• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美容と健康のためにしていたダイエット…実は老化を早めてる!

Date:2015.03.31

shutterstock_59208547 - コピー

週5回のスポーツクラブ、毎朝のジョギングに加えて低脂肪・低カロリーに抑えた食事制限と、もうすぐ訪れる薄着の季節を前に、自分の美を追求する事に余念のない女性達は日々ダイエットの為に努力を惜しまないですよね?

しかしです…、もし貴女がダイエットはもちろん健康の為にとしていたヘルシー習慣が実は貴女の身体のエイジングを早めているとしたら、どうします?

過度な有酸素運動でたるみやシワが悪化

確実にそして短期間で体重を落とし、お腹まわりの脂肪を減らすにはジョギングやエアロビクスにバイクなどの有酸素運動は欠かせません。

ですが考えてもみてください、めでたく体重も落ち脂肪が減った体はその部分の皮ふの下は空洞…、という事は余分な皮ふが垂れ下がりシワやたるみの原因になる事は間違いありません。

勿論、適度な有酸素運動はダイエット、ストレス解消などの健康を考えれば必要ではあるものの、それだけではエイジングのサインであるたるみやシワを悪化させるばかりで、しかも度の過ぎた有酸素運動はエイジングの根源フリーラジカルをも増やしてしまうのです。

そこで、ウエイトを用いた筋力トレーニングで脂肪が減った部分に、まるでシワやたるんだ皮ふにボトックスやコラーゲン注射を注入するように、筋肉を付けて若さの象徴である弾力性やシェイプされたボディづくりも取り入れたエクササイズをしましょう。

ヨガだけでは若さが保てないかも!

ヨガなどのストレッチは下記のような効果が期待できる有りがたいエクササイズです。

  • 体の柔軟性が高まる
  • 免疫力が高まる
  • 精神の安定を促す
  • 肌細胞の再生を手伝ってくれ美肌になる

ですが、自分の限度を知らず無理に曲げたり伸ばしたりすると腰痛や首の痛みを伴いその他のエクササイズが出来なくなる事もしばしば…。

しかも若さを司るホルモンの分泌を促すにはヨガの様な静かな動きでは全く足りないのです。

というのも、筋力を要する運動で複数の筋肉を同時に使う事で若さを司るホルモンの分泌が促されるためだからです。

よって、無理のないヨガやストレッチを行うと共に適度な有酸素運動プラス筋力トレーニングを上手に組み合わせて心と体に良い自分の為のエクササイズプログラムを作成するのが最適なのです。

過度な運動&ダイエットで見た目が老化…

昼も夜も暇さえあればウエイトを使った運動や有酸素運動を行い、何かエクササイズをしていないと落ち着かない…という“運動オタク”になっていたら要注意です。

確かに、適度な運動はダイエットにも心の安定や健康にも良いのですが、やり過ぎはケガはもちろん、日々の運動量を達成する為に精神的なストレスを受ける事も多くなり疲労が激しくなります。

また、夜寝る前に筋力トレーニングや激しい運動を行うと寝つきにくく、充分な睡眠が取れない事で、目の下のクマやシワを招いて見た目の老化も加速するばかり。

これはダイエットも同じで極度な食事制限を長期間行い、痩せたら止めて、また太ったらダイエットという事を繰り返しているとお肌のハリがなくなりたるみやすくなるだけです。

エクササイズとダイエットの計画を立てるのでしたら、休息の日や時間もしっかり予定に組み入れて無理のないダイエットをしましょう。

低脂肪・ゼロ脂肪ダイエットで肌や髪にツヤがなくなる

ダイエットと美容の敵と言えば砂糖と並んで脂肪ですよね?確かに、脂肪を取り過ぎれば10、20代の時の様なスリムな体型は維持できません。

でもだからと言って、極端に脂肪を減らす、あるいはまったく取らないという食事の仕方も美容に良いとは言えないのです。

美しく健康な肌や髪、そして爪は保湿やツヤを出す為に一定量の脂肪酸が必要不可欠で、これらの脂肪酸は食事でとるしかなく体内では作り出せません。

よって、もうここ何年も低脂肪やゼロ脂肪の食事ばかりしているという女性の中には肌や髪のパサつきが目立ったり、爪が割れやすくなってしまっている人も多いはずです。

良質なナチュラルオイルやナッツにミルクなどの良い脂肪を含む食材中心に適度な脂肪も美容の為に毎日食べるようにしましょう。

ダイエット中にこそ、意識して「食べる」

とかく現代社会に生きる私達は「健康・ダイエットの為!」と言うと食べ物を“減らす”あるいは“食べない”という差し引く事しか考えませんよね?

上に書いた脂肪もそうですが、ダイエット時には栄養のバランスが崩れやすく、体が酸性に偏り、肌荒れや乾燥を招いてしまうのだそうです。

そこで、アルカリ性の強いカルシウム、カリウム、マグネシウムなどを多く含む下記のような食べ物を積極的に取り入れる必要があります。

  • リンゴ
  • アーモンド
  • パセリ

上手に取り入れ、ダイエットによるエイジングを食い止めましょう。

“過ぎたるは及ばざるが如し”なヘルシー習慣

shutterstock_166706099 - コピー何事も真剣にそして一生懸命する事はとても大切で良い事です。

ですが、“過ぎたるは及ばざるが如し”ということわざもあるくらいやり過ぎたり間違った方法を繰り返していると逆に女性には恐ろしいエイジングを招く恐れも出てきます。

上手にそして自分に合ったエクササイズやダイエット法をできればプロのトレーナーや栄養士さんにアドバイスを貰いながら続けると、より効果的にそして体に無理のないヘルシー習慣が身につきますよ。

この記事をシェアする

関連記事