• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

料理が全くできないけれど彼の胃袋をつかみたい人が料理を始める方法

Date:2013.11.15

男は胃袋でつかめってよく言いますよね。確かに愛する彼には尽くしてあげたいもの。料理だってその一つですよね。しかし、料理の経験が全く無い女性っていますよね。女性だから料理が出来て当たり前なんてそんなわけありません。

テレビなんかでも、料理が全然できない女性が無理やり料理を作らされて、とんでもないものができあがってしまったりします。実は私も料理というのは今でも苦手で、子供が生まれるまではほとんどした事がありませんでした。

それでもなんとか今少しはできるようになってきたのですが、愛する彼の為に料理を始めたいけれど、どうしたらいいのかわからないという女性も実は結構いるのではないかと思います。

先生がいるのであればその人を頼る

料理を全くの初心者から始めるというのは実はとても大変な事です。料理番組なんか見ててもなかなか頭に入ってこないと思います。ただ、お料理教室へ行くっていうのはもちろんアリだと思います。

プロの方は皆初心者の方を見てきていますから、丁寧に教えてくださると思いますよ。しかしそんなお金も時間も無いという人は、家族や友達など身の回りの料理が上手な方に教えてもらうといいと思います。

恥ずかしがらずに素直に「料理ができない」という事をさらけ出してみましょう。誰だって何かを教えるというのは実は結構スキだったりしますからね。

ただ、ここで問題なのは私みたいな性格の人。つまり人に物事を教えてもらうのが大嫌いという人です。私が料理をしてこなかったのは、母親に料理のやり方を習うのがとても嫌だったからです。

もちろん最初はできないのが当たり前なのですが、人に「ここが違う」とか「ここはこうだよ」と指示されたり否定されるのがとにかく嫌い!母とキッチンに立ってもイライラするだけだったので母の手伝いはほとんどしませんでした。お皿洗いはやっていましたが。

それに友達とカレーライスを作った時なんかでも、カレーって家庭によって作り方が全然違うので、あれはこうだとかいろいろうるさく言われてすごく嫌な思いをしました。私片付けするからあなた作ってって感じでした。

ただ、私のように人から教わるのに強い抵抗がある人って結構いると思います。そんな私が一体どうやって料理を覚えていったのでしょうか。

レシピを見てとにかく作ってみる

人からの指示が嫌いならば、とにかく自分でやってみるしかありません。私は有名レシピサイトをまず見てみる事にしました。それは一般の方が投稿しているので、料理本よりも結構分かりやすい書き方をしている場合が多いので初心者でもとっつきやすいです。

料理ができない私の友達も言っていたのですが、そもそも何から作っていいのかわからないという悩みがありますよね。一番いいのは、彼の大好物から作ってみることです。やっぱり彼が好きなものを上手に作って食べさせてあげたいというのが乙女心ですよね。

私も彼の大好物が唐揚げだと聞いたら、今まで冷凍をチンしたことしかなかったのに、ちゃんと鶏肉を切るところからはじめましたよ。初めて作ったときは大失敗。得体の知れないものができあがってしまいました。

それでも見るレシピを変えて、もっと簡単そうなものにすると上手にできあがりましたよ。そして毎回レシピを見ながら作っていても、だんだんと見なくてもできるようになっていき、自分の得意料理の仲間入りをするわけです。

そしてそれを食べて「おいしい」と言ってくれた彼の顔を見たら幸せ感じちゃいますよね。そして彼の好きな食べ物を順番にマスターしていき、次には自分の好物を作ってみます。

自分の好きなものに対しては、ここをこうすればもっとおいしくなるという事が結構分かると思うので、マスターしやすいです。自分好みの味に仕上がったらまた食べたくなりますから、どんどん作ってこれも完璧に作れるようになります。

そうしていくうちにだ、んだんと出来る料理が増えていくのが楽しくなっていきますよ。ある程度作れるようになってきたら応用が利くので、他の料理も作れるようになります。

そうしていくうちに外食も減って自炊が増えれば、経済的にも健康的にもいいので、一石二鳥です。

シェフの味よりもおかんの味!

男性というのはシェフのように高級感のある料理を作る女性よりも、冷蔵庫に残っている材料でササッと一品作れる女性の方を求めているみたいです。

確かに、本当に難しい手間のかかる料理も魅力的ですが、家庭的なぬくもりのあるお袋の味の方が素敵かもしれません。おいしさを求めるならばレストランに行けば食べられますもんね。

私の彼が言うには、元々料理があまり得意ではない私が、彼の為に料理を覚えて頑張って作っている姿というのはとてもグッとくるそうです。本当に不器用だから絶対無理なんて思っている人も、料理というのは器用な人ができるわけではありません。

私だってめちゃくちゃ不器用ですし。実はやってみると、こんなに簡単だったの?というのが料理。難しそうという先入観を捨ててぜひチャレンジしてみてくださいね。私にできたんだから、誰にだってできるはず。

この記事をシェアする

関連記事