• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

幻滅旅行にならないために!彼との初旅行の前にするべき心の準備

Date:2014.08.09

彼との初めての旅行。ロマンチックな期待もたくさんあるでしょうが、実はこれが驚きと学びの連続になることが多いというのが、現実。彼のことをきちんと知っているつもりでいても、フライトが遅れて空港で7時間待つとか、ひどい時差ぼけになるなど、不測の事態で彼またはあなた自身がどうなるかというのはその時になってみないと分からないものでしょう。

この記事ではそんなに深刻ではないけれど、まあ必ず直面するであろう旅行中のあれやこれやをご紹介します。

お互いの変な「恐怖症」とご対面

たとえばあなたはバスでタイヤの上のシートには絶対座れない、とか、彼はご飯が食べられないことを異常に心配して、飛行機で食事のワゴンが来るまで一睡もできないとか。こんな風にしてお互いに相手の不思議な「恐怖症」を知ることになるでしょう。これは理解しようがしまいがどうにもならないことなので、受け入れましょう。

ファッションアドバイス

あなたのピックアップしたスタイルが大丈夫かどうか見てくれる女友達はいないので、必然的に彼にアドバイスを求めることになるでしょう。旅先の彼のファッションチェックで、意外と彼にセンスがあることを発見するかもしれません。けれどそれと同じくらいの確率で、彼がベルト1本選ぶのに15分かかる人だった、ということが分かるかもしれません。そんなときはあなたの出番。磨いてきた審美眼で勇気あるアドバイスを彼にしてあげてください。

バスルームの現実

いかに大好きな彼とて、言わば他人。他人とバスルームを共有するということはロマンチックではいられないということはお分かりでしょう。超高級ホテルのガラス張りのバスルーム。見た目はいいかもしれないけど・・・、でもそれは、誰もトイレに座ってなければ、の話。丸見えバスルームでなくても、まあ、いろんな音や臭いはするものです。彼だって人間、あなただって人間。愛するパートナーのことですから、トイレのあれこれも受け入れる準備をしていてください。

沈黙もよし

8時間のフライト。最初こそ小さなころの話や、家族のこと、彼の腕についた傷の逸話やなんかで盛り上がるものの、そのうちに何にも話すことがなくなることは十分にありえることです。そんな時はお互いに何も話さない状態でも不安にならないのが賢い選択。何も話さない、でも心地よくいられる、それもパートナーの条件ではないでしょうか。

ちょっとうんざり

四六時中ずっと一緒にいる旅行。どんなに好きな彼でもちょっとわずらわしくなるポイントがあるかもしれません。もしかしたら、バスの席が隣同士にならなくて内心ほっとすることも。それでもいいのです。他人同士がずっと一緒にいるのはかなりの重労働。時に一人になりたい時間があっても当然です。こんなことじゃ一緒にいられないわ、なんてすぐに諦めることはないですよ。

旅の醍醐味

彼とはいえ、言わば他人と一緒に旅をするというのは本当に貴重な体験です。お互いに知らなかった相手の一面を知り、驚いたり憤慨したりしながらも、それでも相手に魅力を感じる。トラブルを一緒に乗り越える。旅が終わるころには、ただロマンチックなだけじゃなく、もっと現実的に人生を共に過ごすパートナーとしての絆ができあがっているかもしれません。

いかがでしたか?いざとなって幻滅したり、慌てたりしないような心づもりができたでしょうか。彼との初めての旅行。荷造りも大切ですが、同じくらい心の準備も大切です。幻滅旅行ではなく、彼との絆を感じられる旅になりますように。

この記事をシェアする

関連記事