• 美容
  • ライフスタイル
  • 健康
  • ファッション
  • スピリチュアル
  • DIY女子部
  • 恋愛
  • 大人の美学

美肌を手に入れて痩せる!さつまいもダイエットの効果とやり方

Date:2015.11.05

shutterstock_215301124

寒い季節になってくると旬を迎えるさつまいも。焼き芋、スイーツ、サラダや料理とどんな調理法でも美味しく頂けるさつまいもが嫌いな女性は少ないでしょう。

このさつまいもには美容や健康にうれしい成分が詰まっているのです。サツマイモを利用して美味しく、そして美しくダイエットをしてみませんか?

女性の強い味方!さつまいもに含まれている栄養成分

さつまいもは美味しいだけではありません。美容や健康に良く女性に嬉しい効果をもたらしてくれる栄養成分がたっぷりと詰まっているのです。

一日一本食べれば、ビタミンACEの必要量が取れる!

皮膚を丈夫にするビタミンA、コラーゲンの生成や美白に効果のあるビタミンC、そして若返りのビタミンとして抗酸化作用が期待できるビタミンE。

さつまいもにはこれらがバランスよく配合されているのです。しかも一日一本食べるだけで、一日に必要な摂取量が取れてしまうのがすごいところ。

体とお肌の代謝にかかせないビタミンBが豊富

ビタミンBは代謝機能を活性化させるのにかかせないビタミンです。糖質、脂質の燃焼に働きかけてくれますので、太りにくい体を作ってくれますし、エネルギー効率を高めてくれるので疲労回復も期待できます。

そして体だけではなくお肌の新陳代謝も活発にしてくれます。お肌の代謝が鈍るとニキビ、くすみといった肌トラブルが増えてしまいますが、肌の代謝が改善することでニキビができにくい肌へと導いてくれますよ。

カリウムが余分な水分を排泄!

健康と美容のために水分たっぷりとっている女性、とても多くいらっしゃいます。しかし水太りという言葉があるように、水分が排泄されずに残ってしまうとそれがむくみの原因になってしまいます。

カリウムという成分には余分な水分を排泄する働きがありますので、水太りをやむくみの解消を助けてくれますよ。

豊富な食物繊維でお腹の中からスッキリ!

さつまいもを食べるとおならが出やすくなりますよね。それはさつまいもに含まれている食物繊維が腸を刺激したからです。

便秘は肌荒れやむくみ、さらには代謝悪化の原因になります。さつまいもの食物繊維がスムーズな便の排泄をサポートしてくれますよ。

意外と知られていないアンチエイジング効果

先ほどさつまいもにはビタミンEが含まれており、それにアンチエイジングの効果があると紹介しました。それ以外にもアンチエイジングに効果的な成分が、皮の部分に多く含まれています。

皮の部分には高い抗酸化作用が認められているポリフェノールの一種が含まれているのです。ビタミンEとの相乗効果でさらに抗酸化力をアップできるので、さつまいもは皮まで食べるようにしましょうね。

栄養豊富なさつまいも使ったさつまいもダイエットのやり方

ダイエットは運動や食事でストイックに過ごすイメージがありますが、大好きなさつまいもを食べるダイエットなら、楽しく続けることができるのではないでしょうか?

ダイエット方法も簡単で面倒なカロリー計算も必要ありません。ダイエット方法にもいくつかのパターンがありますので、自分に合った方法を見つけてください。

さつまいもを主食に置き換える方法

普段パン、ご飯、麺類と毎食炭水化物を取っていると思うのですが、それをさつまいもに置き換えてみましょう。主食として食べるときの量ですが、さつまいも半分から1本程度が適量です。

中サイズ1本で約260kcal、大き目の輪切り一切れで約50kcal。ちなみにご飯ならお茶碗1杯で約150kcalなので、さつまいも半分強とほぼ同じカロリーになります。

炭水化物は控えなくてはいけませんが、おかずは好きな物を食べてもOK。だからといって調子に乗ってカロリーの高い物を食べすぎてしまうとダイエット効果が表れにくくなりますよ。

さつまいもの栄養成分を余すところなく取るため、満腹感を得るためには皮までしっかりと食べるようにしましょうね。

さつまいもで置き換えダイエット!

一日一食を置き換えるダイエット法がありますが、置き換え食品をさつまいもにするという方法もあります。

さつまいもには栄養成分がたっぷりと含まれているのですが、これだけだとたんぱく質が不足してしまうので下記のような乳製品と一緒に取るのがおすすめ。

  • 牛乳
  • チーズ
  • ヨーグルト
特に夕食を置き換えると効果は抜群で、短期間でもかなりの体重減少効果が期待できます。

甘い物がやめられない!間食をさつまいもに!

甘い物がやめられず、それが原因で太りすぎてしまう方もいらっしゃいます。お腹がすくとつい甘い物を食べたくなってしまう方は、代わりにサツマイモを食べるようにしましょう。お菓子を食べるよりもずっとヘルシーです。

甘さやホクホク感を増す!さつまいもの美味しい焼き方

「電子レンジで4分くらいチン」が最も簡単なさつまいもの食べ方ですが、これでは石焼きいものような甘さやホクホク感があまり感じられません。それもそのはずで、さつまいもは低温でじっくり焼くと、酵素の効果で甘みが増すのです。

どうせ食べるならちょっとひと手間かけて美味しくしてみませんか?

・電子レンジの解凍機能を使う方法

①水で濡らしたキチンペーパーでさつまいもを包む
②普通に1分半加熱する
「解凍」で10分加熱する
もし芯が残っているようなら、普通に1~2分加熱してください。

・魚焼きグリルやトースターを使う方法

①さつまいもをホイルで包みます。熱の伝導が良くなりキレイに焼けます。
②弱火で30分焼きます。たまにひっくり返しましょう。
③火を消して、10分程蒸らします。
小さい芋なら20分くらいになります。芋の形や大きさで焼く時間を変えてくださいね。

おいしいだけじゃない!美容と健康のためにもっと活用して!

shutterstock_246869605 - コピー
おいしいだけではなく、美容や健康に良い成分がたっぷりと含まれているさつまいも。これをもっと有効活用しないのはもったいないことです。

寒い時期はさつまいもの旬であり、スーパーにもたくさん出回り値段も手ごろになっています。脂肪を貯め込みやすい時期だからこそ、さつまいもの力を借りてスッキリボディを手に入れましょう!

この記事をシェアする

関連記事