• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

仕事疲れで元気がない旦那様をサッと癒す!簡単!3種のツボ紹介

Date:2014.05.30

新年度も始まって数ヶ月、会社では新しい事業が始まったり、部署が移動になったり、新入社員の教育に手を焼いたり。さらに連日の接待飲み会が重なったりで、旦那様の疲れも溜まっていることと思います。

家族のために頑張ってくれているのは分かるんだけど・・・疲れた顔で愚痴なんか言われると、正直面倒だし、こっちまで辛いなんて思っちゃいますよね。

美味しいご飯を食べて暖かいお風呂に入ることでリフレッシュしてくれたらいいんだけど、それだけじゃ効果が足りない時も。寝る前にマッサージでもしてあげられたらいいんだけど、主婦も家事で疲れてるんです。

そんなとき!身体の一点をきゅっと押すだけで全身が楽になるような、そんなマッサージがあればいいのになと思いませんか。なので今回は、誰でも簡単に旦那様の疲れを吹き飛ばせる3種類のツボを紹介したいと思います。

一点を押すだけで全身の調子を整えてくれる夢のようなツボもあります。是非旦那様に実践してみてくださいね。

肩の中心のツボ

肩はマッサージといえばまずは肩こりほぐしの肩もみ!というくらいおなじみの箇所。

肩の柔らかい人やあまり凝りがない人は簡単に揉めますが、かっちかちの人の肩はこちらの指が曲がるんじゃないかってくらいにやる側が疲れます。しかも男の人の肩は広いし、辛さも倍増。

しかし一点集中のツボであれば、その苦労もなくすっきりしてもらえるので、お互いのストレスも溜まりません。

◆肩井(けんせい)

正面から見て、左右の肩それぞれの中心あたりの上部にあるツボです。真上から押す形になります。

首から肩にかけてすーっと通るすじのような感触があるかと思いますが、その上を押す感じで、親指の腹でゆっくりと3秒押し、力を抜くときもゆっくり3秒ほどかけてください。すじに対して垂直になるように圧力をかけるのがポイントです。

★効果・・・肩こり・頭痛・パソコン操作で疲れた指などを癒す

ひざの内側のツボ

◆陰稜泉(いんりょうせん)

正面から見て、左右のひざの内側面にあるツボです。ふくらはぎの内側から上に触っていくと、ひざに入るときにでっぱった骨に当たります。その骨の下部の辺りを押してみて、少し痛みを感じるところがこのツボです。

親指、もしくは他の指でも構いません、ゆっくりと5秒押します。かなりするどい痛みを感じる場合がありますので、その時は加減してあげてくださいね。

★効果・・・全身の疲労感・足のむくみの解消

頭のてっぺんのツボ

◆百会(ひゃくえ)

これが一番簡単。頭のてっぺんにあるツボです。鼻から、そして耳からまっすぐ頭頂部へ向かった交点ですね。押してみるとツン、と全身を抜けるような気持ちの良い痛みが広がります。

どの指でも構いませんので、痛くならない程度に2秒ずつ何度か押してあげましょう。

子どもの頃、このツボを押すと下痢になる!という噂が流行ったことがありませんか?実際、下痢にはならず、とっても身体にいいツボなのでご安心ください!

★効果・・・全身の調子を良くする、頭痛・耳鳴り・精神的不眠の解消

この記事をシェアする

関連記事