• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

くすみを解消して若返りを目指すベースメイクのカギはバラ色下地

Date:2014.12.10

年齢とともに顔全体にシミ、くまが増えると、お顔全体が、くすみがかった印象になってしまいます。

肌トラブルを隠して陶器肌になりたい、と思っても、ファンデーションだけでは、色ムラカバーは不十分です。

そこで今回は、コントロールカラーを使用した「くすみをカバーする若返りベースメイク術」を紹介します。

化粧下地の選び方・使い方さえマスターしてしまえば、多少のトラブルは、ほとんど気にならなくなるはずです。

ベースメイクをしっかりしておくと、上のメイクがきれいにはえます。

ナチュラルメイクでもしっかりメイクでも、ベースメイクの基本は同じ。

土台がきれいに仕上がっていないと、どんなメイクも今ひとつあか抜けません。

知っていると必ず役立つ基本のコントロールカラー・下地の使い方、ぜひマスターして頂ければと思います。

くすみカバーにイエロー系下地をおすすめできない理由

「くすみが気になる方はイエロー系の下地」、そんなことを耳にしたことがある方もいるでしょう。

クマのカバーやシミ隠しにも、よく利用される下地の色です。

イエロー系下地は顔の凹凸をなくして、フラットな状態に見せる効果があるので、間違いではありませんが、やや血色がなく、元気がない印象になってしまうのが残念。

その上にファンデーションを重ねると「いかにも塗っています」という印象になるので、余計に老け顔に見えてしまう可能性が。

アンチエイジングメイクを目指す方が利用するときには、本当に自分にあっているか、気になるところをカバーできているか、慎重に検討する必要があるかと思います。

若返りベースメイクを考えるならバラ色下地に挑戦

では、くすみを解消して、若返りを目指すのにおすすめの下地の色は何色か?

個人的には、ローズ系の下地が最も適していると考えます。

ローズ系下地は、血色のいい顔に見せる効果があり、ふんわりとした優しい印象を作ってくれる優秀アイテム

ファンデーションの前に仕込んでおくと、ぽっと高揚したような若々しい素肌に見せてくれます

選ぶときのポイントとしては、

  • 薄づきでさっと肌になじむこと、
  • つけた時に潤いを感じること、
  • お肌より少し明るめのトーンを選ぶこと

「ローズ」と一口に言っても、アイテムごとに微妙な色の違いがあるので、メイクカウンターで肌に乗せた時の発色を確かめた上、購入することをおすすめします。

ローズ系下地でくすみを隠すベースメイク手順とコツ

最後にローズ系の下地を上手につかいこなして、くすみを隠すベースメイクの手順とコツを3ステップで紹介します。

ステップ1 化粧水パックで毛穴引き締め

下地を塗る前に、冷蔵庫で冷やした化粧水をコットンにしみ込ませ、パックをして毛穴を引き締めます。

メイクを長持ちさせたいなら、こってりとした保湿化粧水より、さっぱり系の美白化粧水が活躍します。

くすみがちな目元、メイク崩れしやすいTゾーン・Uゾーンを中心にパックをして、毛穴をカバー、お肌のキメを整えてあげましょう。

ステップ2 顔の中心にローズ色の下地をのせる

「ベースメイクは、顔全体に均一に塗るもの」、そんな思い込みはありませんか。

くすみをカバーするときに重要なのは、顔の中心を明るく見せ、メリハリをつけながらトーンアップしていくこと。

こめかみ、ほほ、あご先を結ぶ二等辺三角形の面にだけ下地を塗ります。

ポイントは、人差し指、中指、薬指の3本だけを使って、顔の表面を優しくなでるように、のばしていくこと。

乾燥肌で滑りが悪いようなら、少しだけ化粧水を混ぜ、途中で指がとまらないように気をつけながら、下地をしっかりなじませます。

ステップ3 化粧用スポンジでパッティング

さいごの仕上げに化粧用のスポンジでパッティングして、完璧な仕上がりを目指します。

ムラになった余分な下地を吸い取るだけでなく、皮脂を抑える効果もあって、この一手間でベースメイクの持ちが段違い。

強くこするとよれてしまって逆効果。肌を優しく押さえこむようにスポンジをあててあげるといでしょう。

カバーメイクというと、ついコンシーラーやファンデーションに頼りたくなりますが、今回紹介した下地テクニックを試していただくだけで、随分顔色が明るく、きれいに見えると思います。

ナチュラルメイクの場合は、ファンデーションは使わずに、下地の上からフェイスパウダーを重ねるだけで十分。

パールの入ったハイライトを少しいれてあげると、よりナチュラルで明るい素肌に見せることが可能です。

カバーメイクに、ファンデの厚塗りはもう卒業。ローズ色の下地をつかったくすみ解消、素肌メイク、早速明日からでもはじめてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事