• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

セレブやモデルの間でも人気!ローズウォーターの効能と使い方

Date:2015.11.26

shutterstock_318192572

世の中には驚くほど多くの種類の美容製品が出回っています。でも、実際に色々と試してみると、意外にも最強と思えるものは、小難しい化学物質でも薬品でもない、シンプルなものではないでしょうか?

そのシンプルで効果が高いものの一つとして、最近モデルやセレブなどにも注目されているのが「ローズウォーター」です。

ローズウォーターは主に外用として化粧品のように使われることが多いのですが、実は飲んで使用する方法も注目を集めており、その効果には目を見張るものがあります。

バラのあの薫り高さは、使う女性を正にお姫様のような、セレブのような、リッチな気分にさせてくれること間違いありません。貴女も一度ローズウォーターを試してみませんか?

シンプルなのに力強い!ローズウォーターの効能

shutterstock_63418948
ローズウォーターはその名前のまま、バラを水につけたり煮沸するなどの方法で作られるバラの水です。いわば、何も余計なものは入っていない、ピュアなバラの蒸留水となのです。

そう考えると、ローズウォーターは単に薫りが良いだけの水では…と思われるかもしれません。でも、女性に嬉しい効果が沢山なのです!ここではローズウォーターが肌、髪、そして目にそれぞれ与えてくれる効果をご紹介していきます。

ローズウォーターが肌に与えてくれる効果

ローズウォーターの効果を考えた時にまず第一に挙げられるのが肌への効果です。美肌を望む女性には正にうってつけと言えるその効果は、以下のようなものが主に挙げられます。

  • 肌のPH値を整え、健やかな肌を作り上げてくれる
  • ニキビや吹き出物、肌の炎症などを防いだり、改善してくれる
  • アトピー性皮膚炎の改善をし、かゆみを軽減してくれる
  • 日焼けなどで火照った肌、炎症を起こした肌を冷やして落ち着かせてくれる
  • 肌に栄養と潤いを与え、生き生きとした滑らかな肌を作ってくれる
  • 傷痕を薄くしてくれたり、怪我などの治りを早くしてくれる
  • 肌の調子を整えてくれる
  • 抗菌作用により、肌のトラブルを防いでくれる
  • 抗酸化作用により、肌細胞を強くしてくれ、更にはしわなどの肌の老化を防いでくれる
  • 頭皮に栄養を与え、健やかで強い髪の毛を作る手伝いをしてくれる

ローズウォーターが髪の毛に与えてくれる効果

女性にとって肌と引けを取らないほど気にかけるパーツである髪の毛。ローズウォーターは髪の毛と頭皮にも優れた効果を発揮してくれるのです。

主には以下のような効果が期待できます。

  • 軽度の頭皮の炎症を改善してくれる
  • 頭皮を健やかに保ち、細菌などを原因としたふけなどを防いでくれる
  • 髪の毛に潤いを与え、ドライヤーなどによるダメージも軽減してくれる
  • 頭皮のコンディションを整えて髪の毛を健やかに育てる(育毛効果)

ローズウォーターが目に与えてくれる効果

化粧水のような感覚で使うイメージが強いローズウォーターですが、実は意外にも目に使うこともできるのです。

合成保存料などが入っていない純粋なローズウォーターであれば、目に使うことができ、以下のような効果が期待できます。

  • 目の疲労をとってくれる
  • 目の炎症を抑え、腫れぼったくなった目を冷やしてくれる
  • 目の下のクマを防いだり改善してくれる
  • 目の感染症を防いでくれる

ローズウォーターのその他の効果

様々な効果があるローズウォーターですが、更には内服などの方法で、以下のような効果を期待することもできます。

  • 口臭、体臭予防してくれる(主に内服)
  • 血液をサラサラしてくれる(内服)
  • 香りによるリラックス効果

効き目抜群!ローズウォーターのおススメの使い方

shutterstock_232683034
ローズウォーターはとても万能。私たちの肌にも髪の毛にも目にもあらゆる効果を発揮してくれ、キレイ作りを手伝ってくれるものです。

