• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

リラクゼーション:あなたの遺伝子に良い事を始めませんか?

Date:2013.09.14

リラクゼーションは遺伝子レベルで体質を改善し、健康・美容に効く

身体と心の関係ってまだまだ私達には知らない事ばかりですが、最近、アメリカのハーバード大学医学博士を中心とした研究チームが瞑想を含むリラクゼーションは人の遺伝子レベルに作用し、健康そして美容に至るまで、細胞から改善してしまうと発表しました。
どの様にリラクゼーションが人体に影響するのかまとめてみました。

リラクゼーションは染色体に働きかけ、アンチエイジング

皆さん、染色体ってよく聞きますよね?私達、個々の遺伝子情報を持っている、アルファベットのX(エックス)の様な形をした生体物質なのですが、この染色体の末端が心的、身体的ストレスによって壊れてしまう事が分かっているのです。そして、この染色体の末端が壊れて短くなればなる程、肌を含む身体の老化(エイジング)が加速するのだそうです。

ところが、瞑想やリラクゼーションを日常的、そして長期間している人達の細胞活動を調べたところ、この染色体の末端を修復する活動が、リラクゼーションをしない人よりも約30%多くなっている事が発見され、リラクゼーションはアンチエイジングの効果が有ると証明されたのです。

病気などの身体的なストレスにも効果的

染色体の修復活動が盛んになるということは、要するに、心臓病、癌、などの病気にもリラクゼーションは効力を持っているという事。病気を患っている患者さんの細胞は、病気や感染によるダメージの修復活動レベルが低くなり、逆に、癌細胞などの活動が活発になり悪化するのです。よって、修復活動レベルをリラクゼーションにより高めることで、病気にも対抗出来るという事なのです。

更に、病気の進行にもリラクゼーションは改善をする作用があり、病気の細胞の活動を鈍らせ、進行を遅くする事も科学的に認められているのです。この事からも、心と身体は繋がっている事がわかりますね。

リラクゼーションは細胞レベルでの活力も上げる

染色体、癌(病気)細胞ときましたが、次は細胞のバッテリー(電池)と呼ばれているミトコンドリアへの影響です。
リラクゼーションはこの細胞のバッテリーの活動も助け、身体の中からエネルギーレベルを上げることが出来るというのです。考えてみると、瞑想やリラクゼーションをして、精神的にバランスの取れている人達って活力が漲っていて、前向きでバイタリティがありますよね?「最近、活力が低下気味かも…」と思われている人は細胞レベルのエネルギーが低下しているということなのかもしれません。

メタボにもリラクゼーションが効きます

細胞の活動が活発になるという事は、やはりそれだけのエネルギー消費が必要になってきます。要するに体の代謝も、細胞の活動に影響を与えることで活発になるという事です。この関係も科学的にこの調査で証明され、リラクゼーションをする事により、代謝を促すインシュリン等のホルモンの分泌のレベルも上がったそうなのです。

海外ではここ何年も前から、日本の文化の一部でもある仏教の教え、瞑想(メディテーション)が、心身に良い効果を与えるという事で心理療法にも取り入れられる程、注目を浴びているのです。専門家によるとリラクゼーションの方法に決まりは無く、自分にあった瞑想・リラクゼーション方を探すのが一番だそうで、初心者でも数か月の継続で心身への影響が出てくる事が証明されています。

ここまで、科学的に証明されてきている瞑想を含むリラクゼーション、これは仏教に慣れ親しんでいる私達、日本人が利用しない手はないですよね?

この記事をシェアする

関連記事