• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

紫外線ダメージは突然来る、老化しない肌作りの3つのポイント

Date:2014.12.08

紫外線のケアというとどうしても初夏から初秋にかけてが大事と思い、その時期はしっかりとケア・予防をしているという人は多いと思います。

でも紫外線って季節関係なくあるもので、そういう時に微量でも紫外線を浴びていると突然肌にダメージが出るということもあります。

紫外線予防はもちろんですが、浴びてしまった紫外線で肌が老化しないためにはどういうケア、肌作りをしていけばいいのでしょうか。

毎日簡単にできる3つのポイントを紹介します。

その1.肌にもビタミンCが大切、ビタミンCの入った化粧水でケア

紫外線を浴びたらビタミンCを摂ると言いと聞きます。これは体だけではなく肌も同じです。

紫外線は毎日浴びているので、毎日肌にもビタミンCを与えてあげるのがベストです。

ビタミンCの原液などを使ってもいいのですが少し面倒だったり濃すぎると肌がヒリヒリとして肌荒れの原因にもなりますので、ビタミンCを含んだ化粧水を使うと便利です。

最近では「ビタミンC誘導体」と書かれた化粧水が販売されています。

これはビタミンCを肌の奥まで届けてくれるので、こういうものを上手に使うようにしましょう。

その2.オールインワインゲルを使う時はエイジングケア用を使う

日頃、肌のケアをする時間がないということでオールインワンゲルを使っている女性が増えているそうです。

オールインワンゲルは1つで化粧水や乳液の代わりをしてくれるのでとても便利なのですが、紫外線を浴びた肌には普通のオールインワンゲルでは少しケアとしては物足りない部分があります。

肌の老化を予防のためにオールインワンゲルを使う場合は、エイジングケア成分の入っているものを選ぶようにしましょう。

エイジングケア成分というのはコラーゲンやヒアルロン酸というものだけではなく、肌のたるみを予防してくれたり、乾燥から肌を守ってくれたりと高機能化粧品になっています。

「まだ私は若いし肌に老化は感じられない」と思って老化現象が出てきてから使うより、予防のために早めに使い始めた方が効果もありますし、肌老化の現象予防にもなります。

オールインワンゲルもそれだけではなく、その前にビタミンCの入った化粧水をつけた後にゲルを塗ると更なる効果が期待できます。

その3.乾燥は1番の老化原因、乾燥部分は毎日コットンパック

紫外線を浴び続けると肌が乾燥しやすい状態になります。

そして乾燥は肌老化の1番の原因とも言われています。

その肌乾燥を防ぐために毎日シートパックをするのもいいのですが、お金もかかるし面倒で続かないという人も。

そういう時は毎日簡単にできるコットンパックがおススメです。

化粧水を顔につけた後、コットンにたっぷりと化粧水をつけて乾燥が気になる部分にペタペタを貼っていくだけです。

そのまま5分程度置いておくだけで肌の乾燥は解消されてプルプルの肌になります。

これを毎日続けることで肌の乾燥も改善され、乾燥からくる肌の老化も抑えることができます。

肌が潤うと毛穴のたるみなども解消されていくので、今よりも綺麗な肌を手に入れることも可能です。

肌の老化は自分が思っているより早くおとずれることがあります。

特に若い頃に日焼けをしていた人などは急にシワやシミが出てくることもあるので症状が出る前からしっかりとケアをしておくことが大切です。

ケアをしつつ紫外線予防もしておけば肌老化を遅らせることもできます。

今からでも遅くないので早めにケアを始めてみませんか。

この記事をシェアする

関連記事