• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

継続利用で燃える身体に!?酸素カプセルの効果の疑問と危険

Date:2012.07.18

「酸素」は、人間には不可欠な成分です。最近では高濃度の酸素カプセルに入って体調を整えたり活力を養ったりと、スポーツ選手にも愛用者が増えています。また、美容の観点からも酸素カプセルの有効性が広まっています。

一方、酸素を多く消費する生物ほど短命という事が実証されているように、酸素の摂り過ぎは身体にさまざまな悪影響を起こすリスクがあります。

大気中に含まれる酸素は21%ほど、これが普通なんです

人間だけではなく他のさまざまな動物は、少しでも激しい運動を行うと心臓がバクバクして息苦しくなります。また、病気等で呼吸が浅くなってしまった場合には酸素吸入器が必要となります。

酸欠で苦しい思いをするたびに、私達は「もうちょっと空気中の酸素濃度が濃ければ酸素がスムーズに身体を巡って楽に呼吸ができるのに」と考えてしまいます。酸素100%なら、さぞかし気分良いだろうと思ってしまいますよね。

酸素100%だと数日で死に至る!やっぱり高濃度酸素はキケン?

さまざまな実験では、通常よりも高い酸素濃度の環境に置かれた動物は、確実に寿命を縮めてしまうという事がわかっています。また、動物だけではなく、植物で同じ実験を行っても発芽不良やすぐに枯れてしまったりしました。

この実験からも言えるように、酸素の摂り過ぎは生命に悪影響を及ぼすようです。そう考えると、激しい運動をしたから酸素不足になって苦しくなるというより、身体を苦しくする事で余計な酸素を吸わないように防衛反応をとっていると考えられます。

また、放し飼いされた馬と狭い敷地で繋がれた馬で同じ餌を与えて育てた場合も、行動範囲が制限された状態で飼われた馬の方が寿命が長かったという報告もあります。

自然のなかで好き勝手に動き回っていた馬の方が運動量が多くなり、酸素消費量も多くなったからからだと考えられています。

それでも酸素カプセルはおいしい?

酸素カプセルには、脂肪を燃焼してエネルギー源に変える効果があると言われています。ジョギングやエアロビクスのような有酸素運動を行った時と同じ効果が得られるとか。

また、酸素が毛細血管の隅々にまで行き渡る事から、足先から指先までの血流が改善して冷え性対策にもなるとの事です。このため、クリニックでは酸素カプセルの継続利用を勧めているようです。

多くの効能が立証されているこの「酸素カプセル」ですが、高濃度酸素での影響はまだまだ検証段階です。クリニックでの治療ではおそらく酸素濃度の調整がされた状態で施術が行われるでしょうが、頻繁な使用には多少不安がありますね。

この記事をシェアする

関連記事

コメント