• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

これが本音!男の理想は「都合の良い女」

Date:2012.10.01

これが本音!男の理想は「都合の良い女」

「都合の良い女」と聞くと、どちらかといえば悪いイメージが先行しがちかと思います。しかしある時、それは必ずしも悪い事ではない事に気がつきました。

とある大人の既婚男性とのお話の場からその法則が生まれたのです。その方が言う理想の女性は何と「都合の良い女」だと。

最初はなんて軽い男性なんだと思いました。ですが、その方はお子さんもいて、奥様もとても多忙な方であり、その男性自身もとても忙しいお仕事をされている方です。

ですがとても暖かい家庭を築いていて、思わずこちらまでもが嬉しくなるような理想の家庭です。

実際に奥さんのどこに惹かれたのかと聞いたところ、もちろんたくさんあったのですが、決め手は「都合の良い女」だったからだそう。

私自身、恋に悩む女性の相談をよく受ける事があります。その中でも「自分は相手にとって都合の良い女ではないか」という悩みもよく聞くのです。

その度に「ホント、好き勝手してるなぁ、男って・・」と思う事もしばしばありました(笑)。私も同様に振り回された経験があるので、そこら辺はとても敏感でもあります(笑)。

ですがこの方のお話を聞くにつれて「捉え方の違い」とまで考えるようになりました。男女が捉える「都合の良い女」は実は微妙な違いがあるのではないかと。では「都合の良い女」って一体何なのでしょうか?紐解いてみます。

会うのは何時も彼の都合の良い時間。

この嘆きよく耳にします。それって自分は二股かけられているのではないかとか疑いたくなりますよね。ですが男性からすれば「会いたい時に会えないと意味がない」そうです。

そもそも都合が良くなっただけでも運命と思った方が良いのかも知れません。世の中にはたくさんの男女で溢れています。人それぞれ仕事や環境も違う訳で。時間の過ごし方も十人十色。一生を考えるとデートをする時間や人数は必然的に限界があります。

そんな時でも、わざわざ自分の時間を割いてまでも会ってくれる女性は貴重だし、非常に嬉しいものだと。だいたい相手の都合と合わなければ、会う事自体困難な話ですよね。忙しい男性と付き合っている女性ならなおさらです。

会えなければ恋愛にも結婚にも発展しません。それにほんの数時間でも自分の為に会ってくれるのって素敵な事ではないですか?

会うたびに体を求めてくる彼。体だけが目当てなの?

確かに会う度に体だけ求められたら傷つきますよね。ですが、本当に体しか興味ないのなら、そもそも1回きりしか会わないし、何度も会いたいとも思わないそうです。

なので彼からのお誘いがあっていつも体だけを求めたれると感じても決して遊びではないという事。男性にしてみれば「女性なら誰でも良い」という訳ではないのです。

やはり気になる人と結ばれてみたいものです。そもそも体の相性が合うだけでも素晴らしい話ではないですか。

危険なのは彼の方から全く誘われない、むしろ約束はいつも私から、それでいて体のみといった関係のパターン。それは良くない意味の「都合の女」です。そもそも彼からのお誘いがない=自分の事を思い出してくれていない。という事なのですから。

まだ誘われるだけでも自分の事を思い出している証拠。良い方です。本当に体だけが嫌なら彼にしっかりその事を伝えるのも大事。それによって相手がどのような対応をするかで遊びか本気かを見極めのポイントでもあります。

人から「それって遊ばれているよ」と言われた

そもそも恋愛に法則などないと思っても良い気がします。二人で楽しむものであり、そもそも二人の事なのですから。

多少の問題があって、その度に友人などの相談すれば必ず良くない言葉も耳にします。意外にも人は、相手のテンションによって意見を変える生き物でもあります。

自分が「彼に遊ばれているかも」とテンション低く相談すれば、相談された人も「この子遊ばれているんだ」と察知します。それに人に話す事により自分の価値観が崩れます。特にマイナスは話はなおさらです。恋愛に「こうするべき」などないのです。

本来なら上手くいっていた関係でも、他人の何気ない一言で自分のテンションも悪い方向へと捕らえてしまいその結果、相手を信じる自信さえなくなり別れてしまうという話もよく耳にします。そもそも他人は所詮不幸な話が好きなものです。

自分の稼いだお金は守るくせに、自分の恋愛をペラペラと話すのも考えものです。人の意見やマニュアルはあくまでも「人の事」として割り切りましょう。

恋愛はそのマニュアルとしているのではないのです。どうしても気になるなら直接彼とコミュニケーションを。

この記事をシェアする

関連記事