• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

男が好む女の「ほどほどの酒好き」はどの程度?

Date:2013.03.20

男性はあまり酒豪の女性を好みませんね。でも、女性の酔った姿は色っぽいとか、お酒の飲める女性は一緒にいて楽しめる、などとも言われますね。

確かにほろ酔いの女性は色気がありますよね。首筋や顔がポッと赤くなって、女性の色香が漂ってきそうです。一方で、どんなに飲んでも顔に出ないほどお酒に強い女性もいますが、こちらは男性としては引き気味。

女性はどのくらいのお酒が飲めるといいのでしょう?男性が好む女性のお酒好きはどの程度なのでしょうか?

とりあえずビールは飲めた方がいい

最初のビール1杯は飲めた方が好感度が高いようです。ノリもいいですしね。頼んでも少ししか飲めないのは、印象が悪いようです。2杯くらいまでは普通のようですが、それ以上ビールばかり何杯も飲んでいるのはちょっとひかれるようです。

また、ビールの銘柄などにこだわる女性もあまり男性はいい顔をしないようですよ。

色気を感じるワインと日本酒

日本酒のおちょこを持って飲んでいる女性には色気を感じるのだそうです。しかしこれも量の問題があり、冷酒をぐいぐい飲んでいる女性はNGのようですね。お酒が強いという印象ができてしまうからですかね。

ワインも女性らしくて好印象。赤ワインを飲んでいる女性の方が色っぽさを感じるようです。ただし、どちらも酒の飲めない男性にとっては引いてしまうようです。

焼酎サワーは好印象

焼酎のサワー割りのようなお酒を飲む女性は好感度が高いですね。あまりアルコール度数も高くないので、お酒好き、という感じもしないし、さわやかな印象があるようです。

焼酎の梅干し割りなどおじさんが頼むようなものは、あまりイメージがよくないみたいですよ。

お酒の銘柄や種類にこだわる女性はNG

お店に入って、このお店○○のお酒置いてないのね、などと銘柄やお酒の種類にこだわる女性は好感度が下がります。

値段に関係なく、おいしいと飲んでくれる女性に男性は弱いみたいですね。高いお酒ばかり頼むような女性はなかなか彼ができないかもしれませんよ。

お酒を残さない

飲めないのにオーダーをして、ずっとそのままお酒は残っているのはよくありません。飲まないのなら頼まないことです。

また、飲むピッチが遅くて氷が解けて味が薄くなったからと、新しいお酒を頼むという女性は、結婚相手には考えないそうです。

ほろ酔いでとめておいて

男性が好きなのはほろ酔いの女性です。ちょっと普段よりもくだけた感じになって、甘えてきたり、おっとりしだしたり。いつも仕事をバリバリこなしている女性が、ふにゃっとなっているとそのギャップに惚れてしまう男性も。

しかし、泥酔はいけません。愚痴っぽくなったり、乱暴な口調になったり、泣き上戸になったり、殴り出したり…という酔っ払いは好感度を下げてしまいます。お酒は自分の限度をわきまえて飲むようにしましょうね。

全然飲めない、ノリも悪いのはNG

お酒が全然飲めないからといって、つまらなそうにしているのはやめましょう。携帯ばかりいじっていたり、あからさまに早く帰りたいオーラを出すのは、その場の空気を読めない女性、になってしまいます。

お酒が飲めなくても、その場に合わせて明るくふるまうことが大事ですよ。

この記事をシェアする

関連記事