• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美人に魅せる!『濃い色ルージュ』の色選び&使い方

Date:2013.04.25

「濃い色のリップが流行っているけど、自分には似合わない」そう思ってはいませんか?

実は、似合う似合わないは顔立ちや肌の色とは関係ありません。濃い色のリップをつける時の「ルール」さえ知っていれば、誰でも使いこなせるのです。現役美容部員的、濃い色リップの選び方と使い方をご紹介します。

まずは色選び

濃い色と言っても、口紅の色は実に多種多様です。一見すると赤でも、青みがあるか、朱色がかっているのか、それだけで印象は大きく変わります。

一般的に、黄色人種はオレンジ系の色をつけると肌色が美しく見えると言われています。日焼けしている人も、派手な印象にならず使いやすいと言えるでしょう。また、赤やピンクよりもカジュアルに使えるので、服もさほど選びません。

青みがある赤、ピンクは、肌色の白さを引き立てます。ファンデーションの色で、オークルではなくピンク系を使っている人に馴染みやすいようです。

メイクは手を抜かずに

濃い色の口紅を避ける理由のひとつに、つけると唇だけ浮いているように見える、ということがあると思います。「あれ、浮いてる?」そう思った時に注意してもらいたいのが、ほかのパーツはどんなメイクをしているのか、ということです。

濃い色をつけるということは、その部分を強調するということです。顔全体の中で唇だけに濃い色を置いていれば、当然そこだけが顔から浮き出てしまいます。つまり、唇以外のパーツにも濃い色をのせることがコツです。

こってりとド派手なアイシャドウをつける必要はありません。いつもより少しだけアイラインを太めに引いたり、下瞼までひいて、目を強調してみましょう。アイライナーが苦手な人は、暗い色調のシャドウでもOK。

また、眉を気持ち太めにしっかりと書くようにすると、ゴージャスな唇とあいまってクラシカルな女優顔を演出できます。逆に、カジュアルな雰囲気にしたい人は、眉は薄めに、目を丸く大きく強調するメイクがよいでしょう。

ファッションは?

濃い色のリップをつけると、自然と大人っぽく見られます。個性派ファッションを目指すならともかく、メイクとファッションをマッチさせたいのであれば、どこか体のラインがわかるようなセクシー系や、濃い色調でまとめてシックな雰囲気にするのが無難です。

セレブな雰囲気を出したいのであれば、サングラスを取り入れてもよいでしょう。ぺたんとした日本人の顔立ちをリップで強調させているので、小物を使ってもちぐはぐになりません。

お蔵入りリップを復活させる方法

買ったはいいものの、濃い色のリップを使うタイミングがない。つけてみたらイメージが違う。そう思って、お蔵入りになっている口紅はありませんか?そういった「お蔵入りリップ」をレギュラーコスメに格上げする方法があります。

用意するものは、無色のリップヴァーム、またはグロスです。パール感があったり、薄いピンク色がついていても構いません。

まず、リップブラシで口紅を少量とります。唇全体にのばすのではなく、ちょんちょんと真ん中にだけ置いてください。それから、リップヴァームまたはグロスをブラシにとり、口紅の色をのばすように塗ります。

グロスなどで光沢やパール感をプラスすると、色は分散されて軽い印象になります。特にパール感のあるものでのばすと上品な印象になるので、マットな色の口紅も日常的に使いやすくなるでしょう。

いきなり濃い色のリップを使うのはちょっと…とためらう人にも、オススメの方法です。

この記事をシェアする

関連記事