• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

砂糖を避けてもダメ?カロリーを抑えて太るのを食い止めるには

Date:2012.11.10

摂取カロリーが気になるから・・・、少しでも糖分は減らしたいから・・・と、カロリーゼロの清涼飲料水や、甘味料を使っている人も多いのですが、実は落とし穴もあることが・・・。上手な人口甘味料などとの使い方をマスターして、より健康で太りにくい体質にするには?

ゼロカロリー飲料の愛用者は、ウエストが飲まない人より増加

2011年に、アメリカのテキサス大の調査で報告された結果は、アメリカ国内で大きな波紋を呼んだようです。

10年間にわたって行われた調査で、ゼロカロリー飲料を好む人は、全く飲まない人に比べて、ウエストサイズの増加量が70%も上回り、特に1日に2本以上飲む人は、増加率が5倍以上との結果が。

実際には、体重ではなくウエストとの関係以外は、太ることとの関係は詳しくわかっていないようですが、飲んだ方がウエストが太くなるというのは、やはり驚きではないでしょうか。

ゼロカロリー飲料に入っている人口甘味料

ゼロカロリー飲料を飲む方はご存知だと思いますが、普通のコーラなどと比較しても、遜色のない甘さを感じます。これは、人口甘味料が使われているため。人口甘味料は、今では清涼飲料水などだけでなく、焼き菓子などにも、幅広く使われています。

カロリー控えめの甘い飲料(コーヒーなどにも)や、お菓子には、多くの場合こうしたモノが使われている場合が高いようです。主な物は、アセスルファムカリウム、アステルパーム、スクラロース、サッカリンなどです。

なぜ人口甘味料でも太るのか?

これらの研究や動物実験の結果からは、ハッキリしたことはまだ不明なようで、太っている、又は太りやすい体質の人は、こうした清涼飲料水を好む人が多いせい?などとも言われています。

が、本来は甘みを感じると、糖分が入ってくるはずなのに、体には吸収されないため、カラダのほうが少ない栄養分を効率的に使う「省エネ体質」と呼べるような体質になり、結果他から摂った栄養分が吸収されやすく太るという考え方も。

また人口甘味料を摂取しても、血糖値をコントロールするインシュリンを出す働きがあるので、太りやすくなるという意見もあります。

条件付で効果があると考えたほうが良い

2012年夏には、アメリカでも「人口甘味料を使うことは、ダイエットにつながるかどうかは、わからない」という見解も発表され、痩せるかどうかについては、不明というのが現状のよう。

それでも糖分の摂取量を減らすために、一定の役割はあり、肥満による糖尿病や心臓病予防には役立つが、長期的な使用や常用化が推奨できるかについては、まだ結論が出ていないようです。ただし、条件付では効果があることは確かなので、適切に使うことが重要なようです。

どういう人が使うべき?

甘味料を研究している専門家の意見では、栄養分を摂りすぎて、糖分を過剰に摂取している人が、摂りすぎている分の糖分のうち、砂糖の量を減らす目的で、人口甘味料に置き換えるという使い方が、一番良いのではないかということです。

ゼロカロリー飲料で痩せようと考えないほうが・・

つまり、ゼロカロリー飲料や人口甘味料に頼って、糖分やカロリーの全体量を減らさないで痩せよう考えないほうが良い、ということのようです。

楽して痩せるが、みんなの希望でも、なかなかそんな上手い話はなく、長い目で見ると何らかのリスクがある場合もあるということを理解することも大切。

糖分は生きていく上で必要な物なので、普段の食生活や運動を適切に行い、その中で適正な糖分量に抑える工夫を、まず行う必要があるようです。

この記事をシェアする

関連記事

コメント