• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

実際にあった略奪話。彼女から彼氏を奪った方法とは?

Date:2013.04.23

好きな人に彼女が居ることを知ったら、あなたは彼から離れることが出来ますか?好きになる前なら諦めることが出来るかもしれませんが、一目惚れや既に心を奪われている場合は簡単に離れることは出来ないでしょう。

今回は、そんな状況に陥った女性・N子のお話です。N子はどんな方法で彼を我がものにしたのでしょうか。

N子と彼の出逢いから恋に落ちるまで

まずはN子と彼の出逢いからお話ししましょう。彼はN子と同じ会社に勤める営業マンでした。営業という仕事柄、愛想が良く社内でも人気の男性でした。そんな彼とN子が接近するきっかけになったのは飲み会でした。

彼と隣の席になったN子は、当時付き合っていた男性の浮気癖についての悩みを彼に相談しました。彼は親身になって相談に乗ってくれ、その日からメールのやりとりをするようになりました。

社内で顔を合わせ、家ではメールのやりとりをするうちに彼女の心は彼へと傾き、彼もまたN子に興味を抱くようになりました。

「彼氏と別れたんだけど、告白してもいい?」積極的なN子が彼に告白しようとすると「実は彼女が居るんだ」彼の口から衝撃の一言が発せられたのです。

N子は彼に心を奪われていたので彼女が居てもいいと思っていましたが、彼の優柔不断な態度にイライラし、ついに略奪作戦を実行するのです。

略奪作戦1 彼の話を親身に聞く

N子が彼にしてもらった様に、N子も彼女についての相談を親身になって聞くことにしました。円満そうに見えるカップルや夫婦にも問題の一つや二つはあるものです。

酔った勢いや喧嘩の衝動から彼女の不満や悪口を聞かされた際には、嫌な顔せず味方に徹しました。ポイントは彼女を責めないことです。「気分が悪かっただけじゃない?」などとクールな態度で返しました。

「N子って考え方が大人だよな」と彼はN子を尊敬し始め、彼女以外のあらゆる問題もN子に相談するようになりました。

略奪作戦2 想いを封印し気になる男性の話をする

好きだと告げようとした際に彼女が居ると打ち明けられたN子は想いの一切を封印しました。彼はN子が自分に対して好意を抱いていることを知っていますが、それを口にすれば今の彼女との関係を清算しなければならないので、N子に想いを問うことはありませんでした。

そこでN子は、安心しきっている彼に揺さぶりをかけます。「実は好きだと言ってくれる人が居て、私も最近気になって来たの」。この言葉に彼は動揺を見せたそうです。

どんな男性なのか、N子は彼のどこが気になるのかなど事細かに質問されたN子は、「付き合ってみようかな」と言いました。彼は特に反対も賛成もしませんでしたが、それからメールの量が増えていきました。

略奪作戦3

彼の味方を徹し、自分には好きだと言ってくれる男性が居ることを告げたN子。それでも彼は彼女と別れてN子を選びません。N子は最後の作戦を実行します。

「まだ上司の○○さんにしか言ってないんだけど、会社辞めるかもしれない。この前言った男性が海外へ行くことになって付き合わないかって言われたの。前から海外に興味あったし、日本に居てもいい男には彼女が居るから・・・」思わせぶりな発言をしたN子に彼は言いました。

実際にはこんな話しなんてないので、もちろん上司には何も言っていません。ですが、本気にしている彼は「海外へなんて行くな。彼女と別れるから俺と付き合おう」と言いました。

N子と彼のその後

結局、N子は会社を辞めました。海外へ行くわけでも、彼に振られたからでもありません。彼と結婚することになったからです。今では彼の妻であり、二人の子供のお母さんです。

恋の行方は、相手の気持ち次第と考えがちですが、もしかしたら、本当に自分が相手を求めているか、相手と幸せになりたいのかという想いの強さなのかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事