• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

大好きな彼を幸せにしたい!最高の彼女でいるためのコツ

Date:2013.09.16

大好きな彼ができ、その彼と付き合うことができた。そうなったら彼にとって最高な彼女でいたい、そう思うのは自然なことです。

でも、最高の彼女でいるのはどんな心がけが必要なのでしょう?そこで貴女らしさというベースは失わずにおきながら、更に彼女としての魅力を付けてみませんか?ちょっとした心がけで彼が更に貴女のことを大切にしてくれるようになるはずですよ。

1. いつも彼の一番のサポーターでいる

彼には色々な夢があったり、将来の目標みたいなものがあるはずです。それをしっかりと理解してあげ、いつもそれを応援してあげるのが彼女として大切なことです。彼がくじけそうになっても、それをバックアップしてあげて、つらいときには抱きしめてあげるような優しくて強い彼女でいましょう。

2. 彼の最高の友達でいる

貴女が彼の彼女であるだけでなく、時には彼の親友でいてあげるとよいでしょう。腹を割ってしっかりと話し、お互いに相談に乗ってあげられるような関係が築けると最高ですよね。

3. 彼を自分が特別だという気持ちにさせてあげる

男性は自分が特別と思われたいものです。そこで、精一杯おしゃれをして魅力的な彼女でいてあげるということも大切です。また、それだけではなく、彼の長所、抜きん出ている点を小さなことでもいいので見つけてあげ、それを彼に「すごいね」といって伝えてあげ、ほめてあげるようにしましょう。

4. 彼の友達や家族を自分の友達や家族のように大切にする

貴女にとって彼はとっても大事な存在ですよね。そして、同じように貴女にとって友達や家族も大事ではないでしょうか。そうです、彼も貴女のことが大事なように、友達や家族も大事なのです。

その彼にとって大切な人を貴女も大切にしてあげましょう。彼らを尊敬し、彼とだけでなく、彼らとの時間も楽しむようにしましょう。

5. 彼に程よく甘える

男性としても女性があまりにお荷物になってしまったら、それは負担以上の何物でもありません。自分の荷物は自分で持つ、そんな大人の女性になりましょう。でも、全く頼られたり甘えられたりしないのも、彼としてはさびしいものです。

「僕のことなんて要らない」なんて思われてしまうかもしれませよね。そこで、頼るべきところ、甘えるべきところは甘えるようにバランスをしっかりととりましょう。

6. ベッドの中でも積極的に

男性は主導権をとりたがるものです。それはベッドの中でも同じです。でも、いつもいつもではなく、女性に求められたり、リードされたりしてもらいたかったりもするものです。いつも彼任せではなく、時々積極的にリードするようにしましょう。

7. 彼を尊敬し、尊敬し返してもらえるようになる

貴女は彼に尊敬してもらって、考え方や意見を尊重してもらえると嬉しいですよね。彼も同じです。彼の考え方や意見を尊重して、人として彼を尊敬しましょう。そして、貴女自身も彼に尊敬してもらえるように日々努力しましょう。

8. 知的かつユーモアに溢れた女性になる

世間知らずの女性も可愛いのかもしれませんが、ちょっと男性としては重荷になってしまうことが多いです。自分の周りのこと、日本のこと、世界のこと、色々な情報に興味を持ち、自分の知識を広げ、知的な会話もできるようになりましょう。

でも、うんちくばかりたれていろということではありません。知的な会話だけでなく、ユーモアが溢れた、楽しい会話もできるようにしましょう。彼と二人だけの笑いのポイントができれば、更に親密になることもできますよ。

9. 彼のことも自分のことも面倒みれるようになる

自分の心身両方の健康が面倒みれるようになりましょう。いつも身体も心も幸せでいられるように、日々の生活に気を配るようにしましょう。彼のこともそうです。彼が無理しているなと思ったら、彼に手を差し伸べ、サポートしてあげるようにしましょう。

10. 時には男性のようにも振舞う

男同士っていいな、って思うことありませんか?貴女もたまには男同士のように彼と晩酌してみたり、ゲームで盛り上がってみたり、スポーツ観戦をしてみたりしましょう。

そして、彼が弱っているときにも背中をポンとたたいて、「私がいるじゃない」と彼の分も男前に頑張れてしまうくらいの強さも持ちましょう。

いかがですか?これが全部できたら最高ですが、自分ができそうなことをいくつか試すだけでも彼は喜んでくれるはずですよ。そして、「貴女は貴女らしくあること」これが大切です。

貴女には貴女の魅力があって、それで彼と付き合い始めたのです。胸を張って自分が自分であることに誇りを持った上で、彼をサポートできるイイ彼女になりましょう!

この記事をシェアする

関連記事