• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男子の胃袋をがっちりつかんで離さない!料理上手になるコツ

Date:2013.02.18

男子の胃袋をつかむことは将来のことを考えても重要です。結婚して、昔みたいにラブラブじゃなくなっても、おいしいご飯があれば、家に帰りたいという気持ちも大きくなるはず!

逆においしくないご飯だと家に帰らずに外食ですませてしまったり、子供が好き嫌い多くなったりしたら大変ですよね。

どうしよう!やばい!と思ったあなたでも今からでも遅くありません!料理上手を目指してみませんか♪料理は苦手というあなた向けに、今回はまずは何から始めればいいのかをご紹介します。

調理器具を買おう

調理器具を買おうというと、初心者なのに、いろんな鍋を一気にそろえたり、お皿などを買ったりしていませんか?まずはカレーが作れるくらいの鍋と、フライパンがあれば十分です。

そしてお皿も大きめの丸いお皿と、お茶碗、スープを入れるマグカップ、ちょっとした小皿で十分です。それとフライ返しくらいとおたまがあればOKです。はじめから気合を入れすぎないようにしましょう。

簡単なものから作ろう

料理をしなければならないと思った瞬間から、なんか難しい名前の料理に挑戦しようとしていませんか?

魚を焼く、鶏を焼くだけでも立派な主菜の完成です。スープも難しいのを作らなければ、ちょっとしたひと手間だけで作れてしまいます。あとは副菜をつくってしまうだけでちょっとした定食の完成です。

難しい料理に時間をかけるより、簡単な料理をたくさん知っているほうが実用的です。

おススメのレシピ

和風の料理なら、鶏とねぎの照り焼き、味噌汁、ブロッコリーのおひたしがおすすめです。ブロッコリーは買ってきたときにゆでて冷凍しておくか、冷凍のブロッコリーを買っておくと少しずつ使えて便利です。

ブロッコリーを必要なだけ温めて、しょうゆとゴマをかけるだけで完成です。味噌汁はインスタントでもいいですし、みそをスプーン一杯、乾燥わかめ少し、なんでもいいのでだしを少しマグカップにいれて、お湯を注ぐだけでも1杯分簡単につくれます。

あとは鶏とねぎの照り焼きだけですね。鶏肉とねぎを一口にきって炒めたあと、みりんとしょうゆを2:1、はちみつを少しでつくったたれに絡めてしばらくあたためるだけ。これなら、レシピを見ながら作る必要もないので簡単に作れますよね。

レシピサイトを活用しよう

クックパッドなどのレシピサイトは、初心者には最適です。たとえば、冷蔵庫に残っているものを検索に入れて料理をつくることもできます。また買い物に行ったときに安い野菜があればそれに合わせた料理を検索することもできます。

またスマホを使っている人なら、キッチンで見ながら作ることもできます。本を買うとお金もかかりますし、本を見ながらつくるのは結構大変です。ですので、慣れるまではレシピサイトに頼ってみるのもよいと思います。

料理教室に通うときは

料理教室に通おう!と思う場合には、できるだけ日常に使えそうなメニューを教えてくれる料理教室を選ぶといいでしょう。料理を教えたくて通うなら別ですが、日頃の料理がうまくなりたいのであれば、やはり日常に役立つところがいいでしょう。

ですので大きな教室に通うよりは、主婦がやっているようなお料理教室があればそういったところに行ってみるといいでしょう。実用的な段取りのしかたや、料理のコツを教えてもらえるようなところのほうが、家で作るのには役に立つと思われます。

料理上手で損をすることはひとつもありません!ぜひみなさん料理上手めざしてがんばりましょう!

この記事をシェアする

関連記事