• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

秋刀魚をより効果的に食べて家族を健康に。年代別効果的な秋刀魚の食べ方

Date:2013.11.15

栄養効果や美容効果の高い秋刀魚。秋には脂がたっぷりのって、おいしい秋刀魚を食べることができます。主婦としては、家族みんなにおいしく食べてもらいたいですね。

しかし、子どもが焼き魚を食べない、コレステロールが気になる旦那さんにはフライにしてはいけないなど、家族それぞれに秋刀魚の栄養素を効果的に摂れれば、よりいいですね。

また、秋刀魚の美容効果をアップさせるには、こんな食べ方が効果的、といったこともあります。秋刀魚の栄養素をしっかりと摂取するためにも、年代やタイプに合わせた秋刀魚の食べ方を紹介しましょう。

コレステロールが気になる旦那様には?

秋刀魚にはDHA、EPAが豊富に含まれています。DHAとEPAは、血液中のコレステロールを減らして、血流をよくしてくれる働きがあります。

さらに善玉コレステロールを増やしてくれるという作用もあるので、コレステロールが気になる旦那さんには、もってこいの食材です。

血管に付いてしまったコレステロールも減らしてくれるので、血液サラサラ効果も。動脈硬化や心筋梗塞などの予防にもなります。さらに、糖尿病の合併症を解消する働きもある秋刀魚。旦那さんにはぜひ、食べさせてあげたいですね。

秋刀魚に含まれるDHAやEPAを効率的に摂取するには、脂肪を落とさないように食べること。強火で焼くと、脂肪の流出を防ぐことが可能です。秋刀魚を焼く前には、網を熱しておくと、皮がはがれにくくなります。

皮にはビタミンB2が含まれているので、皮もしっかりと食べたいですからね。

成長期の子どもには炊き込みご飯で

骨や歯の成長や健康に欠かせないカルシウムと、そのカルシウムの吸収を促すビタミンDが豊富な秋刀魚は、成長期の子どもにもしっかりと食べてほしい魚です。さらに、秋刀魚に含まれるDHAは、脳細胞の働きを活発にして、学習能力を促す作用があるのです。

しかし、なかなか子どもは焼き魚を食べてくれないことも。そんな子どもには秋刀魚の炊き込みご飯を作ってあげましょう。

頭をわたを取り除いて、しょうゆとしょうがで味付けし、お米と一緒に炊き込みます。骨は取ってほぐしてあげると、より食べやすいですね。

お年寄りには食べやすく

秋刀魚に含まれるDHAは、脳細胞を活性化する作用があると言われています。そのため、認知症の緩和にも役立つのではないか、と言われているのです。血液サラサラになる秋刀魚はお年寄りにもおススメ。

お年寄りには秋刀魚の骨などが気にならないように、食べやすくしてあげるのがポイント。秋刀魚のつみれを作って鍋にしたり、秋刀魚のゼリー寄せなども、抵抗なく食べることができますよ。

生後9ヵ月から秋刀魚

鉄分や脳の成長を促す成分が豊富な秋刀魚。秋刀魚は生後9ヵ月の赤ちゃんにも食べさせることができます。

どのようにしてあげるかというと、秋刀魚を塩焼きにして、ほぐした身を少しずつあげればいいのです。骨はしっかり取ってくださいね。抵抗があるようであれば、ご飯や野菜などと一緒に食べさせてみましょう。

ただし、秋刀魚にはアレルギーもありますので、9ヵ月以前の赤ちゃんには無理をしてあげない方がいいでしょう。また、両親にアレルギーがある場合も注意しましょう。

二日酔い予防にも秋刀魚

加齢とともに肝臓の働きも弱ってきます。飲み会が続いたり、飲み過ぎたりすると肝臓に負担がかかり、二日酔いにもなりやすいですね。二日酔いをしていると、食欲もなくなります。そんな時には秋刀魚の梅煮はいかがでしょう?

秋刀魚を昆布としょうが、梅干しとしょうゆで煮るだけです。秋刀魚は肝臓機能を向上させる働きもあります。お酒を飲むことが多い人にも、秋刀魚を食べて肝臓を強くしてほしいですね。

胃に負担をかけない大根おろし

秋刀魚を焼いて食べる時には、必ずといっていいほど大根おろしをつけますね。これはとても大事なことなのです。脂ののった秋刀魚がとてもおいしいのですが、胃もたれを起こしやすいのです。それを防いでくれるのが大根おろしです。

大根には、でんぷん消化酵素であるジアスターゼが含まれていて、消化を促してくれるのです。ダイコンには他にも食物繊維やビタミンCといった栄養が含まれている食物で、さらに辛み成分のイソチオシアネートが含まれているので、食欲増進にもつながります。

ストレスで胃に負担がかかっている、という場合は、秋刀魚を食べる時には必ず大根おろしと一緒に食べるようにしましょう。

この記事をシェアする

関連記事