• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

その方法は大丈夫?流行のダイエット、やり過ぎるとこうなる!

Date:2015.11.03

shutterstock_211479040

世間ではさまざまなダイエットが流行っていますが、どんなダイエットでも気を付けなければいけないのが「やり過ぎ」です。

ダイエットが上手くいくと嬉しくなり、ついそのまま痩せ続けたくなるものですが、それはとても危険なこと。そこで、流行のダイエットをやり過ぎるとどんなリスクが起こるのか調べてみました。

行きつくところは栄養失調?流行ダイエットをやりすぎた結末とは

現在流行しているダイエットの中でも人気のある「糖質制限ダイエット」「酵素ダイエット」「おにぎりダイエット」を選び、やり過ぎるとどんな体になってしまうのか調べてみました。

これを読めば、ダイエットのやり過ぎの恐ろしさ、そして自分が行っているダイエットが適切かどうかがわかるはずです。

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットとは…?
炭水化物(糖)を制限することで血糖値の上昇を抑え、体が脂肪をたくわえることを阻害するダイエット。砂糖やご飯などの炭水化物を制限する以外は特に食事制限はなし。

今もっとも多くの人から支持され、実践されているダイエットとも言える糖質制限ダイエット。

しかし、食べてはいけないとされている炭水化物(糖質)は、実は脳の唯一の栄養源。脳は糖質を分解して得られるブドウ糖でのみ動いている器官なのです。

つまり、糖質制限ダイエットをやり過ぎ炭水化物を徹底して食べない生活を送っていると、脳への栄養が不足して頭がぼんやりしてくることも。

脳は体の中でも大変重要な器官なので、栄養を得るために筋肉を分解して糖を作り出します。シェイプアップのために筋肉をつけても、糖質制限ダイエットをやり過ぎれば筋肉が削られていってしまうのです。

糖質制限ダイエットはやり過ぎると、筋肉が痩せてひょろひょろ、頭がぼんやり気の抜けた状態になってしまいます。

酵素ダイエット

酵素ダイエットとは…?
食べものに含まれている酵素を壊さないように調理して体に吸収し、脂肪の代謝を促すダイエット。野菜や果物、魚などを加熱しないで調理をすることで酵素を維持する。酵素を含んだダイエットドリンクも人気。

酵素は食物のほぼすべてに含まれているので、酵素を摂りすぎたという理由で体に害があることはありません。気を付けるべきは、酵素ドリンクなどのダイエット食品の食べ過ぎや、カロリー不足です。

食事を置き換える酵素ドリンクの頼り過ぎはNGです。カロリーを抑えるために一日に2食を置き換えたりすれば、いくら栄養バランスが整った製品だとしても栄養不足になってしまいます。

また、酵素ダイエットは酵素を効率良く取るために食物を加熱せずに食べることを推奨されます。つまり、加熱調理が必要なものはほとんど食べなくなります。

最近はローフードにもさまざまな種類がありますが、手軽で用意できる食事としては生野菜のサラダやフルーツ、生魚など。動物性脂質などの高カロリーな栄養を取りづらく、トータルの食事のカロリーが少なくなりがちです。

酵素ダイエットはやり過ぎると、カロリーが足りなくなり栄養失調になってしまう恐れがあります。

おにぎりダイエット

おにぎりダイエットとは…?
冷めたおにぎりを食事のメインにするダイエット。ご飯は冷たくなると「レジスタントスターチ」という吸収されづらく食物繊維と同様の働きをする難消化性デンプンに変化する。それを利用して、食事の満足感を得ながら脂肪吸収を抑え、整腸作用も期待できるダイエット法。

ダイエットで敵視されがちな炭水化物が思いっきり食べられるということで人気を集めている、おにぎりダイエット。方法もシンプルで、2合から3合のお米を3食にわけて食べ、栄養価が偏らないようにサラダや味噌汁と共に食べるだけです。

炭水化物が大好きな人にとっては嬉しいダイエットですが、冷たいおにぎり以外の炭水化物や、魚や肉などはNG。これを1週間から3週間ほど続けます。

すると毎日同じような食事が続くようになり、しかも冷たいおにぎりを大量に食べなければいけないという、意外と精神的にハードなダイエットです。

しかも、おにぎりの糖質は吸収されづらい形になっているので、これは糖質制限ダイエットと同じような危険があります。

おにぎりダイエットをやり過ぎると、毎日の同じ食事に嫌気がさしイライラしやすくなる上に、糖質不足で気が抜けたような状態になります。

「やり過ぎ」にならないために!ダイエットは目標を決めて

どんなに医学的に体に負担が少ないとされていても、やり過ぎてしまえば毒であるのはどのダイエットも共通です。

そこで「やり過ぎ」にならないためには、まずダイエットの目標を決めることが大切。

ここまで痩せたらダイエットを終わりにする、と決めて、目標を達成したらそのダイエットは終わりにしましょう。あとは健康的な食生活をして、その体重をキープすることに専念して。

健康的に美しくなるためにダイエットをする、その前提を忘れなければ、きっと今回ご紹介したような「やり過ぎ」は避けられるはずです。

この記事をシェアする

関連記事