• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

女性社会もサバイバルに突入、そこを生き抜くこころ構え!

Date:2013.09.17

新卒者であっても非正規社員として働くのが多い現在、非正規社員として働くアラフォー世代の女性が増えてきました。

これは女性が結婚して一度退社し家庭に入ったが、子どもを産んでから社会復帰する女性が増えてきたことが原因でしょう。また、離婚率が高くなった今、更に女性の非正規社員は多いです。

非正規社員として働いているアラフォー世代というのは、バブル経験者で占めています。その頃は結婚したら、とりあえず家庭にはいることが、普通みたいな世間一般的な流れがありました。

また、辞めてしまっても正社員として社会復帰ができる。そんな風潮だったのです。ところが家庭に入った途端に、世の中は変わってしまったのです。そう、バブルが崩壊しました。

正社員として復帰する目処はたたず、非正規社員として働くことになります。働いているときは、ボーナスはないにしろ正社員より多い月給を支給されることもあり、おいしい話かもしれません。

しかし、世間はそんなに甘くはありません。将来の保障は全くないのです。会社の都合でいつ契約を切られるかわからないのです。

法律的には、更新1ヶ月前に契約更新が出来ないと通達すれば、問題はありません。企業側に問題がなくても、働く側からしてみれば、1ヶ月前に通達を受けて次の仕事が見つかるわけがありません。しかし、法律的に問題がないのです。

企業は容赦なく、母子家庭であろうが契約を打ち切ります。これからの時代、女性も仕事に対して、自分なりの軸となるものをもって仕事に挑むべきです。仕事を甘くみてはいけません。社会もまれて砕けてしまわないように・・・。

この記事をシェアする

関連記事