• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美容師ジプシーが語る!理想の髪型に導く上手な美容師の特徴とは

Date:2014.01.17

芸能人やモデルさんのように素敵なヘアスタイルに憧れても、実際に自分が挑戦するとなんだかイメージが違うということってありますよね。顔のタイプや雰囲気によって、その人に似合うヘアスタイルは違ってきます。

どれだけそれぞれの人に似合う髪形を作り上げるかは、美容師さんの技術とセンスにかかっていると言っても過言ではありません。

これまで数十人の美容師を渡り歩き、上手な美容師を探し求めてきた美容師ジプシーAさんに聞いた、上手な美容師の見分け方をご紹介しましょう。

とにかくカットの技術が命!

髪にはそれぞれ特徴があります。硬い髪、柔らかい髪、クセ毛、直毛、様々な種類の髪に合わせて、その人に似合う髪形を作るにはカットの技術がしっかりとしている必要があります。

Aさんが言うには「カットの技術で家に帰ってからのスタイリングにかかる手間が全く違ってきます。同じ髪型でも上手な人に切ってもらうと驚くほど収まりが違うことがあります」とのこと。

でも、美容師さんのカットが上手かなんてどうやって見分ければいいのでしょうか。

「シルエットを丸くしたいとか、クセ毛が気になるとか、髪の悩みに対してパーマやストレートパーマをすぐに勧めてくるような美容師さんはあまり上手ではない場合が多いです。

クセを生かしたり目立たなくしたり、ある程度シルエットが丸くなるようにカットしたり、パーマに頼らなくてもカット技術でカバーできることはたくさんあります。

ここまでならカットでできますが、もっとこうしたいならパーマの方がオススメですというような提案をしてくる美容師さんがオススメです」

とAさんは言います。カウンセリングの段階でカットの技術があるかどうかが伺えますね。

日頃の生活に合わせた提案をしてくれるか

Aさんは「髪の長さやイメージだけを聞いて、言われたままにカットに入る美容師さんは要注意!」と言います。上手な美容師さんは、その人の日常生活まで考えてヘアスタイルを作ってくれるのだとか。

例えば朝が苦手なOLさんなら、朝のスタイリングができるだけ短時間で済むように。赤ちゃんがいるママなら、髪を束ねてもサイドが落ちてきにくいように。コテやカーラーが苦手なら、毛先だけ簡単に巻けばキマるように。

相手が生活の中でどの程度スタイリングに時間をかけられるかとか、どの程度手をかけられるかなどを情報収集して、家に帰ってからも上手にスタイリングできるようなヘアスタイルを「ココをこうすればやりやすくなると思いますが、いかがですか?」などと提案してくれるのです。

常に勉強中で、知識が多い

上手な美容師さんは、自分の技術で満足することがありません。技術や薬剤も日々進歩していますし、髪のためにより良いものがあればすぐに新しいものを取り入れていきます。

日頃のお手入れなども、「こうすれば髪を傷めません」などとたくさんアドバイスしてくれる傾向があります。知識が豊富なので説明もとても細かく、説得力が生まれます。

お店の営業としてしつこい勧誘をされるのはいやですが、「こんな新しいものができたんです!」などと新たな技術や商品を説明する言葉に少し耳を傾けてみてもいいかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事