• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

食べて老化を防止する!アンチエイジングに効果抜群な食べ物

Date:2014.03.30

女性ならいつまでも若く、美しくありたいけれど、年々歳を重ねる度に体のラインにシャープさが無くなり、肌のたるみやシワ・シミが気になりだしてくるのは仕方のない事…なのかもしれません。

そこで、少しでも老化を遅らせる為に夜寝る前には美容液でお手入れする事も忘れませんよね?でもまさか、美容パックをしながらテレビの前に座りポテトチップスやドーナツを頬張る…なんて事をしていませんか?

女性の美と健康のカギを握っているのは毎日私達が口にする食べ物。そこで、美容と健康に効く食べ物をここで紹介します。

肌のエイジングに働きかける食材

・紫外線によるシミ・ソバカス予防

これから春・夏にかけて気になりだすのは肌の老化の第一の原因とも言われている紫外線。でも、気になる紫外線量と同時に豊富に採れ出す春や夏の野菜や果物たちは紫外線予防の優れものでもあるってご存知でした?

春のイチゴ、ピンクグレープフルーツやブロッコリーにはご存じの通りビタミンCが豊富に含まれており、ビタミンCには紫外線を浴びる事で起こる酸化ストレスから肌を守ってくれる働きがあります。

これは夏のトマト、トウモロコシ、南国果物パパイヤに含まれるビタミンCでも同様の効果が期待できるのです。  

また、緑茶、紅茶やコーヒーに含まれるカフェインには紫外線により皮膚がんになる可能性の高いダメージを受けた肌細胞の生成を食い止める働きがあるので、紫外線が強くなる季節にこそ、お茶やコーヒーを飲む事をお勧めします。

・シワやたるみ

ビタミンCは肌のハリや弾力に必要不可欠なコラーゲンの生成には欠かせない栄養素でもあり、紫外線による乾燥、そして乾燥から出来るシワを予防してくれるので、シワやたるみ予防としてもビタミンCが豊富な野菜やフルーツを取ることは大切なのです。

しかも、ビタミンCを多く含むピンクグレープフルーツ、トマトなどの赤い果物にはリコピンが豊富でリコピンは肌をスムースにしてくれる働きもあるので、美肌効果倍増まちがい無しの食材なのです。

その他、きゅうりに含まれるシリカや枝豆などの大豆食品に含まれるイソフラボンも肌のハリや肌細胞の修正能力を上げる効果が期待できるので、紫外線が強烈になる季節には外せない食材でもあります。 

体の老化は食べ物でリセット

そしてなにより、美肌は健康な体があってこそつくられる事が出来るので、体の健康こそが美しさの源です。

・発酵食品

ヨーグルトや納豆などの発酵食品には数多くの乳酸菌類がふくまれていて腸の調子を整えてくれるので便秘などによる肌荒れも防いでくれるのは勿論のこと、代謝率も上げてくれ、しかもストレスによるイライラや気分の落ち込みにでさえ効果を表すという正に万能食材。

ヨーグルトなどの乳製品にはカルシウムも豊富に含まれているので妊娠・出産を経験した女性には強い味方でもあるのです。

・抗酸化作用の高い食材

紫外線や日常生活において起こる酸化ストレスはなにも肌細胞にだけ起こるのではなく私達の体の全ての細胞にも発生します。

そこで多様なポリフェノールを含む、赤ワイン、カカオ成分が70%以上のチョコレート及びココア、緑茶、ブルーベリーやラズベリーなどのベリー類を上手に美味しく食べて、血管細胞を守れば心臓病などの循環器系の病気に強くなり、脳細胞を活性化すれば物忘れを改善し記憶力、洞察力、そして創造性も高まります。 

・ヘルシーな脂肪で食べ過ぎ・体重増加を防止

エイジングのサインとして年齢による代謝率低下による体重増加も見た目の美しさと共に、健康面でも気になるところです。よって、満腹中枢に直接働きかけてくれるヘルシーな脂肪分を食事で取り、無駄な食べ過ぎを防止しましょう。

オリーブオイル、アボカド、ナッツ類にサーモンなどの魚には不飽和脂肪酸が多く含まれていてコレステロールを低下させてくれると同時に空腹感を少量で満たしてくれるのでカロリーも抑えられるのです。

オリーブオイルをトーストにそのままバターの代わりにかけ、スライスしたアボカドとスモークサーモンのサンドイッチをランチに取り、3時のおやつに一握りのアーモンド(出来れば無塩のもの)なんていかがでしょう?

一番目に付くエイジングのサインのシミ・シワそして肌のハリや体型は体が健康でなければいくら美容液を塗っても改善は難しいのです。よって、身体の中に入れる食べ物を選び、食べ方や量に注意をして体の中から美しさと若さを保ちたいですね?

この記事をシェアする

関連記事