• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

リバースケアの効果とやり方。順番を変えるだけでツヤ髪へ!

Date:2018.02.08

毎日髪のケアをしているのに傷みやパサつきが目立つ…そんな悩みを抱えていませんか?

髪の悩みを解消するためにぜひ試してほしいのが、リバースケアです!

普通はシャンプーの後にトリートメントをしますが、リバースケアはその逆でトリートメントを先に行なうケアのことです。

順番を変えるだけでなので、自宅でも簡単にできるヘアケアとしておすすめです。

「髪は女の命」とも呼ばれるほど、女性の印象を左右します。リバースケアでツヤツヤの髪を手に入れましょう。


リバースケアでは先にトリートメント、後にシャンプー

リバースケアでは先にトリートメントをし、後にシャンプーをします。通常とは順番が逆のため、日本語で「逆・反対」を意味するリバース(reverse)と名前に付いています。

先に髪へ油分を与えるため、シャンプー時の髪へのダメージを減らし、汚れも浮き立ちやすくなります。

更に乾いた髪にオイルトリートメントを行なうと、美容成分が髪の毛へしっかり浸透する効果も期待できます。

普段トリートメントをしているなら、順番を変えるだけのヘアケアです。今日からでもすぐにできるので、ダメージヘアで悩んでいる人は試してみてください。

リバースケアはダメージを受けた髪の改善におすすめ!

リバースケアは下記のような髪に悩んでいる方におすすめです。

  • 髪がパサつき、まとまらない
  • 乾燥している
  • 枝毛や切れ毛が気になる
  • ヘアカラーやパーマで傷みが目立つ
  • 髪が細い
  • くせ毛
  • 髪の毛が絡まりやすい

髪は紫外線や乾燥、静電気、ドライヤーの熱などの影響により、日々ダメージを受けています。カラーリングやパーマも髪が傷みやすくなります。

リバースケアでダメージから髪を守り、傷みがひどくなる前に少しずつ改善しましょう。

髪へ油分を補い、シャンプー時の摩擦を防ぐ効果が!

紫外線や乾燥などで髪の毛内部の水分や油分が不足してしまうと、髪が傷む原因へ繋がります。

また、シャンプーも髪がダメージを受ける原因の1つです。髪が濡れ、髪同士がこすれて摩擦が加わるとキューティクルが剥がれてしまい、髪が傷みます。傷んだ髪の内部から水分が蒸発すると乾燥し、パサつきや枝毛などが目立ってしまいます。

リバースケアでは油分を補いながら、シャンプー時の摩擦を防ぐ効果があるとされています。更にオイルトリートメントでケアすると髪の内部へ成分が入り込み、髪質が改善しやすくなります。

他にもリバースケアには

  • ヘアオイルやトリートメントの成分が髪に浸透する
  • ワックスなどのスタイリング剤と油分が混ざり、落としやすい

などの効果が期待できます。

シャンプーの後にトリートメントをしている方は、今使っているものでできるため、特別な費用が掛からないというメリットもあります。シャンプーとトリートメントの順番を変えるだけなので、難しくないヘアケアなのも嬉しい点です。

アウトバストリートメントを使う、リバースケアのやり方

リバースケアは「先にトリートメント、後にシャンプー」が基本的なやり方です。更にアウトバストリートメントを組み合わせると、髪にもっと潤いを与える可能性が高まります。

アウトバストリートメント
アウトバスケア用のトリートメントです。ワックスや寝癖直しウォーターなど、洗い流さないタイプのトリートメント全般を指します。
「インバスケア」がお風呂の中で行なうヘアケアなのに対し、「アウトバスケア」はお風呂上がりやお風呂前など乾いた髪に行なうヘアケアを指します。

ここではアウトバストリートメントを使った、リバースケアのやり方をご紹介します。

1.ブラッシングで髪の絡まりや汚れを除く。優しく丁寧に

まず最初にブラッシングをしましょう。リバースケアに関わらず、シャンプー前にブラッシングするのは大切なポイントです。

  • 髪の絡まり
  • 付着しているホコリや汚れ

これらをブラッシングで丁寧に取り除きます。ブラシに髪が絡まる場合には無理にとかさず、絡まりを手でほどいてからブラッシングしてください。

髪の生え際から放射線状にとかしましょう。ブラシは豚毛などを使った、柔らかいものがおすすめです。

オイルやトリートメントが染み込みやすくなるため、ブラッシングは欠かせないケアです。リバースケアでも怠らずにブラッシングしてくださいね。

2.アウトバストリートメントをなじませる。おすすめはオイル!

アウトバストリートメントにはオイルタイプ、ミルクタイプ、ミストタイプなどいろんな種類があります。リバースケアに向いているのは、オイルタイプです。

オイルタイプのトリートメントは髪をコーティングしてツヤを出し、強いダメージを受けた髪に適していると言われています。

手のひらにオイルを数滴垂らし、広げます。オイルの量の目安は

  • ショートヘア→1〜2滴
  • セミロング→2〜3滴
  • ロングヘア→3〜4滴

とされていますが、髪の量や長さで変わります。使用するオイルに適量が記載されている際は、指示された量を使いましょう。

乾いた髪の毛先やダメージが気になる所へオイルをもみ込み、なじませます。

  • 乾燥
  • ゴワつき
  • パサツキ

このような状態が気になる場合には、髪全体へオイルをなじませましょう。

髪に美容成分や潤いが浸透するよう、10〜20分ほど置きます。乾いたタオルを巻くと、オイルに配合されている成分が染み込みやすくなりますよ。

流さないタイプのヘアオイルには様々なものが販売されていますが、おすすめは天然オイルです。

  • ホホバオイル
  • 椿オイル
  • あんず油

などの天然オイルは、頭皮や髪と相性が良いとされています。油分だけではなく、ミネラルやビタミンなども髪へ与えてくれます。どのオイルを使うか迷ったら、天然成分配合のオイルを使ってみるのも良いでしょう。

3.トリートメントを重ねる。乳化させてお湯で落ちやすくする!

