• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

アロマ効果と美肌効果が嬉しいローズウォーターの簡単な作り方

Date:2014.08.04

「綺麗なバラにはトゲがある」と美し過ぎてチョット近寄りがたい雰囲気を持つ女性を表す言葉ですよね?

ローズは美の象徴でもあるのと同時に、その包み込まれるような香りは男女を問わずに魅了し、“媚薬”的な効果も有る事から多くの香水やボディークリームなどにも使われ、とくに私達女性に取っては近寄りがたいどころか、とても身近な香りの1つでもあるのです。

しかも、ローズはローズオイルにローズウォーターとして、女性の美しさを全面的にバックアップしてくれる万能スキンケアだったのをご存じでしたか?

知られざるバラの美容効果

保湿クリームや美容液の原材料にローズの文字を見ても「ただの香り付けのため…」と思い込んでいませんか? 実はバラにはビタミン、ミネラルや抗酸化作用も含まれており、バツグンの美容効果が隠されているのです。

アンチ・エイジング効果

ローズエッセンシャルオイルをアンチ・エイジング美容液として使うと、保湿効果があるのは勿論、バラの花びらに含まれている糖質のお蔭で更にお肌をスムースに、そして柔らかくしてくれる作用があるのです。

大人ニキビ対策

ナチュラルな殺菌作用、そして収れん効果も期待できるローズは大人のニキビ予防や改善にもひと役かってくれるようです。

市販のアルコールが主成分の収れん剤は大人の肌には刺激が強く、乾燥、乾燥によるシワの原因にもなるのです。エッセンシャルオイルをほんの米粒程度つかうか、夏場や油浮きが気になる時にはローズウォーターを化粧水として、あるいはメイク落としに使って肌を清潔に保ち、大人ニキビを改善し、防ぐ事が可能なのです。

殺菌・収れん効果と言えば、ニキビだけではなく、広がった毛穴や毛穴の黒ずみも勿論、解消できますよ。

肌の調子を整える

ローズオイル、ローズウォーターの良いところはオイリー肌、乾燥肌、混合肌を問わずに使用できるところです。しかも、抗炎症効果もあり、肌の赤みやアトピー性皮膚炎の改善にさえ用いられることも多いのだそうです。

朝の洗顔の際に普通の水道水で洗う代わりに、コットンを使ってローズウォーターで顔を拭き、その後少量のエッセンシャルオイルで保湿をして、油浮きや乾燥を防ぎ、肌の調子を整えましょう。

ホワイトニング効果も期待

寝不足、アルコールの飲み過ぎ等で翌朝、目の下にクマ、黒い黒ずみなんて時にもローズウォーターをコットンに浸み込ませてパッティング後、少しコットンを置いておくと、肌の色を改善させてくれます。

それに、ローズにはビタミンCも含まれているので、美白効果も期待できます。ローズウォーター&エッセンシャルオイルでこの夏の美白対策はいかがでしょうか?

お手軽かんたんローズウォーターの作り方

ローズエッセンシャルオイルは通販、コスメ売場などで簡単に手に入るので、ここではローズウォーターの簡単な作り方をご紹介します。

用意する物:

  • 精製水
  • バラの花びら(使用する直前に摘む)
  • フタ付きナベ
  • ガラス製のボウル(鍋に入る大きさ)

バラ100gに対して蒸留水600ml(ccでも同じ)程度が目安です。

ステップ1:鍋に花びらを入れ、精製水を注ぐ。
注:水が多過ぎるたり花びらが少なすぎると成分が薄れるので適度に調節

ステップ2:花びらの上からボウルをのせ、その中に重石になる物を入れ、浮かない様にする。
注:ボウルの重さも考慮にいれて精製水の量を決める

ステップ3:蓋をして、弱火でゆっくりと煮立たせる。

ステップ4:煮立ったら火を止め、蓋をしたまま室温になるまで冷ます。

ステップ5:冷めたらザルなどで花びらを除き、煮沸消毒したボトルに入れる。

この作業も面倒? それでしたら、寝る前に適量の精製水に花びらを入れ一晩漬けておけば翌朝、即席ローズウォーターが出来上がっているのでそれで朝の洗顔をしてみてはいかがですか?

また、夏のメイク直しや油浮きを抑えるフェイススプレーとして使用したい場合は、小さ目のスプレーボトルに入れて携帯するのも良いです。

この他にも、入浴時にバスタブに入れてボディケアとしても、またシャンプー後に使うと地肌を清潔にそして保湿するのと同時に、もちろんローズのゴージャスなアロマも楽しめ、心身共に癒される事と間違いなしです。

ローズはアロマオイルとして精神を和らげる事で知られていましたが、実はスーパー美容液にもなるローズオイルとローズウォーター。これだけの効能が有る事が分かったのですから、美を追求する女性としては使わない手はないですよね。

また、補足としてローズヒップオイルはローズオイルとは別物なので、買う時はしっかりと確認してからにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事