では、具体的にどのように利用したら良いのでしょうか?ここではお勧めの使い方を一つずつご紹介していきます。

定番!保湿化粧水、ふき取り化粧水として

ローズウォーターの肌への効果を実感したいのであれば、やはり肌にそのままつけるのがお勧めです。洗顔した後の清潔な肌に、適量のローズウォーターを顔につけてあげればOKです。

ふき取り化粧水
コットンにしみこませて、優しくふき取ってあげましょう。
保湿化粧水
コットンにしみこませたもので軽くパッティングしたり、手のひらに直接取って顔にパッティングしてみましょう。

毛穴をしっかりと引き締めてくれ、肌をすっきり、しっとりと仕上げてくれます。アルコールなどの刺激物が入っていないため、安心してお使いいただけますよ。

しっとり潤い長持ち!保湿クリームとして

ローズウォーターは保湿効果が高いため、肌をしっとりさせたい時にお勧めです。そのまま使うことでもしっかりと肌は潤いますが、更にお勧めなのが、お手持ちのクリームと混ぜて使う方法です。

  1. 普段使っているフェイスクリームやハンドクリーム、ボディクリームなどを用意します。
  2. 手の平にクリームを適量とった後、数滴のローズウォーターを入れ、良く混ぜましょう。
  3. いつも通りに顔やボディなど、気になるところに優しく塗りましょう。

いつものクリーム以上により保湿効果が期待できますよ。なお、無香料のクリームを使うと、バラの香りを楽しむこともできますし、変に臭いが混ざらないのでお勧めです。

火照った身体に!日焼け後のローション代わりとして

日焼け止めを塗り忘れて外出してしまった、うっかりと日焼けをしてしまった…そんなこともありますよね。赤っぽくなって熱を持ってしまった肌はそのままにせず、ローズウォーターでケアしてあげましょう。

ローズウォーターをスプレーボトルに入れて、そのままスプレーしてあげるのも良いのですが、ひと手間かけてボディスプレーを作るのもお勧めです。

ここではタイ料理などでおなじみのホーリーバジル(ツゥルシー)を使用したスプレーをご紹介します。

  1. 計量カップ1杯のローズウォーターを用意します。
  2. ホーリーバジルを10枚から15枚ほど用意します。
  3. ホーリーバジルを一枚ずつ片手にとり、逆の手のひらで叩いて香りを出します。少しちぎると更に香りが出ます。
  4. これをローズウォーターに混ぜ、スプレーボトルに入れます。
  5. 日焼け後の火照った肌にたっぷりスプレーしてあげればOKです。

肌のかゆみをとってクールダウンしてくれる他、日焼け後の肌をしっとりと潤わせてくれ、日焼けによる老化防止にも効果が期待できますよ。

なお、作ったスプレーボトルは冷蔵庫で保管し、早めに使い切るようにしましょう。

プルプル、しっとりに!唇パックとして

ローズウォーターの保湿効果は肌だけでなく、唇にも使えてしまいます!リップのように保湿クリームに混ぜてつけてあげるのが手軽です。

更に、唇のカサカサが酷かったら、パックを作ってみましょう。

  1. 蜂蜜を小さじ半分ほど用意します。
  2. そこにローズウォーターを数滴垂らして、良く混ぜましょう。
  3. それを唇に塗ってそのまま少し置いてみましょう。
  4. 空気穴をあけたラップでカバーしてあげると、更に効果的です。

また、海外で人気の唇を自然なピンク色に仕上げるリップパックもご紹介します。日本ではそこまで出回っていませんが、もし大きなスーパーなどで赤ビーツを見つけたら是非試してみてください。

  1. 赤ビーツを小さく切ります。
  2. 日の光やオーブントースターなどでカリカリに乾燥させます。
  3. 乾燥させたビーツをすり鉢などで粉末状にします。
  4. そこにローズウォーターを垂らして混ぜて、トロッとした状態にします。
  5. それを唇に均等に塗って、そのまま15分置きます。
  6. その後洗い流すと、プルプルでピンク色の天然発色の唇が出来上がりです。

なお、赤ビーツは着色しやすいので、くれぐれも洋服や肌に付着しないようにしてください。少し面倒ですが、切る時にはゴム手袋を使うなどして、取り扱いには十分に注意してくださいね。

