• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

モノトーンコーデ続きの人におすすめ!簡単に差し色を入れるコツ

Date:2014.07.30

あなたのクローゼットにかかっている洋服、気が付けば同じ色ばかり買っていることはありませんか。手持ちの服はグレーやベージュ、黒ばかり。

雑誌に載っているコーディネートはあんなに上手に色を組み合わせているのにいざ自分の服となると色の合わせ方が分からない・・・。

今日はそんなコーディネートに加える「差し色(さしいろ)」のお話です。

コーディネートに簡単に3色取り入れる方法

みなさんはコーディネートにいくつ色を取り入れるのが良いと思いますか。理想的な色の数は3色。まず全体のうち一番大きな面積を占める土台となる色、ベースカラー。土台の色と相性よく馴染んでくれるミドルカラー。

そしてどこか寂しい2色だけのコーディネートにスパイスを加えてくれる差し色。ベースカラーとアソートカラー、そして差し色がそれぞれに占める面積の割合はだいたい6:3:1くらいが理想です。

たとえばベージュのトレンチコートが土台の色であれば、その中に着る黒いワンピースはアソートカラー、差し色に赤のバッグといったところでしょうか。

ところで急に「ファッションに3色取り入れる」と言われても、簡単にコーディネートが頭に思い浮かぶ人はいませんよね。まずは2色(土台の色&差し色)の組み合わせだけ考えてみましょう。

あなたのクローゼットを開けてみてください。土台となる色、どんな色が一番多いですか?その色別におすすめの差し色を紹介します。

ベージュがベースカラーになる場合

ベージュがベースカラーになるときはブルーやレッドが差し色におすすめです。例えばベージュのパンツに合わせるならブルーのニットを差し色に使います。

その中間に持ってくるミドルカラーとしては黒いジャケットや黒のオペラシューズ、バッグといったところでしょうか。

ベージュのとろみ感のあるシフォンブラウスには赤いスカート、バッグや靴にはベージュと馴染みの良い色(例えばブラウン)を組み合わせます。コーディネートがちょっとさびしく感じたらもう一色イエローの細いベルトを使ってみるのもいいですね。

グレー、ネイビーがベースカラーのとき

ネイビーは流行色ということもあって特にジャケットやパンツ、シャツいろんなアイテムで選ぶ色ですね。ネイビーと特に相性がいい差し色はレッド。

例えばネイビーのシャツワンピースに赤いクラッチ、ミドルカラーにストロー素材の茶色い帽子をかぶるというのも良いでしょう。ブルーも相性の合う差し色です。

グレーのニットにネイビーのジャケット、パンツは白地にブルーの花柄パンツを持ってくるというのもアリです。靴はパンツの柄に使われている色のどれか(ブルーまたは白でもいいですし、他に色が入っていればその色に合わせてもok)を選ぶと良いでしょう。

グレーはピンクやパープルとの相性もバッチリ、グレーのニットワンピースに赤いチェック柄の大判のストールなんかも素敵です。中間色には黒のライダースジャケットを着ても良いでしょう。

白にはビビッドカラーやアイスカラーを

今年流行の白。トップスもボトムスも全身白でいくコーディネートが雑誌にどんどん出てきています。白にはビビッドなグリーンやレッド、ブルーを。もしくはパステルカラーよりもひんやり感のある「アイスカラー」と呼ばれる色を取り入れるのもおすすめです。

白いワンピースにブルー系のアイスカラー(ミント味のアイスクリームのような色ですね)、ベージュのサンダル。

白ベースのワンピースに白のジャケット、バッグは黒で抑えつつ靴とリップに真っ赤な色を持ってきてもお洒落です。

差し色初心者はバッグやカーディガンから

色別におすすめの差し色やコーディネートを紹介しましたが、普段からグレーやベージュの服を選んでいるあなたが突然赤や青の柄物ワンピースを買うのもドキドキするでしょう。

差し色アイテムを狙うならおすすめはバッグやカーディガンです。あまり高くないアイテムなら気負わずに買えますよね。コーディネートのいい練習アイテムです。

レッドやブルーのバッグ、またははっきりとした色づかいのバイカラーのバッグはマンネリ化したコーディネートをセンスよくまとめてくれるでしょう。バッグは高いから失敗すると怖い・・・というあなたにおすすめなのはカーディガン。

あえて袖に腕を通さず、ただサラリと羽織ったり肩掛けしたり腰に巻いたりバッグの中からちらりとのぞかせたり。カーディガンを使う場所は自由自在、そんなに高くないものであれば赤も青もグリーンも・・・と数枚そろえられます。

カジュアルな装いなら数色使ってあるチェック柄のシャツも使えますね。

また雑誌やネットで見かけたスキなコーディネートをスケッチしてみることもおすすめです。眺めるだけとは違ってあなたのコーディネートへの良いヒントが見つかるかもしれません。

この記事をシェアする

関連記事