• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

ダイエットだけじゃない!ランニング女子が増えている5つの理由

Date:2015.07.27

shutterstock_96754267 - コピー

最近、よくランニングをしている女性をよく見かけます。芸能人などもランニングを始める人も多く、テレビでもランニングを教える番組なども増えてきています。

以前はランニングというとダイエット目的の女性が大半でしたが、今ではダイエット以外のさまざまな理由があるようです。その理由について探ってみます。

ランニング女子がランニングを始めた5つの理由とは

女性がランニングを始める理由はおもに5つあるようです。どういう理由でしょうか?

1.ダイエット&健康に気を使って

やはりダイエットのためにランニングを始めるという女性は今でも多いようです。しかし、昔のように「何キロ痩せる!」というものではなく、筋力量をアップさせて日常の代謝を上げるために走っているという女性が多いようです。

その他にも体型維持や足腰が弱らないようにと健康を気にかけて走っているという女性も増えています。

歳を取るにつれて気を付けていても足が弱くなり転びやすくなるので、今から鍛えておくために走っているようです。

2.美脚・姿勢を良くするため

美脚というと「細くて長い足」というイメージが強いですが、実は細い足よりも引き締まった足の方が美脚に見えます。

引き締まった足の方が綺麗と知っている女性は適度なランニングで足を鍛えているようです。綺麗な足を手に入れるためには実は走り方にコツがあり、姿勢が良くないと引き締まった足を手に入れることができません。

美脚を手に入れるために走っている人は自然と姿勢が良くなり、立ち姿が綺麗になります。そのために走っている女性は本当のランニングの良さを知っている女性のようです。

3.血流が良くなり冷え解消、汗をかいて美肌になる

毎日長時間座ってデスクワークをしていると汗をかくという習慣がほとんどなくなってしまいます。その汗をかく習慣をつけるために走っている女性も増えています。

汗をかかないということは血の巡りが悪くなり、冷えなどに繋がります。血の巡りが良くなると冷えの解消とともに汗をかきやすい状態にしてくれます。

汗をかくと肌のターンオーバー力を高めてくれて自然のピーリングを行ってくれるので美肌に繋がります。

よく半身浴などで汗をかく人が多いと思いますが、自分で体を動かして血流を良くして汗をかいているので冷えを持っている女性にはランニングで汗を流す方が良いそうです。

4.アンチエイジング効果があると聞いたため

ランニングとアンチエイジングはあまり関係がなさそうですが、実は体内の活性酸素の減少には有酸素運動が良いと言われています。

この有酸素運動、習慣的に続けることができるものが良いそうで、それでランニングを始める女性が増えているようです。

その他にも歳を取ると血管が固くなり血流が悪くなるので肌のターンオーバーも正常的に行われなくなります。

ランニングをして筋肉を動かすことで血管の弾力を保つことができるので、ターンオーバーも正常的に行われアンチエイジング効果が期待できるというわけです。

5.生活にメリハリをつけるため

毎日仕事だけをしていると生活にメリハリを感じなくなり、知らないうちに同じような日常を繰り返しているという状態が続きます。それを打破するためにランニングを始めるという女性も増えているようです。

「毎日走らなくても仕事が休みの時などに走るだけでも気分が変わる」という意見も多いようです。

走ると神経伝達物質である「セロトニン」が増え、ストレス発散にも繋がります。走った後、爽快に感じるというのはセロトニンの分泌で心がスッキリしたことから来るものです。

休日などにランニングをして気分をスッキリさせることで次の仕事に気持ちよく入ることができるという女性も多いようです。

今からランニングを始める人はここをチェック!

shutterstock_281319125 - コピーランニングって走るだけと思い、準備を怠ったり急に走り始めたりする人がいます。そういう人は長続きせず、すぐに辞めてしまうことが多いので今からランニングを始めようと思う人は走る前に大事なことをチェックしておきましょう。

