• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

最後まで楽しく!カップル・夫婦での旅行中のケンカを防ぐ為の注意点

Date:2014.01.16

カップルや夫婦での旅行は、一年の中での一大イベントとして、楽しみにしている方も多いでしょう。しかし、なぜか旅行中によくケンカになってしまい、折角の旅行が台無しに・・・という方、以下のことに思い当たるフシはありませんか?

どうせなら、最後まで楽しく旅を続けるために、ちょっとしたことを気をつけて、ラブラブな旅行を楽しんでくださいね!

旅行の計画はどちらか片方がほとんどしている

楽しい旅行にするためには、計画の段階から気を配る必要があります。もし、旅行の計画は、いつもどちらか片方に任せきりになっているといったカップルの場合、実は相手が負担を感じている場合があります。

旅先で、ちょっと計画がずれたり、うまく行かなかったりした場合、常に計画してきた側は、積み重なった不満が噴出してしまうことがあります。

好きで率先してやっているのなら良いのですが、そうではないようでしたら、計画の段階から、一緒に考えて楽しむ姿勢を見せましょう。

無理な計画を詰め込みがちではありませんか?

二人で仲良く計画を立てたとしても、そもそもスケジュールに無理があったりすると、当然現地で計画通りに行かなくなるでしょう。そんな時、お互いに、どちらかのせいにしてしまうような言動が出始めると、一気に雰囲気が悪くなってしまいます。

また、人は生理的にも、睡眠不足だったり疲れたりすると、機嫌が悪くなりがちですから、ちょっとしたことでケンカがヒートアップしやすくなります。

こういったことを防ぐためには、時間的、金銭的に無理がないか、計画の最終チェックも二人で話し合うようにしましょう。疲れやすい人は、休憩する時間も考慮しておくと、尚良いと思います。

自分の希望ばかりを優先させていませんか?

計画の段階にしても、旅の途中の思いつきにしても、どちらかが自分の希望ばかりを優先しようとすると、相手はその分我慢しなければならなくなります。

特に相手の希望がないという場合は問題ありませんが、勝手に決めつけず、必ず相手の希望も聞くようにしましょう。その時に言わなかったとしても、後で「本当はあそこに行きたかったのに」「あれがしたかったのに」と言って怒り出す人もいるのです。

そして、二人がそれぞれ、どうしても行きたいこと、やりたいことの優先順位を挙げ、「これだけは」ということを、二人が同じ数だけ出来るような計画にしておくと、不公平感がなくなり不満が出にくくなります。

車の運転や荷物持ちは、相手を思いやる態度を

いくら男性だからといっても、長距離をずっと運転していたり、重い荷物をずっと持っているのは、やはり疲れるものです。男性がするのが当たり前のような態度では、男性も内心では不機嫌になってしまうことがあります。

ですから、任せっぱなしにしないで、時には「代わろうか?」と声をかけてみましょう。

それでもずっと一人で頑張ってくれる彼には、「ありがとう!」と感謝の気持ちをちゃんと表現したり、飲み物を買ってきてあげる、または休憩を提案するなど、思いやりの態度を示すことで、相手もホっとしてくれるはずです。

道に迷った時に、相手を責める

旅先で道に迷ってしまうことは、よくあることです。そんな時、先導してくれていた相手を責めることのないようにしましょう。当然、先導してくれていた側も、一生懸命目的地を探しているのですから、責めても何も始まりません。

今では、スマートフォンを持っていれば、徒歩でのナビゲーションもしてくれますので、もう一度調べ直してあげたり、地元の人に道を尋ねるなど、前向きな対策を取るようにしたいものです。

食事の時間はきちんと取る

夕食は宿で取るとしても、旅の途中のお昼ごはんは、あらかじめ食べる場所を決めていない場合、どこで食べようか迷うものです。また、観光を急ぐあまりに、食事が後回しになってしまうこともあるでしょう。

そんなわけで、食事のタイミングを逃してしまうということは、意外とよくあることだと思います。

しかし、やはり空腹のまま動きまわっても、疲れてしまいますし、お腹が空いてくることでも、人は不機嫌になりイライラしやすいのです。些細なことでケンカを勃発させないためにも、食事の時間はきちんと取って、旅先でのグルメを楽しむことをおすすめします。

旅の途中での携帯・スマホチェックはほどほどに

今や、どこにいても、ツイッターやFacebookなどのSNSでつぶやいたり、友人の投稿をチェックするのが当たり前の人が増えています。旅行をしている時なども、画像を撮影してアップするのには、絶好の機会だと言えるでしょう。

しかし、折角の旅行で、携帯やスマートフォンばかりをいじっているのは、なんだか寂しいものです。

相手も同じような感覚ならばケンカにはならないかもしれませんが、もしも相手が、旅の途中であまり携帯やスマホをいじっていないという場合は、あなただけがそのようなことをしていると、内心不満を抱いている可能性があります。

また、逆に自分はしないけど、相手がネットばかり・・・ということで、自分が不満を抱えている場合もあるでしょう。他には、旅の途中で電話がかかってきた場合、急用でもないのに、長々と会話し続けているというのも、相手に寂しい思いをさせてしまいそうです。

こうしたことで、相手の不満を募らせて、ついには爆発!ということにならないために、マナーとしても、「旅行中はネットや電話は控えて、旅そのものを楽しもう」と事前に話し合っておくと良いかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事