かゆいくて痛い嫌なブツブツに!ニキビのケアとして

ちょっと油断すると出来てしまうニキビ。このニキビもローズウォーターケアできてしまうのです。

  1. レモンを一つ用意し、綺麗な器に絞ります。
  2. そこに同量のローズウォーターを入れ、良く混ぜます。
  3. それをニキビやニキビ跡など、顔の気になるところに塗り、30分ほどそのまま置きます。
  4. その後、ぬるま湯で洗い流しましょう。
  5. 2-3週間続けると、ニキビ跡が薄くなったり、肌のコンディションが良くなるのが実感できるはずですよ。

なお、このパックは外出前には行わないようにしてください。レモンの特に皮に含まれるソラレンという成分には光毒性があるため、シミの原因となります。そのため、夜に利用し、しっかりと洗い流すことを心掛けましょう。

また、もう一つ、キュウリと蜂蜜を使ったフェイスパックをご紹介します。これも効き目がばっちりですよ。

  1. 顔をぬるま湯で洗顔し、タオルでパッティングして軽く水気を取ります。
  2. 冷蔵庫で冷やしたキュウリを5センチほど用意し、すりおろします。
  3. そこに蜂蜜を大匙2杯入れ、良く混ぜます。出来れば生蜂蜜がお勧めです。
  4. 更にローズウォーターを適量、パックがゆるくなりすぎない程度入れ、混ぜます。
  5. 顔にそのパックを塗ります。
  6. そのまま15分ほど置きましょう。
  7. ぬるま湯で落とし、通常通りのスキンケアをしましょう。
  8. 週に1回を目安に使用してみてください。

目が不快な時に…目の炎症抑制に

季節の変わり目など、目が何となく不快でしょぼしょぼしてしまったり、何か異物が入って真っ赤になってしまうなんてことがあります。そんな時には抗菌効果が高いローズウォーターで目のお手入れをしてみましょう。

  1. 器に水を入れます。
  2. そこにローズウォーターを数滴たらし、良く混ぜます。
  3. その水で目を丁寧に洗います。手の平ですくい、その水に目を入れてぱちぱちとすると洗いやすいです。
  4. もし洗いにくいようでしたら、コットンボールにその水を付け、注意しながら目を優しくぬぐう様にしても良いでしょう。

炎症を起こして腫れぼったくなってしまった目がすっきりとなるはずです。是非試してみてくださいね。

目を酷使した後に!疲れ目解消に

仕事でもプライベートでも、パソコンやスマホなどの電子機器を常に使っているという方は多いはずです。パソコンなどのブルーライトは目に負担をかけ、疲れ目を引き起こしてしまいます。

そんな時には目をローズウォーターで労わってあげましょう。

  1. コットンボールを2個用意します。
  2. コットンボールを器に入れ、ローズウォーターを多めにコットンにかけて、たっぷりとしみこませます。
  3. コットンを一つずつ瞼にのせ、そのまま10分ほど置きます。
  4. 最後に軽く目の周りをコットンでふき取りましょう。

または、ローズウォーターを目薬として使う方法もあります。これは目をリラックスさせることができる他、渇き目を防いだり、目の中の汚れを取り除く効果もあります。

  1. ベッドの上やカウチの上などに快適なポーズで仰向けになります。
  2. ローズウォーターを両目にそれぞれ2-3滴ずつ垂らします。

老け顔にさようなら!嫌な目の下のクマ解消に

ちょっと疲れると目の下にクマが出来てしまうことって良くあります。これは中々厄介で、1日だけでなく、何日間も消えないなんてことはざらです。完全にそこに居座ってしまい、メイクで隠すしかない…なんて悩みを抱えている方もいるのではないでしょうか。

このクマがあるだけで、顔は暗いイメージになり、年齢よりも老けた印象を与えてしまいます。そこで、ローズウォーターで解消してみましょう。

  1. 冷たい牛乳とローズウォーターを同量の割合で混ぜ、コットンボールを浸します。
  2. クマの気になるところにコットンを置き、少なくとも10分間そのままにします。
  3. 毎日3-4週間続けるようにしましょう。クマが薄くなり、気にならなくなります。