ウェアやシューズはデザインではなく自分に合ったものを選ぶ

最近はランニングやマラソンをしている女性が多いためウェアやシューズもデザイン性が強いものが増えてきました。

走る時もオシャレにしたいと思い、かわいいものや自分の好きなデザインを選んでしまいますがそれは危険です。

特にシューズはデザインだけで選ぶと足にフィットせず、靴擦れができたり走ると足が痛いなんてこともあるので注意が必要です。

ウェアやシューズは自分の好きなものを選ぶのではなく、自分の足や体に合ったものを選ぶようにしましょう。体に合わないものを選ぶと走ることが苦痛に感じ、長続きしなくなります。

走る時の体温調節をしっかりと行う

走る時に大事なのがかき体温調整です。体温調整がきちんとできないと汗を大量にかき体力消耗に繋がります。

特に寒い日など厚着をして走ると体温が中にこもってしまい汗を大量にかいてしまうので注意しましょう。

夏も同じで、日焼け予防のために長袖のパーカーなどを着て走ることがあります。この時もちゃんと汗を吸って体温を調節してくれるようなウェアを選んで着るようにしましょう。

その他、暑い時などは体温が上がりすぎないように帽子を被ったり、適度に水分補給などをするのも大事です。

食後のランニングはNG、走る時間を考える

次は走るタイミングです。「走るエネルギーが必要」ということで食後に走るという人もいますが、食後は血液が胃の消化を助けるのに使われるので、走ると気分が悪くなったり貧血のように倒れてしまうことがあるのでオススメできません。

できれば食前、特に良いとされているのが朝です。朝起きて走ると脂肪燃焼力が高くなると言われています。

食前に走る場合、空腹状態で走るのもあまり良くないので、何も食べていない場合はバナナなどエネルギーになるものを補給し、水分もしっかり摂るようにしましょう。

美脚・美姿勢にするには走り方にコツがある

美脚・姿勢を良くするためにランニングを始める女性が増えていると言われていますが、ただ走るだけでは美脚にも美姿勢にもなれません。きちんとした走り方を覚えて、走りながら美脚、美姿勢を目指しましょう。

走る時はかかとで着地

走る時の足の着地の仕方が悪いと足の形が悪くなります。特に変な着地をすると膝などに負担がかかるので注意が必要です。

美脚になるためには「かかとで着地」「つま先で蹴り上げ」が大事です。かかとから着地するのは足裏で1番クッション性の高い部分で足への負担が軽減できるからなので、これは必ず守りましょう。

かかとで着地をすれば自然とつま先で地面を蹴り上げるようになります。正しい形で蹴り上げを行うとふくらはぎも自然と鍛えられるので、引き締まった足になります。

腕を振って無理なく走る

あまり意識していないという人が多いのですが、腕をしっかりと振って走ると無理なく走ることができるので足への負担も減ります。

よく「走ったら足が太くなった」という人がいますが、その人は腕を振らず足だけで走っていたからで、腕を振ることで自然と足が前に出て足だけで走るということはなくなります。

美脚になるためには足だけで走るのは逆効果なので、しっかりと腕を振って走るように心がけましょう。

背筋は伸ばして、前のめりはNG

走る時、どうしても苦しくなるので顎が上がり、背筋が曲がったり仰け反ったような状態になります。それでは美姿勢とは言えません。肩と腕の力を抜き、しっかりと腕を振って走ると自然と背筋が伸びます。

その状態を保つように腹筋を意識して力を入れると背筋の伸びた美姿勢を保つことができます。走る時には顎が上がらないように少し先の下を見るようにすると顎が上がりません。

走っている時から美姿勢を意識していると普通に立っている時なども自然と綺麗な姿勢を意識するようになるので、美姿勢に繋がります。

ダイエットのためのランニングと美容のランニングは違う

shutterstock_105675941 - コピーダイエットだけのために走るランニングは脂肪燃焼効果を出すために長い時間走らなくてはいけません。

美容のためにランニングを始めたいという人は短い距離を姿勢よくゆっくりと走るだけでも効果は期待できます。

今からランニングを始めようと思っている人は「自分がどういう効果を得たくて走るのか」をまずきちんと理解し、走り方を合わせていくようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事

コメント