• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

結婚3年目から感じる危機?男性がもっとこうして!と思っていること

Date:2014.04.21

古~い曲に「3年目の浮気」というものがあったりしますが、とかく結婚3年目には、危機が訪れやすいということを耳にします。

確かに、3年目辺りからは、お互いに対して地が出る、素が出るという感じになってきて、自分のワガママを通したいという気持ちも芽生えてくる頃です。

そんな、相手に「もっとこうして欲しい」という思い・希望が、お互いに理解し合っているなら良いかもしれませんが、しっかり意思疎通が出来ていないと、無駄に衝突が多くなってしまうのかもしれません。

では今回は、男性が結婚3年目くらいから抱き始める、妻にもっとこうして欲しいと思っているのはどのようなことなのか、周りの男性の意見も参考にしながら考えてみたいと思います。

オシャレに手を抜かず、もっとキレイでいて欲しい

毎日顔を合わせていて、夜や朝にノーメイクの素顔を見せることにも慣れてくると、だんだんと家にいる時にオシャレをしなくなってしまうという女性も多いと思います。中には、スウェットやジャージを部屋着としている女性もいらっしゃるでしょう。

でも男性にしてみたら、妻がどんどんオシャレに手を抜いて、女性らしさをなくしていくことに対して、ガッカリしている場合も多いのではないでしょうか。

外では、さまざまな女性を見ているわけですから、帰ってから奥さんがあまりにズボラな格好をしていたら、げんなりしてしまうかもしれません。

また、こうした慣れの意識から体型も崩れてしまい、そんな妻にダブルでガッカリしている可能性もあります。本音では、以前のように、もっとキレイでいて欲しい!と願っている旦那さんも多いのではないでしょうか。

忙しいかもしれないけど、もっと部屋をきれいにしていて欲しい

奥さんも仕事に家事にと、それなりに忙しいということを、頭では理解している旦那さんも増えていることと思います。そうはいっても、やはり家の中は、過ごしやすくきれいにしていて欲しいと願っている男性は多いようです。

毎日隅から隅までというわけにはいかないにしても、せめて見た目がスッキリ見えるように、整理整頓をしっかりして欲しいと思っていることが多いのではないでしょうか。

また、神経質な男性ですと、洗面台やバスルームの汚れが結構気になってしまうということもあります。収納に工夫したり、水周りは清潔にしておくなど気をつけると良いかもしれません。

生活のためだからと、ケチケチし過ぎるのをやめて欲しい

家計のやりくりをしっかりしなければと、節約を頑張ったり、少しでも安いものを探したりなどするのは、どちらかといえば、男性よりも女性の方が多いのではないかと思います。

しかし、いくら生活のためだからと、あまりに節約に力を入れている奥さんを見て、ケチケチし過ぎて窮屈だと感じている男性も少なくないようです。

自分が節約を頑張っていると、どうしても、同じようにすることを旦那さんや子どもにも求めてしまうようになると思います。そのため、家族にガミガミ言っている姿を見て、居心地の悪さを感じている可能性があります。

たまにはコッテリしたものを出して欲しい

健康を考えて薄味を心がけたり、ヘルシーな料理を心がけるようにしている女性が増えているのではないでしょうか。でもやっぱり男性は、たまにはコッテリしたものを食べたいと思っていることが多いようです。

健康を考えることも大切ですが、月に何度かは、旦那さんのリクエストに応えてあげるのも良いのではないかと思います。

急にヒステリックになるのをやめて欲しい

男性は、女性が泣いたり喚いたりすることに、多かれ少なかれ恐怖を感じてしまうようです。女性は生理周期によって、ホルモンの影響でヒステリックになってしまったり、突然泣き出してしまうことがあるのは、女性同士でしたら理解が出来ます。

しかし、男性にとっては、なかなか理解がしづらいもので、その度に驚いてしまうようです。こうした症状が出る方は、あらかじめよく話をしておくと良いかもしれません。

また、生理周期に関係なく、性格的にヒステリーを起こしやすいという自覚がある方も、自分でもどうしたら良いのか分からず困っているなど、相談するような形で伝えておくことで、旦那さんを驚かせたり怖がらせたりしなくても済むようになるかもしれません。

素っ気なかったり、冷たい態度でないがしろにするのをやめて欲しい

結婚3年目くらいになると、旦那さんといることが当たり前となり、女性の方に新鮮な気持ちがなくなって、素っ気なくしたり冷たい態度を取ってしまっているということもあるでしょう。

頻繁にそんな態度を取られると、旦那さんはないがしろにされていると感じ、もっと優しい女性がいたらそちらに癒やしを求めてしまうかもしれないという危機を生みます。

この記事をシェアする

関連記事