オイルをもみ込んだ髪をすぐにシャンプーすると、油分を落とすことができずベタつくことがあります。オイルにトリートメントを重ねると乳化し、油分がお湯で落としやすくなります。

乳化
本来は混ざり合わない、水分と油分が均一に混じった状態のことです。乳化の作用によりお湯でも髪についた油分が落ちやすく、ベタつきを減らせます。

普段お使いのトリートメントを、オイルを含んだ髪に重ねます。

ただし、トリートメントが頭皮につくと毛穴に油分が詰まりやすいため、なるべく髪だけにつけてください。トリートメントをつけた後は、放置時間に従っていつもと同じように時間を置きましょう。

4.軽めに洗い流す。38〜40℃のお湯で2〜3分かけて洗おう!

シャンプーの前に、お湯で軽めに洗い流します。オイルやトリートメントを完全に落とすのではなく、髪にヌルつきが残る程度で良いです。

熱いお湯は髪や頭皮が乾燥する可能性があるため、38〜40℃のお湯で洗い流しましょう。2〜3分かけて洗い、時間はあまりかける必要ありません。

お湯だけで油分を全て落としてしまうと、シャンプー時の髪同士の摩擦や絡まりを防ぐ効果が弱まります。

ヌルつきがなくなった場合、洗いすぎです。リバースケアの効果を得るためにも、無理して髪についた油分を落とさないよう注意してください。

5.シャンプーして、しっかりすすぐ。指の腹で優しくマッサージ

シャンプーを手でよく泡立ててから髪にのせ、毛先から根元へ向かって洗いましょう。髪全体を洗ったら、指の腹で優しくマッサージするように頭皮を洗います。爪は立てないようにしてください。

頭皮は刺激に弱いため、爪を立てて洗うと傷つきやすくなります。髪を乾かした後、頭皮が乾燥する原因にも繋がります。

頭皮を指の腹でマッサージして洗うと、毛穴に詰まった皮脂も落ちやすくなります。頭皮がべたつかないよう、丁寧に洗いましょう。

シャンプー後はしっかりすすぎ、頭皮に泡が残らないように洗い流してください。

  • 髪の傷みがさほど気にならない
  • トリートメントを使うと髪が重くなりそう

このような方は、シャンプーを洗い流したらリバースケアの終了です。

6.再度トリートメントする。髪のダメージがひどい方におすすめ!

髪のダメージがひどい場合には、シャンプーの後にいつもと同じようにトリートメントをします。髪のまとまりを良くしたい方も、トリートメントしましょう。

シャンプー前に使用したトリートメントと同じものを再度使います。トリートメントを髪につけ、5分ほど置いてお湯で洗い流しましょう。

蒸しタオルで髪を包むと、髪の内部へトリートメントの成分がより行き渡りやすくなります。頻繁にヘアカラーをしたり、枝毛やパサつきが気になったりする方はぜひ試してみてください。

リバースケアは週1〜2回!毎日ケアしたい方はオイル省略で

オイルを使ったリバースケアは、週1〜2回がおすすめです。毎日行なうと油分が多過ぎるため、髪がベタついたり重くなったりします。

毎日リバースケアをしたいなどの場合には、アウトバストリートメントを省略するやり方もあります。

  1. ブラッシングをする
  2. 髪を濡らしてから、トリートメントをなじませる
  3. お湯で軽めに洗い流す
  4. シャンプーし、しっかりすすぐ

このようにトリートメントを先にしてシャンプーするだけのリバースケアでも、髪の摩擦や絡まりを防ぐ効果は十分期待できます。

椿オイルなどのアウトバストリートメントを省略するリバースケアは

  • オイルを使ってリバースケアをしたが、ベタつきが気になる
  • 髪にオイルをつけるのは抵抗がある
  • リバースケアを試してみたい
  • 時間をかけずにヘアケアしたい

という方にも向いています。上記のやり方でパサツキなどのヘアダメージが改善しない場合、オイルを使ったリバースケアに変えてみる…という方法もおすすめですよ。

シャンプーの順番を変えるだけの手軽なリバースケアでツヤ髪へ!

リバースケアはシャンプーとトリートメントの順番を変えるだけなので、すぐ試すことができるヘアケアです。

ヘアオイルを使ったことがなくても、髪にオイルをなじませて時間を置くだけなのであまり難しくありませんよね。

オイルを使わない、アウトバストリートメントを省略したリバースケアもおすすめです。いつもとは順番が違うため、髪にも違う効果が見られるはずですよ。

  • オイルを使った週1回のリバースケア
  • 毎日続けたいオイルなしのリバースケア

まずは、どちらか試してみましょう。髪へのダメージを防ぎながら、美容成分や潤いを与えてくれます。髪のまとまりが良くなったり潤いが出てきたりと、髪に嬉しい効果が期待できます。

簡単で手軽なリバースケアで、ツヤ髪を目指しましょう!

この記事をシェアする

関連記事

コメント