• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

高級化粧品の効果を阻害してしまう砂糖の恐ろしさとは

Date:2013.09.02

砂糖は甘くてお菓子だけではなく和食の味付けやパンなど、いろんな料理に使われます。

砂糖はないと困ってしまうほど毎日活躍していますが、ダイエット的には出来るだけ控えるように昔からお医者さんだけでなくメディアでも言われています。

砂糖は文字通り糖質で、お米やジャガイモなどの炭水化物と同じように脳や体を動かすのに必要なエネルギーとなります。

ですが、大量に摂取してしまうと、必要以上のエネルギーは作られることがないので、そのまま脂肪へとなってしまいます。さらにはそれが継続的に行われてるとしたら、余った糖分はどんどん脂肪となり大変なことになるのです。

お米やジャガイモなどは糖質以外にもいろんな栄養分が入っていて必要なため、できるだけ砂糖は控えるようにと言われている訳です。これでも十分に気をつけなくては…と思いますが、太るだけじゃなく他にもまだ欠点があるのです。
 

太るだけじゃない砂糖

砂糖は、見た目をより年を取らせるって知っていましたか?砂糖は美容にも良くなかったんです。砂糖により作られる活性酸素が、お肌の細胞を壊すことによってシワができ、また皮膚を茶色くさせ、シミを作ります。

そのため、いくら高級化粧品を使っていても、毎日毎日砂糖を摂っていたら効果が出るどころか、どんどんお肌が老化していってしまいます。

若いうちはこういった砂糖によるシミやシワがでることはないので、気を付けない方が多いと思いますが、砂糖はどんどん溜まりますので早めの対策が必要です。

では、砂糖をもう摂らない方がいいのか?

砂糖は欠点だらけだけど、毎日使うものだし何かいい方法は?と思われた方も多いのではないでしょうか。

実は害だらけの砂糖とは砂糖全部のことではなく、一般的に使われている白砂糖のことです。

漢方では、白いものは体を冷やすとして良くないとも言われています。普段は三温糖や黒砂糖のように色がついている物を使うようにしましょう。

特に黒砂糖は白砂糖に比べて健康にいいだけでなく、カルシウムやマグネシウムなどのミネラルも豊富です。白砂糖はこういったミネラルなどはほとんど入っておらず、黒砂糖のようなコクもありません。

値段も白砂糖と比べると少し高めですが、高級化粧品の効果をなくしてしまうことを考えれば、全然もったいなくないですよね?

白砂糖はダイエットや美容にとって「百害あって一利無し」と心得た方が良さそうです。白砂糖をやめて、いつまでもしみ・シワのないきれいな美肌でいたいものですね。
 

この記事をシェアする

関連記事