• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

漫画だからってバカにできない、「料理本としてもオススメ」な漫画

Date:2014.03.21

主婦の皆さん、毎日の炊事お疲れ様です!家族の健康と好みを配慮して、毎日の献立を考えるのはなかなか大変ですよね。

新米主婦の皆さんも、今やベテラン主婦の皆さんも、一体何を参考に献立を考えたり、レシピを作っているのでしょうか?新米主婦の場合は、張り切って料理本をたくさん買った!という話も聞きます。

最近はママタレントや若い料理研究家もたくさん料理本を出しているので、自分の好みに合わせて参考書としての料理本をセレクト出来るようになってきました。

料理の参考書として、私がオススメしたいのは「料理漫画」です!「漫画なんて…」と一瞬思うかもしれませんが、ストーリーだけの漫画ではなく、しっかり料理本として役立つレシピが満載の漫画を紹介します。

きのう何食べた?/よしながふみ

主人公はゲイのカップルという少しめずらしい話軸ですが、カップルの片方がメインで食事作りを担当しています。

男性なのですが、思考や視点は主婦寄りでメニューも凝っているようで簡単に出来るものばかり。食材の使いまわしなども勉強になります。

市販のめんつゆや顆粒だしを使用することが多く、素朴な味付けが多いと思います。

クッキングパパ/うえやまとち

知っている方も多いと思います、家庭的漫画の代表的な作品です。二人の子どもを持つ家族で父親が食事作りを担当しています。

プロ級の腕を持つ主人公が作る料理ですが、レシピがきっちりと記載されているので、料理の参考にはなると思います。

子どもがいる家庭でのストーリーなので子どもが参加出来る料理などもあり、子どもがいる家庭を持つ方にオススメの料理漫画です。

花のズボラ飯/久住昌之・水沢悦子

単身赴任中の旦那を持つ主人公は家事が大の苦手。普段は旦那がいないので、部屋は散らかりっぱなし、料理は手抜きの「ズボラ飯」ばかり。

でも女性には分かる、その気持ち。料理が好きで頑張っている人だってたまには手抜きしたいし、料理が苦手な人もだって簡単においしい料理が食べたい!

そんな女性の気持ちを代弁した漫画です。ちょっと気分が落ち込んでいても、おいしいものを食べれば笑顔になれる、そんな女性のハッピーな漫画でもあります。

おとりよせ王子 飯田好実/高瀬志帆

こちらは少し上の3つとは違います。主人公は「お取り寄せ」が趣味の独身男性。毎週お取り寄せをしては、とっておきのグルメを食べることに喜びを感じています。

お取り寄せグルメといっても、自宅に届いてから、煮たり、炊いたり、少しのひと手間が必要になります。

主人公は届いたグルメを最もおいしく食べるためのこだわりを持っているので万全な状態と、さらにおいしく食べるための「ちょい足し」がとても上手。

お取り寄せ料理にひと手間加えてさらにおいしくする方法は簡単かつ、誰でも出来るちょっとした贅沢。完成した料理をおいしそうに食べる主人公の姿が食欲をそそります。

漫画に登場するお取り寄せ商品は実在するものばかりなので、興味をひかれた人は「ポチッ」としたくなるかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事