25歳を過ぎたあたりから、口角が下がってしまって、疲れた顔に見えるのがコンプレックスになってきました。悩みを解消するために、身につけたのが、コンシーラーを使用した、リップライン整形テクニック。ファンデーションより少し明るめのコンシーラーを使用して、唇の端っこの部分がきゅっとあがるように見せています。仕事の時には、さらにきりっと見えるように、リップラインを上からひきます。

しっかりメイクをしておくことで、かえって大人の色気が出るようで、年下彼氏もできました」(28歳 東京都 会社員)

口角の影は、大人の落ち着いた印象がでるのですが、セクシーとは言いがたいもの。コンシーラーで影を消すテクニック、ぜひ真似してみたいですよね。

その2 お出かけメイクはオーバーラインでぽってりリップに!

「お買い物やデートなど、お洒落をする日のリップメイクはオーバーラインでセクシーに。アンジェリーナジョリーのような、海外セレブの口元って女性の憧れですから。柔らかいテクスチャの口紅を選択すると、変にはみ出たような印象にならず、自然に仕上がります」(26歳 東京都 家事手伝い)

セクシーな女性らしい口元を作るのなら、オーバーラインがおすすめです。あまり強い色を乗せないで、ベージュカラーでヌーディーに仕上げるのが私の定番。上からグロスを重ねると、より華やかさが増すようです。育ちがよく見えるのか、このメイクをしていると、婚活パーティーでも受けがいい気がします」(28歳 神奈川県 保険会社勤務)

顔のパーツが大きいほど、華やかな美人顔に近づきます。自分の唇よりも一回り外側にラインを引いて、唇全体のボリュームアップを目指しましょう。

その3 グロスはつけすぎないくらいにとどめておく!

「セクシーに仕上げようとするほど、グロスをたくさん塗りたくる子多いですよね。あえてつや出し程度に留めて、最後に少し唇同士をこすりあわせ、なじませるのが私のテクニック。これだと、ドリンクのふちにグロスがついて汚れてしまうこともないし、上品な大人の色気を引き出します。いかにも、なグロスは、男の子って意外と苦手だったりするようです」(32歳 埼玉県 金融業)

「下品にグロスを塗っても、よってくるのはナンパな男。本当に素敵な男性が好むのは、上品な色気がある女性だと思います。とくに会社など、オフィシャルな場所でそのメイクは頂けません。とはいっても、少しは艶がないと唇が寂しいので、チューブから指に出して、ぽんぽんと薄くのばしています」(26歳 東京都 広告業)

その4 リップクリームだけなんてもってのほか!発色のいいカラーを選ぶ

「セクシーな口元には、鮮やかカラーが目立ちます。とくに、年を重ねるほど、唇の色がくすんできた気がして。少し値段が張るものでも、発色がよく、落ちにくいリップを選んで使用しています。リップペンシルをあわせて使うと、さらに落ちにくくなって効果的。丁寧に縁取りした後に、リップを直塗り、最後にティッシュオフが正しいリップメイクの方法だそうです。唇に色が乗っていると、若々しく活発な印象になりますよ!」(35歳 東京都 IT業)

確かにリップを塗るだけで、「しっかりメイクしている感」がでるような気がします。リップペンシルをあわせて使うテクニックも、要チェックですね。

その5 勝負の日には攻めの赤!マットな質感で大人顔

「とびきりセクシーに、フォーマルに決めたいときには、赤のリップが私ルール。いやらしくならないポイントは、あえて艶を消したマットな質感に仕上げる事です。口角がつながるようにしっかりリップをぬった後、上からティッシュでオフします」(26歳 東京都 事務職)
「セクシーな唇なら、赤リップ!MURUAのモデルさんとか、安室奈美恵さんを見て真似しています。KATEのリップが発色が良くてお気に入り。プチプラとは思えない、良品です。赤リップの日は、服もブラック系で、大人セクシーなモードスタイルを楽しんでいます」(28歳 東京都 大学院生)

唇の形や顔全体の雰囲気によって、似合うリップメイクは異なるので、トライ&エラーで自分の勝ちパターンを見つけておくのが得策だと思います。上記のテクニックを参考に、ピンときたものから試してみるといいでしょう。

メイクを変えることにより、別人になったような気分になって、新しい自分を発見できるといいですね。

この記事をシェアする

関連記事