• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

有名料理研究家のママとは違うレシピで息子が挑戦!これがママを救った!?

Date:2013.11.13

高カロリー料理を得意とするアメリカで有名な料理研究家のポーラ・ディーンさんが、皮肉なことに糖尿病であるということが分かりました。このことで彼女の今までのイメージが損なわれてしまいました!しかし、それを救ったのがなんと彼女の息子さんだったのです!

「ママの料理じゃないレシピで僕も料理番組をもっちゃった!」とボビーさん。これがきっかけでヘルシー志向メニューに転向したポーラさん、今度は親子クッキングへチャレンジしています。

昔を蒸し返すのは気の毒ですが、とにかくポーラさんの糖尿病になる前のレシピはコテコテでスゴイです!みなさんもその動画をご覧になって唖然としてみて下さい!

アメリカで家庭料理と言えばポーラ・ディーンさんの名前は必ず上がる!

アメリカ人も健康志向へ転換か?と思わせる記事が最近出ていました。炭酸飲料の売り上げがアメリカ国内で減少しているというのです。すでに肥満大国に住む人々の食に対する意識が少しずつ変化していっているのだなと感じるこの頃です。

さて、数年前までは料理はとにかくおいしく沢山食べるものと言わんばかりに、カロリー無視のメニューが多かった!

その時流に乗ってか、料理研究家のポーラ・ディーンさんの存在は絶大で、彼女のレシピの料理本は飛ぶように売れ、いつもベストセラーです。彼女のTVの料理番組も長年続いていきました。

http://www.foodnetwork.com/paula-deen/index.html

カリスマ料理人は二型糖尿病

ハッキリ言って彼女のレシピのカロリーは「すごい!」とアメリカ人でさえ思うはず…。それもそのはず彼女はジョージア州生まれ、おばあちゃんから伝わるアメリカ南部の料理を紹介しています。

昔からアメリカ南部は、広大な農作物を持つプランテーション(大規模農園)が多く肉体労働を強いられる地域でした。体を動かすためにエネルギー源になる脂分、塩分、または乳製品などカロリーや味付けの濃いものを取る料理が多いのもうなずけますね。

今では機械化も進み環境の変化がみられるのですが、料理の伝統はしっかと受け継がれているような気がします。

そんなカリスマ料理人の彼女に突然、大変なことが起ります。なんと彼女は二型糖尿病と診断されてしまったのです。その衝撃のニュースは全米を駆け巡りました。

ポーラさんの今までのレシピがどれだけすごいか見てみましょう!

それではポーラさんのこてこてのデザートの作り方をさっそく動画で見てみましょう。

Paula Fries a Cheesecake(ポーラ風チーズケーキフライ)より

動画の解説

アメリカの人気料理チャンネルの番組の中からデザートの作り方がアップされていました。Paula Fries a Cheesecake(ポーラ風チーズケーキフライ)というこのメニューは、全編英語ですが、多分みなさんは真似しないと思いますので(笑)、簡単に解説いたします。

1.チーズケーキをカット。自分で作ったチーズケーキでもフローズンで売られている市販のチーズケーキでもどちらでもOK。ここではフローズンの チーズケーキを使います。
2.春巻きの皮でラッピング。中のチーズケーキ上にカットしたミルクチョコレートをのせてラッピングします。
3.油で揚げます。
4. 揚げたあとで粉砂糖をたっぷりとまぶします。
5.そのチーズケーキフライを半分にカットしてお皿に盛りつけます。

――― もうここで十分だと思いますがまだまだ続きます!―――

6.その上にチョコレートシロップをかけます。
7.おまけにストロベリーシロップもかけます。
8.その上にもう一度、粉砂糖をかけて…
9.もうひとつおまけにホイップクリームをのせて完成です!

いかがでしたか?やり過ぎ感満載のこのクッキング方法。彼女の体がふくよかなのも、糖尿病になってしまったといこともうなずけますね。糖尿病と診断されても彼女はひた隠しにして、このような高カロリーの料理を披露し続けていたようです。

糖尿病だとカミングアウトしたあとで…息子が救う!?

事態は一変しました。ポーラさんの体調は悪くなるばかりです。とうとう自分の病気のことを公にカミングアウトしました。ポーラさんの料理を愛用していたアメリカ人たちの失望は言わずと知れていますよね。人気は急落、彼女の名声も失墜してしまいました。

表面的に見ると彼女は考えもせずに、健康に良くないレシピを紹介していたのだから、自業自得と考えがちですが、私はこの事象にやりきれない思いが残りました。そして彼女のことを少し調べてみました。

すると彼女は2人の男の子のお母さんで1度離婚を経験しています。離婚の時は、これからは女手ひとつで家を支えなければいけません。大変なご苦労をされたと思います。

その後、おばあちゃんより継承された南部の家庭料理をみなさんに食べてほしいという気持ちが仕事になりました。

彼女はケータリングの事業をスタートさせ、レストランを持つようになりました。息子さんたちもそんなお母さんの影響を受けて食の世界へとすすみます。2人の息子さんのうちの1人、ボビーさんはママのこの事態を助けるべく、料理番組を立ち上げました。

番組名はBobby Deen の”NOT MY MAMA’S MEALS”です。ポーラさんのメニューをもっとカロリーが低く栄養価の高い一品に仕上げます。

彼の料理番組にママのポーラさんも時々出演しているようで、その時のボビーさんはママにヘルシーフードの作り方を教える、というコンセプトで番組は進行していっているようです。

http://www.cookingchanneltv.com/shows/not-my-mamas-meals.html

ポーラさんが病気になったことで気付いたこと

Cooking with Paula Deen Behind the Scenes!(科学に基ずくポーラ・ディーンと一緒のクッキング)より

ポーラさん自身、糖尿病になってよかったと告白しています。この病気のお陰で健康的な食事や生活がいかに大切であるか思い知らされたそうです。そして家族の絆など多くの事が学べたそうです。

現在、ポーラさんはヘルシーな食事と運動で体重も落ちてきています。そして、ディーン一家はヘルシーフードを食す健康的な家族というイメージで大々的にアピールし、彼女の人気も復活してきました。

この記事をシェアする

関連記事