• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

突然彼が来ても困らない部屋にする片付けのステップ

Date:2013.01.23

彼や、気になる人、友達が家に遊びに来たいというたびに家中大掃除となると遊びに来てもらえるのはうれしいのだけどなんだか疲れますよね。

簡単ステップで簡単すっきりした部屋になり、日々5分~10分の作業できれいな部屋をキープできます。急に彼が来ることになっても10分でさっと片付けられれば、いつでもどうぞと笑顔にいえるようになりますよね。

ステップ1 物を減らそう。

まずは物を減らしましょう。使わないもので部屋があふれていませんか?読まない本、着ない服、食べない食料品をまず片付けましょう。リサイクルするもよし、誰かにプレゼントするもよし、行き先の決まらないものは潔くゴミ箱に捨てましょう。

その時に何を捨てたのかは「ごめんなさい」の気持ちとともに心に刻んでおきましょうね。その気持ちがないとまた同じようなものを買って使いきれずに捨ててしまうことになりかねません。

ステップ2 定位置をきめよう。

片付けが苦手なひとは完璧にしすぎる傾向にあります。キッチンだけがピカピカな部屋より、まんべんなくきれいな部屋のほうがいいですよね。きれいに並べたりしなくてもカゴに無造作にいれても構いません。まずは部屋にあるものの定位置を決め、床が見える状態からはじめていきましょう。

ステップ3 カーテンで隠す。

定位置がきまってすべてのものが床以外の場所に片付いたら、無造作に見える場所をカーテンで隠してしまいましょう。本棚や、カラーボックスならサイズを合わせた布を買ってきて画鋲でとめるだけで十分です。それだけで雑然としたイメージがなくなります。

ステップ4 出かける前と寝る前は床のものを片付ける。

ここからは日々の習慣にしてほしいものです。まず、出かける前と寝る前は床のものを片付ける。定位置を決めてありますので出かける前と寝る前には床に物がないようにしましょう。きれいに片づけられなくてもとりあえず定位置のカゴの中に入れるだけでもOKです。

帰ってきたときや起きた時に床がみえるほうが気持ちいいですよね。寝る前に片付ける習慣がつけば、朝はほとんど何もしなくてもいいはずです。化粧品を並べなおすくらいでしょうか。

また、寝る前にだらだらテレビを見ている時間に手の届く範囲で、定位置にないものを1つでもいいから定位置にもどすのもいいでしょう。

ステップ5 週に1回掃除をしよう。

ステップ4までができるようになれば常に床が見えている状態がキープできます。そこに週に1回掃除機をかければ完璧です。そうしていると急にお客さんが来ることになった時でも、さっと床掃除用のシートなどをかけるだけで十分です。

もし朝散らかったまま片付けていなくても定位置に戻す作業を合わせても5分もかかりません。あとはベッドの布団をきちんと直したり、目隠しカーテンがちゃんとかかっていたりするかを確認するだけですね。

ぜひこの5つのステップを少しずつでもいいのでチャレンジして、日々きれいな部屋をキープしませんか

この記事をシェアする

関連記事