• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

知ってて損はしない産婦人科選びのコツをお教えします

Date:2013.08.07

妊娠しているかな?と思ったらなるべく早く産婦人科を探したいですよね。しかし、地域によっては産婦人科を設置している病院が少なく、どこで出産すべきか悩ましいエリアもあるようです。

いわゆる“お産難民”なんてことにならないためにも早めに産院を抑えておけるように、産婦人科選びのポイントについてお話したいと思います。

ではさっそく産婦人科選びをする上で最も重視すべき5つのポイントを見てみましょう。

1.女医を希望する場合

産婦人科にかかるなら、女医がいるところが良いと思う女性は多いと聞きます。

クリニックによって医師の人数や勤務体制が異なりますから、気になる場合は事前にホームページや電話などで確認しておくといいでしょう。また予約の際も、女医を指名できるのか確認するといいでしょう。

2.立地はどうでしょうか

急な体調不良があった時のために、自宅から通いやすいクリニックを選ぶことも大切です。特に妊娠中は、何があるかわかりませんから、万が一、緊急で受診が必要になったときのことを考えると少しでも近い方が安心です。

出産する時も同様ですが、一刻を争うこともなきにしもあらずですから、充分に検討してください。

3.設備内容や出産方法を把握しておきましょう

クリニックの考え方によって設備や出産時の分娩方法まで異なってきます。例えば、妊娠中にお腹の胎児を確認するためのエコーひとつにしても3Dを扱っているところ、4Dを導入しているところなど様々なのです。

分娩方法においても自然分娩をメインにしているところや麻酔を使った無痛分娩、和通分娩を取り扱っているところがあります。

4.費用は病院によって異なります

検診時の負担額や出産時の入院費用、分娩費用は産院によって大きくことなることがあります。

入院時の部屋のグレードや食事の内容が上がれば、当然費用も高額となることが考えられますので、こちらも事前に確認すると同時に、ネットなどを使って口コミを見ておくのもいいでしょう。

5.滞在時間も産院によってまちまちなのです。

待ち時間の長さが、クリニックの人気をあらわしている場合も多いのですが、例えば、在職中で勤務の合間をぬって診察を希望する場合など、時間に余裕がないときは極力混まない時間帯を事前に聞いておくことも大切です。

受診する内容によっては採血などの検査がある場合もあります。また妊娠初期など、体調面での不安がある時は、待ち時間が苦痛になることもあります。

以上5つのポイントが最も重要視する部分ですが、他にも医師はもちろんのこと、助産師や看護師、受付スタッフの対応なども評判を確認した方いいでしょう。

この記事をシェアする

関連記事