• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

つい悲観的になってしまうあなたに、”良かった探しのススメ”

Date:2013.04.26

いつも、必要以上にネガティブになってしまう女性は多いものです。そんな自分に嫌気が差してしまい、いわゆる自己嫌悪に陥って、ますますネガティブループから脱出出来ない…なんてことをしょっちゅうしている人は、以下に紹介する簡単な方法を試してみませんか?

つい悲観的になってしまう理由

もちろん、悲観的になるのは、その時々で何かしら理由があると思います。そんな時は、気が済むまで泣いたり、友達に話を聞いてもらうというのも良いでしょう。

しかし、ちょっとしたことで落ち込みやすかったり、怒りっぽかったりする人は、自分が既に持っているものより、足りない部分ばかりに目が行ってしまうという傾向があります。足りないことに注目して、悲観したり怒りが湧いたりしてしまうのです。

既に有るものに感謝する力を付ける

そこで、自分に与えられているものに改めて気づき、それに注目をしていくことで、自然と感謝をする気持ちが芽生えてきます。何かに感謝をしている時、人は温かい気持ちになりますし、幸せを感じるものです。

自分が持っているものに気づくには、ノートに書き出してみることをおすすめします。専用のノートを作ると良いでしょう。

携帯電話やスマートフォンの方がやりやすければ、そちらでも構いませんよ。ただ、手書きをすることで、より自分の脳にインプットされやすいと考えられます。

書き出す内容は、些細なことで良いのです。ちょっとした「良かったな♪」と思えたことを、見逃さずに書いて行きましょう。

「今日、出かける予定だったから、良い天気になって良かった」とか、「電車の乗り換えがスムーズに行って時間のロスがなく気持ち良かった」などなど。

これって、自分の持っているものではないじゃん、と思うかもしれませんが、上記のようなことでも、そもそも「出かけることが出来る自由がある、歩ける脚がある」のです。

何もない1日だと思っても、健康に無事で1日を過ごすことが出来たということは、実はすごいことなのです。

自分の好きな部分を書き出す

上記のような、生活面以前に、自分の好きな部分を探して書いてみることも、「既に自分に有るもの」に気づく効果的な方法です。

「自分の手がキレイ」「髪の毛がキレイ」こういったことも、手荒れで悩んだり、髪の悩みが尽きない人から見れば、とても恵まれていることですよね。

また自分の好きな部分を書き出すことにより、もっと自分を大切にしようという意識が芽生えてくる効果があります。

誰にでも、コンプレックスはありますが、既にあなたにもたらされている”良い部分”を大切に保ち、より美しくしていくことで、自信と喜びを感じることが出来るでしょう。

”良かった探し”を日課にし習慣に

こんな感じで、しばらく”良かった探し”を日課にして、続けてみてください。

1個でも2個でも、思いついた分だけ書いても良いのですが、良かったことを1日10個以上書く、自分の好きな部分は1日1個以上書く、など自分で目標を決めれば、何とかそれを探し出そうとする意識が働きますのでおすすめです。

気づけば、何をしていても心の中で、良いことを探すことに焦点を当てるようになっていきますので、気持ちも弾んで来るのではないでしょうか。

すぐにネガティブになってしまう人というのは、すぐに物事のマイナス面を見つけ出し、クローズアップしてしまう傾向にあるため、”良かった探し”は、それとは逆のことを訓練していることになるのです。

これが身について来れば、自分の気持ちが明るく変化してきますが、そうであることに慣れたら、その方がネガティブで居続けるよりも気分が良いものですから、逆戻りはしないようになってきます。何でも、習慣化すれば後は簡単なのです。

ネガティブなことは、考えて解撤出来ることなら、よく考えて早めに解決を図ると良いですが、考えても解決しないと分かっていることでしたら、ネガティブ意識が上ってくる前に、努めて良かったこと、嬉しいことに意識を持っていき、そこに留まることがコツです。

この記事をシェアする

関連記事