• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ストレスは美容の敵!イライラ解消、リラックス効果がある食べ物

Date:2014.05.15

日々の生活の中で、私たちは必ずと言っていいほどストレスを受けます。そのストレスを解消するために、運動をしたりするのであればまだいいのですが、多くの方が暴飲暴食に走ってしまうものです。

まだその食べるものが野菜スティックであれば良いのでしょうが、大概が脂っこくって甘いものではありませんか?

思わずポテトチップを一袋空けてしまったり、ファミリーサイズのアイスクリームを一人で平らげてしまったりなんてこと、経験済みの方は意外といらっしゃるはず。

それってその時は気分が晴れるかもしれませんが、後で待っているのはひどい肌荒れとたるんだお腹です。ストレスは美容の大敵とはまさにその通りですよね。

でもやはり食べることはやめられない…それなら、リラックス効果がある食材を食事に取り入れてみませんか?これで食事の後のお菓子のドカ食いは防げるはずですよ!

1. アスパラガス

アスパラガスにはトリプトファンと呼ばれるアミノ酸を豊富に含んでいます。トリプトファンはストレスと戦い、気分を向上させてくれるホルモン、セロトニンの分泌に必要なものなのです。

これを摂取することで、気分を整え、健康的な睡眠サイクルを促し、不安やストレスを和らげてくれます。会社に持っていくお弁当に入れるのはいかがでしょうか?

2. かぼちゃの種

かぼちゃを料理する時に、取り除いた種をそのまま捨ててしまっていませんか?でも、その種には、ストレスをコントロールして、気分を整えてくれる亜鉛が豊富に含まれているのです。

かぼちゃの種は捨ててしまわず、フライパンで乾煎りしたり、オーブンで焼いたりしてスナックにして、ちょっとイライラする時につまんでみてはいかがですか?

3. 赤ピーマン

ストレスを感じた時に、実はビタミンCが消費されます。また、ビタミンC自体にも抗ストレス効果があります。そのため、ストレスにはビタミンCが豊富な食物を摂ることが推奨されているのです。

そのビタミンC豊富な食物の代表例が赤ピーマンです。サラダに入れて食べたり、マリネにして食べてみたりすると良いでしょう。

4. エクストラバージンオリーブオイル

ストレスは炎症を起こすということがわかっています。そこで、抗炎症効果があるポリフェノールを多く含むエクストラバージンオリーブオイルを少し多めに摂ることで、ストレスによって引き起こされた炎症を抑えることができるのです。

サラダドレッシングにしたり、サラダ油の代わりに使うなど、日常的に取り入れてみましょう。

5. パセリ

料理の色どりや付け合わせ位のイメージが多いパセリは、実はお皿に盛ってメインとして食べたいほど栄養があるものです。

ストレスを撃退してくれるハーブとも呼べるパセリは、抗酸化物質であるフラボノイドを多く含んでおり、ストレスで起こる身体のサビ、フリーラジカルを身体から守ってくれるのです。

6. マグロ

魚は天然の抗炎症作用があるオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいます。是非マグロや鮭などを積極的に摂るようにしましょう。

7. ターメリック

カレーのスパイスとして有名なターメリックは、クルクミンと呼ばれるポリフェノールが含まれており、肝臓の健康を助け、毒素を体外に排出し、炎症を抑えてくれる働きがあります。ストレス解消のためにターメリックが入ったカレー料理なんていいかもしれませんね。

この記事をシェアする

関連記事