• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

私に冷めてしまった?付き合うと男性からの連絡が減るのはなぜ?

Date:2014.11.21

付き合う前は、マメに連絡をしてくれていたのに、付き合ってからはだんだんと連絡無精になっていった彼・・・。

女性としては、自分のことがあまり好きではなくなったのか、冷めてしまったのかと、不安になるのではないでしょうか。

ここで言う連絡とは、必要事項の伝達ではなく、恋人同士の、会っていない時のコミュニケーションとしての連絡を指します。

なぜ付き合うと男性からのこのような連絡が減るのか?ということや、冷めているのか、それともそうでもないのかの見分け方などを取り上げます。

日本人男性に多い!釣った魚に餌はやらないというタイプ

付き合う前は連絡がマメだった男性が、付き合った途端、または徐々に連絡無精になっていった。

その場合、理由は色々と考えられますが、最も多いのが、日本人男性に多い「釣った魚に餌はやらない」というタイプではないでしょうか。

付き合う前は振り向いて欲しくて情熱的に頑張っていたのですが、いざ付き合うことが叶ったら、自分のものになったように感じて安心してしまっているのです。

要するに、今の関係にあぐらをかいている状態です。

また、もし女性の方から頻繁に連絡している場合、彼女の行動などが把握しやすいので、付き合う前のように「今どうしているかな?もしかして、他の男と一緒にいたりしないだろうか?」という心配事もなくなり、マメに連絡する気持ちが起きないのかもしれません。

思い当たる方は、自分からの連絡を減らして様子を見てみることで、彼の方からの連絡が増える可能性があります。

元々は連絡無精なタイプなのに、付き合いたくて頑張っていた

付き合ってたとえ安心感が持てたとしても、元々電話やメールが好きなタイプであれば、変わらずマメに連絡をしてくるはずです。

しかし、本当はマメに連絡をするようなタイプではなかった場合、やはりお付き合いが始まった後は、面倒くさくなってしまって、無理してまでは頑張らなくなってしまうのでしょう。

この場合、連絡が疎かになったということを嘆くよりも、彼はそれだけ自分に対して、無理をして頑張ってくれていたのだ、ということに喜んだ方が前向きな気持ちになれそうです。

電話やメールが苦手で何を言えば良いのか分からないタイプ

彼は、どちらかというと無口な男性ではありませんか?

そのような男性は、電話やメールというツールを使ってのコミュニケーションは、場の空気が感じられないので苦手に感じているということもあり得ます。

一方、たとえ話好きな男性であったとしても、同じように、対面ではなく電話やメールでの会話は苦手、という男性も少なくありません。

電話をした時、妙に冷たいと感じたり、会っている時よりも話が弾まないと感じるのであれば、このようなタイプの男性である可能性が高いでしょう。

だとすると、苦手なことを無理強いすると更に苦手意識が強くなってしまいますので、必要な連絡だけはしてくれればOK、というくらいの気持ちでいた方が良さそうです。

実際に冷めたり、違和感を感じているのであまり連絡したくない

男性から連絡が少なくなり、女性が最も恐れていることが、自分に冷めてしまった、好きじゃなくなったのではないか?ということです。

実際、お付き合いが始まり、今までよりも深くあなたを知ることで、「思っていた感じと違った」と違和感を感じてしまっていたり、冷めてきたりすることも、恋愛では普通に起こり得ることです。

もし本当にそうだった場合、もちろん連絡してくることは少なくなるはずです。

そんな時に、こちらから一方的に何度も連絡してしまうのは、逆効果となってしまいます。

会っている時の態度で判断!気持ちは行動に現れる

では、冷めてしまったのか、そうではないのかの見極め方を紹介していきます。

連絡が少なくなっても、会う時間が確保できているのであれば、即別れを考えているというわけではなさそうです。

そして、会っている時の態度をよくチェックしてみることです。

彼自身、まだ今後どうしようか迷っている場合、「冷めたの?」などと聞いても、ハッキリした答えは返ってこないことが考えられます。

しかし、口でどう言おうとも、気持ちは行動に現れてしまうものです。

そこで、会っている時に、彼が楽しそうにしているかどうかということが、冷めたかどうかの大きなポイントになります。

以前とほぼ変わりなく、楽しそうだったり、気遣いをしてくれる素振りがあるようでしたら、冷めたというわけではなく、上記に挙げてきたことが原因での連絡減少である可能性が高いでしょう。

逆に、どこかつまらさなそうにしているとか、あからさまに笑顔がなくなったなどは危険信号です。

会っているのにスマホばかりいじっているとか、家で会って寝ていたり、ゲームしていたりと、あなたをないがしろにしているようでしたら、気持ちは冷めてきていると見られます。

この記事をシェアする

関連記事