美しく艶やかな髪を目指せ!ヘアケアに

ローズウォーターには髪の毛をしっとりとさせ、更に健やかに保つ効果があります。簡単なのは、シャンプーをローズウォーターで割って、そのまま洗う方法です。

また、シャンプーをすすぎ落した後に、ローズウォーターをカップ1杯かけて仕上げると、髪の毛がしっとりとまとまるようになるほか、ほんのりとバラの臭いが漂う髪を作り上げることが出来ます。

後は、ローズウォーターに蒸留水を入れて薄めたものを髪の毛にスプレーし、ブラッシングスプレーとして使うのもお勧めです。ホホバオイルやグリセリンなどを少し垂らすと、更に潤いが増しますよ。

内側から癒されながら香る女になる!飲用として

ローズウォーターは外用で使うことが殆どですが、オーガニックのものなどは飲用でも使われることがあります。最近は飲む専用のローズウォーターも売られています。

スティック状のパッケージで水に混ぜていつでも飲めるというタイプも人気です。食後などにリフレッシュしたい時、リラックスをしたい時等に飲んでみましょう。

続けて飲むことで、体臭や加齢臭などにも効果を発揮してくれますよ。

もう臭うなんて言わせない!口臭予防として

飲むのはちょっと…という方は、歯磨き後、ローズウォーターを口に含んで、マウスウォッシュ代わりに使ってみましょう。口臭が解消されるのでお勧めですよ。

手作りも可能!ローズウォーターの作り方と選び方

shutterstock_181951556
色々と使うことが出来るローズウォーター。早速毎日のケアに取り入れてみたいものですよね。でも、市販のローズウォーターは、残念ながら、どれも同じというわけではありません。

そこで、安心を考えるのなら、手作りをするか、安全なローズウォーターを選ぶようにしましょう。

簡単!ローズウォーターの作り方

ローズウォーターは作り方が何種類かあります。ここでは中でも気軽に簡単に出来るローズウォーターの作り方をご紹介します。

  1. 蒸留水を計量カップ2杯用意し、鍋ややかんなどで沸かします。
  2. オーガニック(無農薬栽培)のバラの花びらを計量カップ1杯用意し、ガラスのボウルに入れます。オーガニックではない場合は花びらをしっかりと水で洗っておきましょう。
  3. 熱湯を花びらの上にかけるように入れます。
  4. 埃などが入らないように布やお皿、器などでカバーをします。
  5. そのまま30分放置します。
  6. 他のガラスのボウルにガーゼをかぶせ、そこに花びらが入ったお湯を流しいれて、濾します。
  7. 濾した後の液体を蓋付きのガラスのボトルに入れたらローズウォーターの出来上がりです。
  8. 冷蔵庫の中で1週間程度保存することが出来ます。早めに使う様にしましょう。

手軽に始めるなら市販のものを!ローズウォーターを選ぶコツ

いくら簡単と言っても、中々自分でローズウォーターは作れない…そんな方も多いことと思います。やはり、手軽に始めるのならば、市販のものを購入するのが一番です。

でも、どのようなものを選べば良いのでしょうか?ポイントとして挙げられるのは以下のようなものです。

  • 使用されているバラが農薬などを使っていないオーガニックのもの
  • 原材料は水とバラのみで、他の添加物が入っていないこと
  • 色が鮮やかではないもの(無着色のもの)
  • 水は出来る限り蒸留水であること

これらをクリアしていると、質が良いものと言えます。それであっても、100%純粋なローズウォーターなのかは言い切れない部分があります。そのため、更には信頼できる会社のものを選ぶようにすると良いでしょう。

特に飲用にローズウォーターを使うのであれば、オーガニックの無添加のローズウォーターであっても、少し抵抗があるかもしれません。そのため、飲用として販売されているものを購入することをお勧めします。

上手に使おう!ローズウォーターを使用する際の注意

shutterstock_213059971
ローズウォーターの魅力をご紹介してきましたが、いかがでしょうか?安心して長く使うことが出来るローズウォーターは、手元にあって損はしないコスメとして女性の強い味方になってくれるはずです。

余分なものが一切入っていないピュアなローズウォーターですが、それでも肌に合わない、身体に合わないということは勿論あり得ます。

使用する際には目立たないところでパッチテストを行うことをお勧めします。飲むのも、最初は少量から始める方が良いでしょう。

ローズウォーターで心も身体もゴージャスに癒されて、更に美しくなってくださいね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント