• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

秋刀魚がもたらす効果とは?アンチエイジング効果もある秋刀魚の秘密

Date:2013.10.30

秋刀魚が美味しい季節と言えばやはり「秋」ですよね。最近は小骨が気になるとか、焼くときに煙が出るので嫌だとか、臭い等という理由から秋刀魚どころか、焼き魚も食べない人が目立つようになってきました。

これは女性にとっては大変勿体ない話で、秋刀魚がもたらす恩恵を受けずに生きてしまう事になってしまいます。秋刀魚がもたらす効果や効能を知ればあなたも秋刀魚を食べずにいられないかもしれません。

効果なサプリメントと同じ位の成分の凝縮が秋刀魚です

豊富なビタミン群にコラーゲンやDHAやレチノールまでもが含有されていて、一尾食べるだけで、美容に効果が絶大だとも言われています。

特にビタミンに関してはビタミンB12、ビタミンB6にビタミンDやビタミンEまで含まれており、アンチエイジングや美白に、そして貧血にも効果がありますので大変便利とも言える食材の一つになります。

食べ方の基本はワタを含めて全部食べることです

頭や骨などは残すにしても、出来ればワタや皮に至っても全てを食べる事をお勧めします。

特にワタと呼ばれる内臓は苦味があって嫌煙されがちですが、そこにビタミンAにあたるレチノールが豊富に含まれていますので、残すのは大変勿体ないのです。レチノールは肌のくすみをなくしたり、新陳代謝を活発にしてくれますので、大変貴重な栄養源になります。

栄養価が高い旬に召し上がるのが最適です

秋には秋刀魚が沢山市場に出回りますし、価格も安価になりますので、是非その際にお召し上がり下さい。ヒラキにしてみりん干しにすれば日持ちもしますし、かば焼きにすればウナギに劣らない味がします。

秋刀魚とトマトで肌の回復を狙え!

夏に肌を酷使してしまった人は秋刀魚とトマトで肌の回復を是非狙って下さい。トマトをぶつ切りにした物と秋刀魚のぶつ切りを岩塩やコショウと一緒に煮るだけで、美味しいイタリアンなメニューが一品出来上がります。

トマトにリコピンと、秋刀魚のビタミン群で肌の美白と活性化が望めますので、夏の終わりから秋にかけては進んで食べて欲しい食材になるでしょう。

この記事をシェアする

関連記事