• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

立食パーティーで差がつく!上品な振る舞いとは?

Date:2013.11.14

パーティーや同窓会で立食ビュッフェの機会って結構ありますよね。食べ放題だからついつい、お皿にあれもこれも取ってしまいがち(え?私だけですか?)。ここで上品なマナーを押さえておきましょう。周りの印象がぐんと変わってきますよ。

服装の選び方

あらかじめ、立食パーティーと分かっているのであれば、服装選びにもいくつかのポイントがあります。

まずは、歩きやすい靴。お料理をもって履きなれない靴で転んでしまっては大惨事です。そして、お料理を取る際、袖口や洋服の飾りなどが、お料理についてしまわないようなデザインの服を選ぶことです。

テーブルでコース料理を食べるパーティーとは、体の動きがかなり違ってくることを、念頭に置いておきましょう。

また、ちょっぴり余談ですが、立ち姿が常に見える状態になってくるので、ストッキングやタイツは伝線しにくい丈夫なものを選び、おなかがポッコリ出て見えてしまうデザインのワンピなどは、できれば避けましょう。

会場での歩き方

どんなお料理があるか見てみたい!という気持ちは分かりますが、ほかの人が取っている後ろから覗き込んだりするのはNG。順番に並んで、流れに沿って進みます。

これしか取らないから!といって横入りは絶対に厳禁。誰も並んでいない場合以外は、列に並んでお料理を取りましょう。

食べ物の取り方

美味しそうなお料理がずらりと並び、思わず全種類!とばかりに取りたくなりますが、ひとつの皿に乗せるなら、前菜系は3種類まで、メイン料理は2種類までが限度です。

温かい料理と、冷菜を同じ皿に取ったり、前の料理のソースが残っている皿に新しい料理を盛ったりするのは、作り手に対するマナー違反。美味しく食べられるよう、ひと皿ごとに新しいものを使いましょう。

食べ放題だからといって、取った料理を残すのも良いマナーとは言えません。自分の食べられる分だけ取って、綺麗に食べ切りましょう。

ドリンクの持ち方・飲み方

グラスは出来るだけ、片方の手を底に添えて持ちます。ペーパーナプキンを下半分に巻いて持つと、水滴がたれたり、水滴で滑って落としたりすることを防げますよ。

パーティーの過ごし方

顔見知りの人、あまり知らない人、たくさんの人が集まりますが、基本的には、同じパーティーに出席している時点で、なんらかの共通点があり、招待されていることになります。会場内で目があった人には、笑顔で会釈をするようにしましょう。

そもそも、会場全体でコミュニケーションをとるために、主催者側が立食パーティーのスタイルにしているのですから、同じメンバーだけで、初めから終わりまでずっと固まってお喋り…というのもあまり素敵なふるまいではありませんね。

なかなか交流できない人と気軽に話せる、滅多にないチャンスです。フレンドリーなオーラで、色々な人との会話を楽しんでみましょう。気さくで、コミュニケーション力の高い女性は、かなり好印象ですよ。

立食パーティーの目的は、お料理ではなく、コミュニケーション!それを忘れずに、ぜひ楽しんでくださいね。

この記事をシェアする

関連記事