• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

寒い冬、外国人の彼と一緒に観たいおすすめのロマコメ映画ベスト3

Date:2014.04.11

女性が好きなロマンチックコメディ、略して「ロマコメ」。「コメディ要素のある、女性向きに作られたラブストーリー」といった定義になると思います。

私もロマコメが大好きで、好きな作品は何回でも観るし、「彼とも一緒に見たい!」と思う方です。でも、男性はやっぱりアクションやサイエンスフィクションと比べると、ロマコメを避けがち。

今回は、あまりロマコメ好きではない男性でも、一緒に観たら満足間違いなしの3本をお伝えしたいと思います。

主役4人の演技が光る「ホリディ」

「ホリディ」には、日本人に人気の女優キャメロン・ディアスが出演しています。

キャメロン・ディアスとケイト・ウインスレット(「タイタニック」のローズ役でおなじみ)がクリスマス休暇中にお互いの家を交換して住むという「ホーム・エクスチェンジ」を題材にした映画です。

失恋した2人が見知らぬ土地で人に出会い、大切なものを見つける…といった内容で、女性にとっては、①キャメロン主演②キャメロンの相手役のジュード・ロウがカッコいい③景色や音楽がきれい、といったポイントがツボを押さえてくるわけですが、この映画は男性にウケる要素もしっかり持っています。

それは、①コメディの要素がしっかり入っている②ただ単にカッコイイ男が登場してくるのではなく、男の登場人物の心理描写や情けなさもしっかり描かれている③でもやっぱり、キャメロン主演は大きい(キャメロン・ディアスは男女共に人気が高い稀な女優だと思います)、といったところでしょうか。

観終わった後に心がホッコリするような温かい感じの映画ですが、ちゃんと笑えるところもあり、男性も飽きずに観ることができると思います。

ちょっと下品くらいが面白い「ふたりのパラダイス」

海外ドラマ「フレンズ」のレイチェル役でおなじみのジェニファー・アニストンと、アメリカンコメディ常連のポール・ラッド主演のロマコメ。都会派夫婦の2人が仕事をクビになり、ひょんなことからヒッピー達と暮らすことになる…というストーリーです。

ぶっ飛んだヒッピー達、彼らと暮らすことによって自分を解放していくジェニファー・アニストン、何をしてもカッコよくないポール・ラッド。

ちょっと下品な下ネタもこのぶっ飛んだ話にはすごく合っていて、むしろ「感動するロマンス」を求める女性よりは映画を観て思いっきり笑いたい男性向きと言ってもいいかもしれません。観終わった後、元気になれますよ。

元祖アラサー応援映画「ブリジット・ジョーンズの日記」

いまさら、という感じがしないでもないですが、実はけっこうこの映画をまだ観ていない男性が多いようです。

というのも、アメリカやイギリスでは社会現象になり、「イタイ女のグチ物語」みたいな印象を持っていて今まで避けて観ていなかった男性が少なくないみたいなんですよね。

でも、実際に外国人男性に観てもらうと、「面白かった!」「リアルすぎてちょっと切ない!」「ブリジットがかわいそうだけど可愛い!」といった声がたくさん。

ロマコメが陥りがちな「ありえないだろ、そのできすぎの展開」みたいな無理矢理感がなく、そのリアルさに吸い込まれるように観てしまう、というところが魅力のようです。

まだまだ寒い日が続き、家で映画デートでもしようか、ということになったら、これらのロマコメを一緒に観て一緒に笑ってくださいね。

この記事をシェアする

関連記事