• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

壁は自分でぶち壊す!最強ヒロインからパワーがもらえる映画

Date:2013.11.08

「か弱い」、「守ってあげたい」そんなイメージだけで女性が生きていける時代は疾うの昔に過ぎました。ひとりでもきちんと生きていけなくては、一人前の女性失格です。

今回は、強い女性として目標にしたい、“最強”な女性が戦う映画をピックアップしました。ただ戦いに強いだけでなく、精神的にも様々な障害を乗り越えていくヒロインたち。この戦うヒロインたちから、「強さ」の秘訣を学んじゃいましょう!

キル・ビル

『キル・ビル』(原題:KILL BILL)は、“鬼才”と呼ばれるクエンティン・タランティーノ監督の2003年アメリカの作品。

タランティーノ作品だけあって、ブラックユーモアや様々な映画へのオマージュで溢れている。日本ヤクザ映画、中国カンフー映画、マカロニ・ウエスタンなどへの監督の愛情が伝わってきます。

ちなみに、この『キル・ビル』は二部作ですが、Vol.1では作品の舞台が沖縄・東京となっており、監督の日本好きが見て取れます。

日本人なら、女優達の片言な日本語や、飛行機内で乗客が日本刀を持っている点など、思わず突っ込みを入れたくなりますが、見ていて面白いことに間違いはありません。

**あらすじ**

ザ・ブライド(ユマ・サーマン)は結婚式の最中に、かつて足を洗った殺し屋業のボス“ビル”によって、惨殺された、はずだった。

奇跡的に一命を取り留めたものの、結婚式場にいたものは全員殺されており、夫もお腹にいた赤ちゃんも、何もかも奪われた彼女は“ビル”への復讐を誓う。“ビル”の命令を受けて自分を殺しに来たエージェントたちを一人残らず殺していく。

Vol.1では東京のヤクザのボスとなったオーレン石井(ルーシー・リュー)への復讐を中心としている。かつての“ビル”の師匠である伝説の刀鍛冶・服部半蔵を訪ねるために沖縄へ、そして石井のいる東京へと向かう。

Vol.2では、ザ・ブライドの修業時代の回想、現在の“ビル”の愛人であるエル・ドライバー(ダリル・ハンナ)との対決、そして“ビル”との対面が描かれている。

ザ・ブライドが知らない事実を隠していた“ビル”。その事実を知ったザ・ブライドは動揺する。最後にザ・ブライドがとった行動とは・・・!

この映画の見所は、先ほど述べたように“タランティーノ作品”たるところが一番かもしれませんが、アクションだけでなく、ストーリーもなかなか面白いものだと思います。

自分の愛するもの、幸せな未来全て奪われた女性が、ひとりでただ復讐するためだけに立ち向かっていく姿は、拍手ものです。ザ・ブライドの精神力、女の強さはぜひとも見習いたいものです。

チャーリーズ・エンジェル

『チャーリーズ・エンジェル』(原題:Charlie’s Angels)は、2000年アメリカ映画。もともとはテレビシリーズだったものを映画化したものです。

この『チャーリーズ・エンジェル』が一作目で、続編として『チャーリーズ・エンジェル フルスロットル』が2003年に制作されています。

チャーリーはに仕える三人の“エンジェル”、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リューがさまざまな扮装(コスプレ?)をしたり、あの手この手を使って、事件を解決していく姿はとってもキュートで、しかもとっても強い!三人の美しさは見ごたえのあるものです。

*あらすじ*

チャーリー探偵事務所でチャーリーに仕える三人のエンジェルたち。今回の指令は、誘拐されたある企業の創立者とその企業が開発した「音声追跡ソフト」を奪還することだった。

その犯人として浮かび上がったのは、長年チャーリーを敵視してきたコーウィンだった。彼は大企業のトップであり、容易に近づくことが出来なかった。そんな彼に接近するため、エンジェルたちは会社・パーティ等様々な場に潜入し、犯人を追い詰めていくのであった。

この映画の見所はずばり、三人のエンジェルたちでしょう。彼女らのキュートな姿、また、本格的なアクションもこなす姿は「カッコいい女性」そのものです。

全体的にコミカルなトーンで、とても見やすく、また鑑賞後の壮快感は約束できます。ちょっと嫌なことがあった、なんだかモヤモヤする・・・なんて時にぜひ見ていただきたい作品です。

トゥーム・レイダー

『トゥーム・レイダー』(原題:Lara Croft: Tomb Raider)は2001年アメリカ映画。同名のゲームを映画化したものです。主人公ララを演じるアンジェリーナ・ジョリーは、この作品によって、彼女の名を世界的なものとしました。

*あらすじ*

トレジャーハンターであるララ(アンジェリーナ・ジョリー)は、20年前に失踪した父親の部屋であるものを発見する。そこには謎の星座表が隠されており、それは5000年に一度の”グランド・クロス=惑星直列”によって、強大な力を発揮する古代の秘宝への手掛かりであった。

時空の扉を開く鍵となるその秘法を廻って、ララと彼女の宿敵との戦いが始まる。果たして、彼女は秘法を廻る謎を明かし、世界を救うことが出来るのだろうか・・・。

天才トレジャーハンターであるララは日々過酷なトレーニングに励み、様々な困難にも立ち向かっていきます。そんな「強い女性」として戦う女性像を確立したアンジェリーナ・ジョリー自身が見所です。飽きの来ないアクションシーンで、彼女の魅力を堪能してください。

さて、今回は三作紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?クールな戦う女性の姿から、「強い心」を学んで、あなたも“最強”な女性を目指してみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアする

関連記事